漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

レオノーラの猛獣刑 第1話

通常価格:
150pt/165円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.0) 投稿数4件
レオノーラの猛獣刑(8巻完結)

作品内容

古代ローマ。有能なライオン飼育係の奴隷少女レオノーラは、唯一の家族とも言えるライオン「マックス」が富豪ペトルスに売られてしまったことにショックを受ける。ペトルスは不注意でグラスを割ってしまった奴隷に腹を立て、猛獣刑(ライオンに食わせる死刑)にしてしまうという彼の異常を悟り、家族であるマックスを守り抜くと決意する。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全8巻完結

  • レオノーラの猛獣刑 第1話
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    古代ローマ。有能なライオン飼育係の奴隷少女レオノーラは、唯一の家族とも言えるライオン「マックス」が富豪ペトルスに売られてしまったことにショックを受ける。ペトルスは不注意でグラスを割ってしまった奴隷に腹を立て、猛獣刑(ライオンに食わせる死刑)にしてしまうという彼の異常を悟り、家族であるマックスを守り抜くと決意する。
  • レオノーラの猛獣刑 第2話
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    古代ローマを舞台に奴隷少女レオノーラと家族であるライオンの「マックス」の運命を“怒りの支配”をテーマに描く衝撃の問題作。有能なライオン飼育係の奴隷少女レオノーラは、唯一の家族とも言えるライオン「マックス」が富豪ペトルスに売られてしまったことにショックを受ける。ペトルスは不注意でグラスを割ってしまった奴隷に腹を立て、猛獣刑(ライオンに食わせる死刑)にしてしまうという彼の異常を悟り、家族であるマックスを守り抜くと決意する。
  • レオノーラの猛獣刑 第3話
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    古代ローマを舞台に奴隷少女レオノーラと家族であるライオンの「マックス」の運命を“怒りの支配”をテーマに描く衝撃の問題作。有能なライオン飼育係の奴隷少女レオノーラは、唯一の家族とも言えるライオン「マックス」が富豪ペトルスに売られてしまったことにショックを受ける。ペトルスは不注意でグラスを割ってしまった奴隷に腹を立て、猛獣刑(ライオンに食わせる死刑)にしてしまうという彼の異常を悟り、家族であるマックスを守り抜くと決意する。
  • レオノーラの猛獣刑 第4話
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    フィロへの復讐の為、マックスに彼を殺す特訓をするレオノーラは自分の死後、天国である“エレジウム”の野原をマックスと共に走り回ることを夢見る。ある日、猛獣刑の対象者が運ばれ、幼子も含まれていたことに疑念を抱くが、その中にはフィロも含まれていた…。
  • レオノーラの猛獣刑 第5話
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    ライオンのマックスを使い、フィロを殺してしまった事に後悔するレオノーラであったが、諸悪の根源であるペトルスの行う理不尽な処刑を止める為、正義の女神セクメトに祈りをささげるのであった。
  • レオノーラの猛獣刑 第6話
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    自身の猛獣刑の執行を何故か望むセネコに対し拒むレオノーラであったが、セネコはレオノーラにひとつの試練を与えようと、死とは何か、そしてペトルスの過去について語りだす。
  • レオノーラの猛獣刑 第7話
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    復讐の為、ペルトスの部屋に突入するレオノーラとマックスだったが、部屋の異変を感じた奴隷長のレムスはペルトスをかばう為、マックスと戦い負傷する。しかしペルトスは役立たずとなったレムスに刃を向ける。
  • レオノーラの猛獣刑 第8話
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    復讐の鬼と化したレオノーラはペトルスを窮地に追い込む。しかしセネコはペトルスを庇い、レオノーラに自身の顔を鏡に見せる。そこにはペトルスと同じ形相をした者が写し出されていた。『レオノーラの猛獣刑』堂々完結!

レビュー

レオノーラの猛獣刑のレビュー

平均評価:3.0 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 美術マンガ
    JUNさん 投稿日:2019/6/10
    白黒に切り取られた静謐な世界に一目で引きこまれた。メディア芸術祭の審査委員推薦作品に選出されたことも頷ける、クオリティの高い作品である。著者はブラジル人男性で美術大学を卒業後来日し、現在も日本在住とのことだ。今後のテーマとして日本昔話や禅な どを挙げており、作品を通じて日本文化を海外に伝えるかけ橋となってくれることにも期待したい。本作はローマの哲学者セネカの『怒りについて』という著作を元に描かれているそうで、怒りのコントロールをテーマとする原作にも興味が湧いた。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 絵も内容もいいです。
    絵理子 さん 投稿日:2017/11/26
    1ページ目から、惹きこまれる 独特な絵です。そしてすぐに、この物語に参加している気持ちになれます。 続きがでれば、当時の世界観、ヒロインの気持ちを考えながら、ぐいぐい読める作品です!
  • (1.0) 絵が無理
    花依さん 投稿日:2018/2/9
    絵が無理。版画風?無料立ち読みで読んでみようとしましたが、絵がキツくて一切読まずに閉じました。内容はもしかしたらいいのかもしれないけど、それなら小説でいい訳ですし、漫画である以上ある程度見れる絵にしておいて欲しい。
  • (1.0)
    ドージマさん 投稿日:2018/1/9
    絵柄の癖が強い。上手く無い絵柄を無理矢理に陰影でデフォルメしてごまかした感が強い。ストーリーもファンタジーという程でもなく期待が持て無い。
▲ページTOPへ