We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 11

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数48件
TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには(12巻配信中)

作品内容

「最強」を求める全ての格闘家・闘技者が辿り着く男。
その名はTSUYOSHI――。
『最強の男』を手に入れるため、ついに大国ロシアは実力行使に出る!
東京・立川の地に集結するロシア最強の男たち!
果たしてツヨシはどう動くのか!?
そして最強の兵器『ツヨシホイホイ』の正体とは!?
新展開『皆殺し編』ついに始動!
ここに、本当の恐怖がある…。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  12巻まで配信中!

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 11
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「最強」を求める全ての格闘家・闘技者が辿り着く男。
    その名はTSUYOSHI――。
    『最強の男』を手に入れるため、ついに大国ロシアは実力行使に出る!
    東京・立川の地に集結するロシア最強の男たち!
    果たしてツヨシはどう動くのか!?
    そして最強の兵器『ツヨシホイホイ』の正体とは!?
    新展開『皆殺し編』ついに始動!
    ここに、本当の恐怖がある…。
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 12
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「最強」を求める全ての格闘家・闘技者が辿り着く男。
    その名はTSUYOSHI――。
    その拳は魂に及び、
    狙われた者が容易く死ぬことすら許さない。
    …彼の者が真の意味で己が罪を認めるまでは。
    大国・ロシアとの激闘は、決戦の地へと至り、
    『皆殺し編』真の敵の姿が明らかとなる!
    日本国民よ、最強コンビニ店員の生き様を見よ!

レビュー

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはのレビュー

平均評価:4.0 48件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) どっちつかず感
    takさん 投稿日:2021/11/29
    極太の格闘マンガかと思えば、(恐らく)ギャグ漫画。自分のプライベートを邪魔されない為、売られた喧嘩は必ず買って、必ず勝つ主人公。それも金的一択で!?このまま突き進むのかと思っていたら、いろいろな登場人物が増えるたびにシリアスな格闘場面が増え 、登場人物ごとに、彼らの成り立ち、過去などが描かれ、誰が主人公かもわからない程混とんとしてくる。いろいろな意味でどっちつかずの中途半端な感じが拭えません。変わらないのは陳さんの美しさだけ。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) ギャグ漫画です
    Ronさん 投稿日:2020/7/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 骨太格闘漫画だと思ってしまった人のために。これ銀〇のようなシュールなギャグ漫画です。最初の導入部からは全く予想もつかない、二転三転ジェットコースターな、格闘の天才をモチーフにしたギャグ漫画。生涯の好敵手だったテルをぼろかすに負かした相手、ツヨシを倒しに行った空手家のアイノスケ、地味なコンビニ店員のツヨシにテルと同じくポロ負けして、弟子入りを懇願するも冷たくあしらわれ、付き纏ってるうちに実は美大生だったとわかるアイノスケ、美大浪人してるツヨシに絵を教えることになり、ツヨシのバイト仲間の女の子はツヨシを倒すためのスパイだったことがわかり…。とにかく目まぐるしく展開する忙しい漫画ですが、やはりギャグが面白いのと絵がうまいのとで、目が離せなくなる感じです。わりとシュールで「え???」となるシーンが多々あるので、ありきたりじゃない漫画を探してる人におすすめかも。ツヨシの苦悩が見えてきた辺りから一層面白さが…。 続きを読む▼
  • (5.0) 3巻までですがおもしろいです!
    わえさん 投稿日:2021/6/27
    ちょっと大極拳かじってるだけでこの強さはありえないとか、まだなぞは多いけど漫画読んでいればつよし君の才能と天性の力が強いってわかるはず。でも本人はその道を極めたくはないからカオスな世界になってるのはしょうがないです。でもちゃんと笑いになって いるのが好きです。中国拳法好きにはたまらない漫画。八極拳の使い手が出たのはしびれました! もっとみる▼
  • (5.0) 単純だけど面白い
    あきらさん 投稿日:2021/11/9
    なんだろう、なんでか分からないけどどんどん読んでしまいます。一見弱そうで最強主人公の漫画は数多くありますが、若干闇落ちして卑屈な部分が意外に魅力なのかもしれませんね。 次々に敵を倒すヒーロー的な描写だけでなく、普通のどこでも居そうな人間性 が自分と重なるんでしょうね。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ