漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

神統記(テオゴニア)(コミック)【電子版特典付】3

通常価格:
600pt/660円(税込)
(4.7) 投稿数3件
神統記(テオゴニア)(コミック)(3巻配信中)

作品内容

※電子版特典に青山先生の描き下ろしイラストが特別付録します。

豚人(オーグ)族の“加護持ち”を圧倒的な戦力差で倒し、
谷と小人(コロル)族を守ったカイ。
だが安息の時は続かず、彼の住むラグ村に
大僧院の真理探究官・ナーダが訪れる。

ナーダの目的は、辺土に生まれた強大な土地神を手に入れること。
秘術で土地神を探すナーダに対し、谷の神を宿すカイは警戒を強める。
そんな中、ラグ村近郊の森で
千匹を超える灰色猿(マカク)族が戦の準備を進めていた……。

「前世の記憶」に覚醒した少年が、
亜人族との戦乱の世を駆け抜ける巨弾ダークファンタジー第3弾!

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

レビュー

神統記(テオゴニア)(コミック)のレビュー

平均評価:4.7 3件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) こういうの欲しかった
    anさん 投稿日:2020/3/16
    慣れるまで暫しかかりましたが、土地神とか隈取りの様な神紋とか、民俗感のある独特の世界観が好きです。 異世界に転生したぞってより、ある日突然断片的な前世の欠片がよぎるってかんじ。その顕現の程度はちょっぴりで程よい塩加減でした。日本人だった頃 の科学(化学?)の知識が魔法に使える…ってベタだけど、そのベタさが良かったです。 亜人や魔法が出てくる割に、バトルに派手さが無くシンプルな武器や無手なのも逆に新鮮でした。 基本を押さえつつ、個性的な材料を行き渡らせてテンプレじゃ無いがっつりファンタジー。評価分かれそうですが、ありきたりなのに飽き飽きしてたのでこういうの探してました。ニーズに合って楽しめた点と、応援も加味した評価です。 もっとみる▼
  • (4.0) こんなとこにも良さげな作品が
    もんたちさん 投稿日:2020/3/11
    面白かったが好みは分かれる。 世界観は古風な異世界。 最初から設定が細かく練られている感がある。 大きな話になりそうだが、急がずシンプル。 主人公の少年は転生したっぽいが前世の記憶は無く、たまに勝手に言葉が出て来てあれ?となる程度。 少年がいる村は周りに多くの亜種族がおり、しょっちゅう縄張り争いや掠奪殺戮などのため交戦する。 そのためそこそこ序盤はシリアス。 最初の欠点は黒髪の2人が最初区別がつかないところ。 また、細かい説明、異世界コミカライズで多い四角く囲ってある文(なんていうかわからん)が少なめで、置いてきぼりになる人もいるかもしれない。 だがそれもシドニアの二瓶先生程でも無く読んでいくと大体わかる。 3巻まで買ったけど、謎はまだまだで進みは遅いかもしれないが特に急いで欲しいとも思わない。 立ち読みで世界観が面白そうと思えば、1巻いける。 そこで加わった設定が面白いと思えば3巻まで外れなさそう。 大きな盛り上がりが無いのと、ヒロインを許容できるかで変わるかもしれない。 まったりしつつも飽きずに読めました。 意外なところで友人との関係性が結構好き。 もっとみる▼
▲ページTOPへ