漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

第一話 復活

通常価格:
0pt/0円(税込)
(5.0) 投稿数1件
5evils【タテヨミ】(135巻完結)

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全135巻完結

  • 第一話 復活
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。
  • 第二話 生存
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。
  • 第三話 選択
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。
  • 第四話 接触
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。
  • 第五話 開始
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。
  • 第六話 目的
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。
  • 第七話 戦闘
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。
  • 第八話 生死
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。
  • 第九話 向上
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。
  • 第十話 作戦
    登録して購入
    通常価格:
    0pt/0円(税込)
    人間と魔物がせめぎあう大地。人間はやや劣勢ながら数の多さでかろうじて世界の均衡を保っていた。 果たしてこの世界を手に入れるのは人間か?魔物か? 魔物を倒すべく、自らの身体を賭した死闘が始まる―。

レビュー

5evils【タテヨミ】のレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 好きな作品がまた読めて嬉しい。
    エリスリナさん 投稿日:2019/3/12
    縦のコマ割を上手く活かしたバトルシーンが魅力のダークファンタジー。 でも暗いだけではなく、しっかり笑いも取ってくれるし、ラブロマンスもあります。 comicoでの連載時、毎週楽しみにして読んでいた作品をまた読めるなんて嬉しい。 話の展 開、細かい部分は大分忘れているので、再読なのに新鮮で楽しいです。 登場人物みんな好き! もっとみる▼
▲ページTOPへ