マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガKADOKAWAHARTA COMIXダンジョン飯ダンジョン飯 14巻
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ダンジョン飯 14巻
青年マンガ
ダンジョン飯 14巻
14巻完結

ダンジョン飯 14巻

720pt/792円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

地上に生きる全ての生物の欲望を喰らおうとする悪魔。
止められるのは、ライオスのみ!
世界を救うための戦いの行方は!?

九井諒子描き下ろし漫画、10ページ収録の最終巻。
物語の最後をお見逃しなく!

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全14巻完結

  • ダンジョン飯 11巻

    700pt/770円(税込)

    伝説級のドラゴンを大量に召喚し、絶大な力を見せつける迷宮の主・シスル。
    仲間を失い、絶体絶命のライオスは、ありとあらゆる魔物の知識を総動員して
    最後の戦いに挑むがーー!?

    一方、悪魔を封印するため深層に潜るカナリア隊が
    ライオス達のすぐ側まで迫っていた。

    人々の欲望渦巻く第11巻!
    著者描き下ろしの[モンスターよもやま話]も4ページ収録し、
    盛りだくさんの内容でお届けします。
  • ダンジョン飯 12巻

    720pt/792円(税込)

    「みんなと一緒に歳をとりたい」
    迷宮の主となったマルシルの願いは、
    呪いとなって世界を飲み込み始めた。

    マルシルを誑かし、己の欲望を叶えようとする翼獅子を、
    ライオス達は止められるのか!?
  • ダンジョン飯 13巻

    720pt/792円(税込)

    迷宮から解放された悪魔・翼獅子が、世界を呑み込みはじめた。
    世界中の人間の欲望を喰らおうとする最悪の存在を、
    ライオス達は止められるのか!?

    欲望を巡る物語。
    13&14巻、2冊同時発売!
  • ダンジョン飯 14巻

    720pt/792円(税込)

    地上に生きる全ての生物の欲望を喰らおうとする悪魔。
    止められるのは、ライオスのみ!
    世界を救うための戦いの行方は!?

    九井諒子描き下ろし漫画、10ページ収録の最終巻。
    物語の最後をお見逃しなく!

レビュー

ダンジョン飯のレビュー

平均評価:4.6 340件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) やっぱり好き
    09025さん 投稿日:2024/2/8
    久しぶりに発見して続きを読み始めたらあれよあれよとここまで読んでいました。 ライオスたちのファミリー感がやっぱり好きだな… センシにいつも癒されています。ありがとうダンジョン飯。

高評価レビュー

  • (5.0) 三銃士だと思ったら巌窟王だった!
    Ggygaxさん 投稿日:2021/2/17
    あ、分かりづらいタイトルですみません。要するにこの素晴らしい作品は、メタ一杯のドタバタギャグと思わせて、実は複数の伏線を這わせたストーリー&人間模様(ややドロドロ気味)を展開すると言う、実に上手い手法で沢山のファンを作り出している漫画です。 作者九井さんの知識の泉は物凄く多岐に渡って深く(コレは別作品を拝読すると判明)、でもその知識の小箱をこれ見よがしに誇示するような青臭い展開ではなく、読者が物語に引き込まれるスパイスとしてさりげなく使う、その心地よい手管には脱帽ものです。もちろん九井さんも連載初期は、こやつめハハハ、と笑える作品を考えていたんでしょうが、ドラゴンステーキの辺りから良い意味で物語が暴走し始め、自らの作品で遊び始めてアレもコレもと貪欲に盛り込んで来てるんだと思います(流石中原の英雄)。特にチェンジリングネタ辺りからもうブレーキ効かない、暴走特急状態で大変素晴らしいと感嘆します。暴走を許す(寧ろ焚き付けてる?)編集サイドも正しく名コックですね。2021年2月の時点でまだまだ先は長そうですが、これだけ暴走しているのに、最終局面へキチンとストーリーが進んでいるのが分かるのは、これまた素晴らしい。長期連載を強いられ、蛇足をつけられまくってキメラ(笑)へ変化してしまった漫画(正しくダンジョン)が多い中で、この「ダンジョン飯」はそうはならんやろと、ライオスほんま頼むでと予言しつつ、次巻をお待ちしております。 もっとみる▼
  • (5.0) 「食」をコミカルにそして大真面目に
    ミツバチさん 投稿日:2023/12/19
    初連載作、14巻で見事な完結、感無量です。 魔物を食べるダンジョンファンタジー、と言うとゲテモノ感が漂いますが、ものすごく本格派のファンタジー。著者の想像力はただ空に架かるふわふわしたものではなく、ひとつの閃きの細い糸を辿って根にまで行き 着く素晴らしい力で、主人公であるライオスの観察眼にそのまま反映されています。 魔物の生態、ダンジョンの仕組み、本当によく考えられています。コンピューターRPGをプレイしていた時の素朴な疑問が、作者による解釈で明らかに!っていう部分があって、とても楽しかったです。マンドラゴラとか、動く鎧とか、勝手に直ってる壁とかの解釈がとても好きです。 序盤はかなりコミカルで軽い感じだったので、この作品で読者の反応とかをみてから別作品で本格的に行くのかな……と思っていたら、4巻あたりから本領発揮でシリアス分量が増えてそのまま走り切りましたね。 キャラクターもそれぞれに良かったですが、何と言ってもマルシルが可愛い!ちょっと間が抜けてて一所懸命、乙女な趣味、抱えた寂しさ……最高。 魔物食からスタートして、人の欲望、生と死の深さまで進んで行くこの物語というダンジョン、ぜひ多くの人に訪れていただきたい。 ああダンジョン飯。 もっとみる▼
  • (5.0) もっと早くから読んでおけばよかった…
    ponzuさん 投稿日:2024/2/1
    「名前だけ知っている」で相当長い期間スルーしてしまったことを後悔している。とくに、「転生系とかバトル系なのかな…別にそういうの好きじゃないしな…」と同じことを思っている方がいたらぜひ手に取ってほしい。美しく、丁寧で、ギャグもあり、何度読んで も新しい発見がある。 まず、画力。主要キャラクターはもちろん、どんなキャラクターも魅力的。全員を好きになれる。(赤面するときに鼻やおでこが赤くなるのが、キャラクターによって異なる。とてもかわいい。) そして、そのキャラクターや登場するモンスターには圧倒的奥行がある。物語そのものだけでなく、生物としての深い造詣は、愛がなければ決して生まれない。こんな深いものを、簡単に味わってしまっていいのか不安になるレベルだ。 そして、見事ハマったらぜひ、同作者の「デイドリーム・アワー」を…!絶対に後悔しないので…!! もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

ダンジョンでグルメ
編集:鋼女(シーモアスタッフ)
冒険者のライオス一行はダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、仲間を食べられてしまい、金と食料を失ってしまい1度ダンジョンを脱出し態勢を整えることにします。ダンジョンを脱出したものの、ライオスは呆れられ、仲間を数人失ってしまい、どうすることもできずにおり、装備を売ってお金を作り食糧を確保しようとするも、それでは危険なのでダンジョンでモンスターを捕え、食べることにします。スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴンなどの襲い掛かってくるモンスターをたべながらダンジョンを踏破していきます。「ひきだしにテラリウム 」などの著者の他作品もおすすめです。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「ダンジョン飯」

【声の出演】

ライオス:熊谷健太郎 / マルシル:千本木彩花 / チルチャック:泊明日菜 / センシ:中博史

【あらすじ】

「待ってろドラゴン、ステーキにしてやる!」ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう。そこでライオスは決意する。「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ!冒険者よ!

【制作会社】

TRIGGER

【スタッフ情報】

原作:九井諒子(「ダンジョン飯」/KADOKAWA 刊)

監督:宮島善博

シリーズ構成:うえのきみこ / キャラクターデザイン:竹田直樹 / 音楽:光田康典

【関連リンク】

公式サイト「ダンジョン飯」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ