漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

青年マンガ
デス・スウィーパー(1)
この巻を買う/読む

デス・スウィーパー(1)

通常価格:
580pt/580円(税抜)
(3.8) 投稿数44件
デス・スウィーパー(5巻完結)
作品内容

自殺、孤独死、殺人…、死者のいた現場を清掃し遺品を処理する仕事、それがスウィーパーズ。『ホットマン』『刑事が一匹』のきたがわ翔が描く死の現実。あなたはこの事実を直視できるか!

作品ラインナップ  全5巻完結
レビュー
デス・スウィーパーのレビュー

平均評価:3.8 44件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 他人の人生
    たへさん 投稿日:2018/6/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 特殊清掃って、亡くなった人の部屋を片付けるだけじゃないと思うけど、この漫画では亡くなった人の(他人の)人生を垣間見れる。 いろんなエピソードがここにあると、読み進めました。 もっとたくさん読みたいです。 続きを読む▼
  • (3.0) とても残念( > <。)
    美澪さん 投稿日:2018/1/13
    初めて読んだのは8年ほど前。こうゆう仕事があると教えてくれた衝撃的な本でした。シーモアで再発見し、完結してたから全巻購入。三巻あたりまでは良かったのに・・・宗教だの地球滅亡?だのワケわからん方向に進んでしまってとても残念な終わり方してるから ☆3。《人生、一寸先は闇》的な事を言いたかったのかな??? もっとみる▼
  • (4.0) 描写がリアル
    じろたさん 投稿日:2018/1/8
    描写がリアルだし、 テーマも深くて良かった。 ただ、最後の方は宗教っぽく、 急ぎ感があり、とても残念。 普通の終わり方なら、よかったのに。
  • (4.0) 次の瞬間死んでるかもしれない
    よみよみさん 投稿日:2017/5/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 一巻無料で読み、たまらず月額2万コース登録しましたよ! 柚希ちゃんとの関係、最初は主人公の妄想かと思いました。 柚希ちゃんの設定緩くて…なんか…浅い…。 はるなちゃん?の必要性とか、ひげめがねの人のキャラの掘り下げ不足とか、山本さんの死とか、蝶の団体、先輩…。 急すぎたり詰め込みすぎたりで、最初の方の、漫画だけど実際ある裏側の話というリアル寄りな魅力が急速に壊されていった感がありました。 死者の保存とか莫大なお金かかりそうだし、法律的にどうなってんのとか、説明ないまま進んでいったからますますリアルさに欠け、最初の良さを壊していった感じ(TДT) キャラの設定も、身内である必要性あるのか?とか思ってしまったり。 死体保存と土に還すは賛否両論ありそうですが考えさせられますね。 ほんといつ死ぬかわからないという意味では、最後のオチはまぁそれを伝えててアリなのかもとか納得してしまいました。 私がもっとキャラのこと知りたい、読みたいとか思っても、思ったように進まないのが現実であり、漫画として、キャラそれぞれやストーリーには読者を納得させるだけの役目があって…とか思ってそれを消化できてないと感じたとしても、突然終わりが来る、それが死だから、いろんなこと含めて死を表現してるのかも?なんてこじつけかもですが思いました。 死は平等で理不尽だ。 死ぬ前に電話繋がってよかったね。 私もお部屋掃除しよう。 作者様、ありがとうございました。 続きを読む▼
  • (3.0) 話が急過ぎて・・・
    あさきさん 投稿日:2017/5/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵が結構好みだったので全巻購入しましたが、 途中まではきっちりお仕事してて読みごたえがありましたが、ある人の死から急展開迎え過ぎて思考が追いつきませんでした(^^; 最後の詰め込みがよくわからなさ過ぎてそこが残念でした。 続きを読む▼
青年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 死を隠蔽する社会
    イマドキの、刹那的で享楽的な生活を送る主人公、裕行。ある日、引きこもりの兄が自殺…腐乱した兄の遺体と対面した裕行は、訪れた清掃・遺品整理会社「デス・スウィーパー」に対し、何かに突き動かされるかのようにアルバイトの面接を申し込みます…一日当たり90人の自殺者がいるという現代。そして、自殺者の遺体、形跡など見えないけれど確かに存在するリアルに迫っています。兄の死をきっかけに、リアルを目の当たりにし、その世界に関わっていく裕行に注目です。作者は「ホットマン」「刑事が一匹」などでおなじみのきたがわ翔。緻密なタッチと繊細な描写がリアリティを引き立てます。
    制作担当:きゅう
▲ページTOPへ