We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

家族対抗殺戮合戦 6巻

通常価格:
580pt/638円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.6) 投稿数14件
家族対抗殺戮合戦(6巻配信中)

作品内容

家族の在り方を問うかのように激しさを増していく殺し合いに、次第に狂気へと呑まれていく5つの家族たち。脱落者続出の状況打開に向けて動く鞠山家を闇夜に潜む凶刃が付け狙う!! 犯人不明のまま疑心暗鬼に苛まれる最中、レクリエーションの始まりを告げるチャイムは無慈悲に鳴り響く――。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

  • 家族対抗殺戮合戦 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    580pt/638円(税込)
    小心者のサラリーマン・鞠山雅彦は妻と二人の子供、認知症の母と慎ましく暮らしていた。そんなある日、町から人が消えた!? 戸惑いの中、呼び集められた場所にいたのは7つの家族と巨大な人形たち。そして始まる強制参加のレクリエーション。逃げることは許されず、勝てば豪華賞品、最下位は罰ゲーム。家族会議で一人を生贄に!? 『走馬灯株式会社』の菅原敬太が贈る、命がけのドメスティックスリラー!!
  • 家族対抗殺戮合戦 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    580pt/638円(税込)
    小心者のサラリーマン・鞠山雅彦は妻と二人の子供、認知症の母と慎ましく暮らしていた。そんなある日、町から人が消えた!? 戸惑いの中、呼び集められた場所にいたのは7つの家族と巨大な人形たち。勝てば豪華賞品、最下位は罰ゲームのレクリエーションに強制参加させられる住人たち。家族vs家族。極限状況の中、ご近所づきあいは命がけのものに!?  謎の残虐人形の正体は!?
  • 家族対抗殺戮合戦 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    580pt/638円(税込)
    謎の巨大人形に、命懸けのレクリエーションを強制される6つの家族。鞠山家の主・雅彦は、長男・康介を入来に人質にとられ、食料を奪われ、他の家族からの信用も失い、家に放火までされてしまった。雅彦にとって入来は、小学校時代から因縁の相手。いじめられっ子は父親になってもいじめられっ子のままなのか!? 雅彦は起死回生を懸け、入来に決闘を申し込む――!!
  • 家族対抗殺戮合戦 4巻
    登録して購入
    通常価格:
    580pt/638円(税込)
    負けたら家族会議で1人を殺さなければならない、強制参加の家族対抗戦。6つの家族を弄ぶ巨大人形たちの目的は未だに分からないまま、命がけのレクリエーションは続く。暴力で他の家族を支配しようとする入来謙也に対して徹底抗戦の意志を示す鞠山雅彦。命懸けの「けん玉大会」当日、暴走した入来が娘を自らの手で――!?
  • 家族対抗殺戮合戦 5巻
    登録して購入
    通常価格:
    580pt/638円(税込)
    他の家族たちにとって最大の脅威だった入来が死亡した。しかし命懸けのレクリエーションは続く。結婚によって家族が増やせることに気づいたある者が女性陣を口説き始める。生き残るために狂気を帯び始めた、ご近所付き合いの行方は!?
  • 家族対抗殺戮合戦 6巻
    登録して購入
    通常価格:
    580pt/638円(税込)
    家族の在り方を問うかのように激しさを増していく殺し合いに、次第に狂気へと呑まれていく5つの家族たち。脱落者続出の状況打開に向けて動く鞠山家を闇夜に潜む凶刃が付け狙う!! 犯人不明のまま疑心暗鬼に苛まれる最中、レクリエーションの始まりを告げるチャイムは無慈悲に鳴り響く――。

レビュー

家族対抗殺戮合戦のレビュー

平均評価:4.6 14件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 引き込まれます!
    バーバーままさん 投稿日:2021/11/9
    最初は絵が苦手で読むのを躊躇してましたが、ランキング上位にあるし面白いのかな?と思って読んでみたらすごく面白くて今は最新刊が出るのが待ち切れないぐらいです。 主人公がただのへたれかと思いきや意外と男気があるので応援できるし、ストーリーも中 だるみなくずっと面白いです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 早く、続きを早く…!
    じんさん 投稿日:2020/12/4
    久々に出会えた続きが欲しくて欲しくて堪らない作品。気になって仕方が無いので作者の方は本当に健康に気を付けて頑張ってください…!そして早く続きを…! グロやホラーが大丈夫で、デスゲーム物が好きな方は絶対に読む事を強くお勧めします。 私がデスゲーム物に求めるのは「面白いゲーム内容であるか」が一番で、それに伴う「人間関係ゆえの諍いや意外性、どんでん返し」が二番目です。 でもこの作品は人間関係の方にかなり振っているのにドハマリしてしまう面白さがあります。 家族対抗と作品名にあるように、この作品には幾つかの家族が出てきます。その家族が皆普通なのにとてもキャラクターが立っていて興味深いです。 例えば派手な髪色をしているだとか特徴的な口調だとか個性的な性格だとか、そういった漫画的な修飾は殆ど無く、日常で普通に目にしそうな本当に普通の家族です。もし派手な主人公が居れば家族達はモブ的な扱いとなるでしょう。それなのに全員にちゃんと焦点がいく。こんなに沢山の「普通」の人達なのにこの人誰だっけ?となる事が無い。このようにキャラクターを作れるのは才能だと思います。 また、微妙な表情の描き分けによって感情の機微を表現しているのも凄い事で、物語の面白さも然る事ながら絵も何度も見返してしまうほど素晴らしい。読み進めた後で見返して、この表情にはこの感情が込められていたのだろうか?と考えるのも楽しい。 凄く気に入った作品なので多くの方に読んで欲しいです。 もっとみる▼
  • (5.0) ただのグロ漫画かと思ったら
    まあさん 投稿日:2021/5/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 表紙だけでは気付かなかったけど、この作者さん走馬灯株式会社の方なんですね。あれもめちゃくちゃストーリーがしっかりしていて面白かったけど、こちらもただのグロかと思いきや話が面白くてどんどん読み進めてしまいます。家族が理不尽に殺されていく様は胸が苦しいシーンもありますが真相に迫っていく感じがとってもわくわくします。 続きを読む▼
  • (5.0) ただのデスゲーム物じゃない
    紺紺さん 投稿日:2021/7/23
    最初は「またこの手のデスゲーム物かぁ」と軽い気持ちで読んでたんですが、この作者さん、ただグロくて残酷な話を描きたいわけじゃないんだ…て事が伝わってきました。 続きが気になり過ぎて、しんどい!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ