電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中IX
この巻を買う/読む

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中IX

通常価格:
620pt/682円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数109件
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中(9巻配信中)

作品内容

天騎士の力を解放し、不死者の軍勢を単騎で迎え撃つアーク。
正体を現したヒルク教国の枢機卿パルルモと対決の時を迎えるも戦技により消耗していたため、思わぬ苦戦を強いられてしまう。
だが、その窮地を救ったのは頼もしき二人の仲間であった――
「我々を救った三人の英雄を紹介しよう!」
ソウリアの民が歓喜に湧く一方、これまで以上の強敵を予期したアークたちは更なる高みを目指すことを決意する!
骸骨騎士と仲間が共に紡ぐ無自覚“世直し”冒険譚、第九幕!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  9巻まで配信中!

  • 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 I
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    目覚めるとMMORPGのキャラの姿で異世界に放り出された男――その姿は、見た目が鎧、中身が全身骨格という“骸骨騎士”であった。
    正体がバレると、モンスターとして討伐対象となりかねない。
    目立たず過ごすことを決意したが、目の前の悪事は捨て置けず、ゲームで鍛えたスキルと能力で快刀乱麻の大活躍をしてしまう!
    「我は流浪の旅人。名を…アークと申す」
    骸骨騎士アークによる無自覚“世直し”異世界ファンタジー開幕!!
    巻末に原作者書き下ろし小説収録。
  • 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中 II
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    目覚めると骸骨騎士になっていたアークは、何とか目立たずに異世界ライフを謳歌しようとしていた――。
    だが、旅の道中にエルフ族の女戦士・アリアンと出会い、奴隷として扱われている彼女の同胞を助けるべく助太刀を決意。
    「其方の願い承知した……無論引き受けよう」
    アークは持ち前のスキルを駆使し、領主城へ襲撃をかける!!
    そして、事件の裏に潜む策謀も徐々に迫りつつあった……。
    骸骨騎士アークの無自覚“世直し”異世界ファンタジー第二幕!!
  • 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中III
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    エルフ族救出のため女戦士アリアンと共に行動を始めたアークは、更なる情報を得るため王都オーラヴへと向かうことに。
    王都に到着すると、ディエントで出逢った獣耳忍者娘・チヨメと再会。
    彼女もまた仲間の“獣人族”救出のため行動していたことを知る。
    少女の切実な願いを前に、アークが捨て置けるはずは無かった――。
    「この穢らわしい場所を――破壊し尽くす」
    チヨメの仲間ゴエモンとタッグを組み、世直しが王都でも炸裂――!?
    骸骨騎士アークが紡ぐ無自覚“世直し”ファンタジー第三幕!!
  • 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中IV
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    行方不明となったエルフ族を追って神聖レブラン帝国を訪れたアークたちは、国境の町ケーセックで捜索を開始する。
    そして、目の当たりにする魔獣呪術師フンバの暴虐と非道。
    恐怖で人々を縛りつけ、日々犠牲になる者が続出していた。
    助けを求める声にアークはフンバの根城へと潜入――遂に邂逅を果たす。
    「怒りが……こみあげてくるよ」
    冷静なアークが抑えられぬ感情を露わにし、その力を解放する!!
    骸骨騎士が紡ぐ無自覚“世直し”異世界ファンタジー第四幕!!
  • 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中Ⅴ
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    エルフ族の捜索を引き継ぎ、任務が一段落したアリアンたちはアークの呪いを解くため、そしてチヨメの願いを叶えるため“龍王”が住まうという“龍冠樹”へ向かうことに。
    到着早々、行き違いから龍王と戦闘に突入するもすぐに和解。
    呪いを解く泉の使用許可を貰い、アークが入ってみると――
    「おおおお! 肉体が戻っていくぞ!」
    元に戻ったかと思われた瞬間、その身をある異変が襲い……!?
    骸骨騎士の謎が徐々に明らかになる第五幕!!
  • 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中VI
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    謎の双剣使いとの戦闘により負傷したダンカを見舞うためアークたちは海を越え、南の大陸のファブナッハ大王国へと渡る。
    獣人たちが治め、異文化が根付くその地を堪能した一行は虎人族の集落に向かう道中でダンカと再会を果たす。
    だが喜ぶのも束の間、“黒巨人(ジャミアント)”の襲撃に出くわし――
    「お前たちの力を貸してくれ!」
    傀儡の戦士の暗躍、そしてヒルク教の陰謀が蠢く危機に挑む!
    新天地に舞台を移した骸骨騎士の“世直し”冒険譚、第六幕!!
  • 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中VII
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    虎人族と共にタジエントに着いたアークたちが目の当たりにしたのは、街で暴れ回る黒巨人(ジャミアント)と不死者(アンデッド)、そして逃げ惑う人々であった。
    騒乱の最中、チヨメと兄弟子サスケとの命を賭けた対決が始まる……。
    一方、街の人々を守るべく奔走するアークが邂逅したのは、禍々しい本性を現し、弱き存在を蹂躙するヒルク教の枢機卿だった――
    「無駄だ――塵も残ると思うなよ」
    無尽蔵の魔力と脅威の再生力を誇る強敵にアークの本気が炸裂する!
    混沌とする世界で紡ぐ骸骨騎士の“世直し”冒険譚、第七幕!!
  • 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中VIII
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    ヒルク教国に接するノーザン王国の王都ソウリアは、突如として隊列をなす数万の不死者たちに包囲され、存亡の危機に瀕していた。
    一方、サスケの遺言を手掛かりにヒルク教国を目指すアークたちは、ノーザン王国の状況など露知らず、暢気に進んでいたが援軍を要請するべく駆けるリィル王女の窮地に出くわす……。
    「不死者軍退治と行こうではないか!」
    祖国を守りたいと願う王女のために、数万の敵に立ち向かう!
    ノーザン王国で巻き起こる骸骨騎士の“世直し”冒険譚、第八幕!!
  • 骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中IX
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    天騎士の力を解放し、不死者の軍勢を単騎で迎え撃つアーク。
    正体を現したヒルク教国の枢機卿パルルモと対決の時を迎えるも戦技により消耗していたため、思わぬ苦戦を強いられてしまう。
    だが、その窮地を救ったのは頼もしき二人の仲間であった――
    「我々を救った三人の英雄を紹介しよう!」
    ソウリアの民が歓喜に湧く一方、これまで以上の強敵を予期したアークたちは更なる高みを目指すことを決意する!
    骸骨騎士と仲間が共に紡ぐ無自覚“世直し”冒険譚、第九幕!!

レビュー

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中のレビュー

平均評価:4.5 109件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) いつのまにか
    ryoujさん 投稿日:2021/10/17
    面白かったです。自分的に途中であとどれくらい読んだかなって確認する作品はたいしたことないかなって。一気に読めました。

高評価レビュー

  • (5.0) 面白かわいい
    よぷさん 投稿日:2020/9/2
    他の方も描いていますが、主人公は「骸骨」でも表情豊かでかわいいw 絵も丁寧でキャラも(骸骨の表情も)描き分けられていて、すごく読みやすい。 話の展開も早く、ちょっとパターンな気もしますけど、ストーリー上必要なものかなと。 最後の挿絵と いうか挿入コントも和まされたり、可愛かったり、ちょっとそれでよいの?というオチだったりと楽しみ。 設定はありきたりなのかもしれないけれど、全体で見た場合、気にならない程度。今後の展開にも期待したい。 もっとみる▼
  • (5.0) これ好きだわ
    ハタボさん 投稿日:2021/9/12
    ストーリーもベタなんだけど面白い。 なろう系の小説からの漫画化にしては漫画家さんもいい人選んだな!って感じで読みごたえがある。 原作も読んだけど、この作品は漫画にしてある方が面白いかも。 何よりもなろう系からの漫画化は大概が下手な余白が多す ぎて背景描写がないから漫画として買ったら損した感じがあるけど、これはそれがない。 なろう転生系は好きだけど、漫画はちょっとなーって感じてる人には、これを一度読んでほしいかなー。 もっとみる▼
  • (5.0) なぜだろう?
    オレオレさん 投稿日:2017/10/8
    主人公の人柄かポンタの可愛さなのか最初以外の対人戦見てると何故か和む(笑) 無敵過ぎるチート能力を持ちながら外見の都合で目立たずひっそりと過ごす方針の主人公、しかし主人公の良い人過ぎる人柄が災いして次々と面倒事に巻き込まれて行く。 まだ 1巻なのでこれからの展開が楽しみ。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ