電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

堕ちる 背信者の宴 1

150pt/165円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

きれいな顔をしていても、その裏にどんなモノが棲んでるんだろうね。
人間の奥底を凝視して心胆を凍えさせるような物語を産み出してきた菊池直恵氏が、
前作『堕ちる』を超える鋭いまなざしで描く続編、ついに出現。

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

  • 堕ちる 1巻

    150pt/165円(税込)

    美人検察官のもう一つの顔は売春婦。そして彼女は殺された…!
    大学生まで、実の父親と禁断の関係を続けていた正美。
    愛する者との永遠の別れは、ある日突然訪れた。
    全てを知りながら、自身も隠れて不倫を続けていた母は
    お互いの秘密を墓場まで持っていくことを提案し、娘と決別した。
    父の影を追い、同じ検察官への道を志す正美だったが、日々心の疼きを鎮まらない。
    「お父さんとシタい…」
    いてもたってもいられず、立ちんぼが客引きするラブホ街に足を向ける。
    頭の中を法律の条文が巡る中、母親の言葉が頭に浮かんだ。
    「バレなきゃ大丈夫なんだから…」
  • 堕ちる 2巻

    150pt/165円(税込)

    美人検察官のもう一つの顔は売春婦。そして彼女は殺された…!
    大学生まで、実の父親と禁断の関係を続けていた正美。
    愛する者との永遠の別れは、ある日突然訪れた。
    全てを知りながら、自身も隠れて不倫を続けていた母は
    お互いの秘密を墓場まで持っていくことを提案し、娘と決別した。
    父の影を追い、同じ検察官への道を志す正美だったが、日々心の疼きを鎮まらない。
    「お父さんとシタい…」
    いてもたってもいられず、立ちんぼが客引きするラブホ街に足を向ける。
    頭の中を法律の条文が巡る中、母親の言葉が頭に浮かんだ。
    「バレなきゃ大丈夫なんだから…」
  • 堕ちる 3

    150pt/165円(税込)

    美人検察官のもう一つの顔は売春婦。そして彼女は殺された…!
    大学生まで、実の父親と禁断の関係を続けていた正美。
    愛する者との永遠の別れは、ある日突然訪れた。
    全てを知りながら、自身も隠れて不倫を続けていた母は
    お互いの秘密を墓場まで持っていくことを提案し、娘と決別した。
    父の影を追い、同じ検察官への道を志す正美だったが、日々心の疼きを鎮まらない。
    「お父さんとシタい…」
    いてもたってもいられず、立ちんぼが客引きするラブホ街に足を向ける。
    頭の中を法律の条文が巡る中、母親の言葉が頭に浮かんだ。
    「バレなきゃ大丈夫なんだから…」
  • 堕ちる 背信者の宴 1

    150pt/165円(税込)

    きれいな顔をしていても、その裏にどんなモノが棲んでるんだろうね。
    人間の奥底を凝視して心胆を凍えさせるような物語を産み出してきた菊池直恵氏が、
    前作『堕ちる』を超える鋭いまなざしで描く続編、ついに出現。
  • 堕ちる 背信者の宴 2

    200pt/220円(税込)

    きれいな顔をしていても、その裏にどんなモノが棲んでるんだろうね。
    人間の奥底を凝視して心胆を凍えさせるような物語を産み出してきた菊池直恵氏が、
    前作『堕ちる』を超える鋭いまなざしで描く続編、ついに出現。
  • 堕ちる 背信者の宴 3

    200pt/220円(税込)

    きれいな顔をしていても、その裏にどんなモノが棲んでるんだろうね。
    人間の奥底を凝視して心胆を凍えさせるような物語を産み出してきた菊池直恵氏が、
    前作『堕ちる』を超える鋭いまなざしで描く続編、ついに出現。

レビュー

堕ちるのレビュー

平均評価:3.3 120件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) イケメンな彼たち
    ハナさん 投稿日:2022/11/22
    素敵な男の子たちを心底裏切ると言うよりはそれを普通に酷い事をしてる事が分からない。自分が一番って気付けない女のヤバさがヤバいです。

高評価レビュー

  • (5.0) 一気読み
    みたさん 投稿日:2019/3/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 面白すぎて一気読み。 登場人物みんな心に闇抱えてて 読み終わったあともズーーンてなる なんというか、、 主人公は長年悩んでた疼きから 解放された瞬間に殺されたからよかったのかなぁ? それとも、果てしない疼きに苦しみながら 生きていくほうがよかったのかなぁ? だってきっとあの同僚の検事と関係をもっても 疼きは消えないんじゃ?とも思うし。 まあとにかくあの偉い検事は怖いけど。 検事という立場なのに瞬時に 殺人を実行できるなんてどうかしてる。 松岡も学生の一件以来、11年経っても 尾を引きずってすっかり根暗野郎だし。 人間の闇は深い。 続きを読む▼
  • (5.0) 彼女は被害者
    あたたたたさん 投稿日:2022/4/8
    まともな親に育てられていれば、こんな事にならなかっただろうに…と、トンチンカンな感想を持ってしまうが、最後まで一気読みしてしまった。近親やロリは気持ち悪いが、世の中に、無い話しではないから目を塞いではいけないと思う。もっとも、そこからこの漫 画の様に堕ちる事はないが。何度か、いわゆる「普通」の人生を歩むチャンスはあったが、家族機能不全で育った子は、チャンスを逃す傾向にある事がリアルだと思った。 もっとみる▼
  • (5.0) 3巻まで
    ちゃんりなさん 投稿日:2022/10/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 内容が読みやすくなっています。 また、この人が主人公かな?って思ったら 3巻まで読めば皆主人公だなって 個人的に感じました! 全部の話が繋がり、また長編よりは 私はアッサリ読めて後味スッキリ(笑) お父さんにこんな感情抱いた事が ないから気持ちはわからないけど 最後少しだけ同情しちゃいました 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

表と裏の検察官
編集:クリアブラック (シーモアスタッフ)
検察官が売春をしていて、殺される事件が発生。その真相は遡り、正美とはるかの学園物語から始まります。真面目な女子学生の雰囲気からは想像できない正美の裏の顔にゾッとします。性への欲望によって人生が転落していく様は、「堕ちる」というタイトルがぴったりな菊池直恵先生の作品です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ