漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア

こわれもの Vol.1

通常価格:
400pt/440円(税込)
(3.7) 投稿数7件
こわれもの(1巻完結)

作品内容

──夢? 現実? ぼくの知らない扉をあけて、ぼくをそこへ連れていって──。魔法付きの角砂糖。甘美でほろ苦い世界。繊細かつ孤独。ルリヲ。キヨセ。アキツ。著者の代表作・SUGAR Cubeに描き下ろし完結編と単行本未掲載「あおのこと」を加え、装いも新たに登場。唯一にして無比。遠藤りさをの世界が、今、ひろがる──。

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

こわれもののレビュー

平均評価:3.7 7件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 若さゆえ?
    カンガルーさん 投稿日:2018/3/3
    家族愛に恵まれない彼等の思考に思考だけの惰性から抜け出せないまま取り込まれ感が描かれていると思います。少し重たいから読む際の気分で評価が変わりそうです。

高評価レビュー

  • (5.0) 思春期?
    南瓜ちっぷさん 投稿日:2011/3/31
    思春期の少年の、閉塞感を脱したい気持ちを描いたように感じました。 それ故、自由に強く生きているように映った少年に恋心を抱くのですが、実際はその少年も決して自由でもなければ強くもなく… 「あおのこと」も短くまとまっていて好きです。 居場所を求め続ける少年という感じ。 一話目、見つけたと思った居場所が無くなってしまう。 二話目、そんな主人公に「僕は君の理解者だ」と言う姿見せぬストーカー。あおの事を、清いと言う彼にあおは他の男を誘い情事にふける姿を見せつけます。 「あなたは自分の理解者ではない。自分を何も分かっていない」と伝えたのかもしれません。 彼はあおの居場所になり得なかった。 もっとみる▼
  • (5.0) 美しい風景
    むにかさん 投稿日:2008/3/19
    自分の居場所を探してさ迷う儚さが印象的でした。強いものへの憧れには共感できる部分もあります。官能シーンも美しく、見入られました。
  • (5.0) 実は
    タケ☆さん 投稿日:2008/3/13
    理想と現実の狭間で苦しんだり、本当に大切な人を見失ったり… どんなに苦しんでも最後は幸せが待ってるんですね
  • (4.0) 独特
    宮美さん 投稿日:2008/2/26
    個性的な絵と暗い話で、今流行りのポップなBLとは真逆です。でもとても美しい。
  • (3.0) 痛々しい
    ぼたもちさん 投稿日:2017/3/25
    ちょっと厨二入ってる話なのですが、思ってるからって思われるとは限らないやるせなさが読み応えありましたね〜! ちょっとルリヲ君の思い込みの激しさと世間知らずはヤバイですが…あおのことは続編と共に別の本にまとまってます。そちらの作品もですが、 痛々しいお話が好きなのかな?作者さんとんがってるイメージです。 もっとみる▼
▲ページTOPへ