We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
SPY×FAMILY 1

SPY×FAMILY 1

通常価格:
456pt/501円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.8) 投稿数1,045件
SPY×FAMILY(9巻配信中)

作品内容

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  9巻まで配信中!

  • SPY×FAMILY 9
    登録して購入
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    ヨルvs暗殺者集団の戦いは終局へ…!! その一方で、豪華客船には爆弾が仕掛けられていた――! 危機を察知したロイドとアーニャは、それぞれ尽力するが…!?
  • SPY×FAMILY 8
    登録して購入
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    東国(オスタニア)の秘密組織「ガーデン」の任務で、ヨルは豪華客船に乗り込みマフィアの要人を護衛する事に! ロイドとアーニャも旅行で同船している上、ヨルは裏の仕事に迷いが生じ!?
  • SPY×FAMILY 7
    登録して購入
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    黄昏は標的(ターゲット)・デズモンドと次男・ダミアンの親子の時間に割り込む形で、ついにデズモンドとの初接触(ファーストコンタクト)を果たす!! 腹の内を見せない標的に対し、会話の中で人となりを探ろうとする黄昏だが…!?
  • SPY×FAMILY 6
    登録して購入
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    戦時下の機密文書の手がかりを求め、非合法(アンダーグラウンド)な大会に参戦する黄昏と夜帷(とばり)!! だが、自分こそが妻役にふさわしいとロイドを隠れ慕う夜帷によって、フォージャー家に夫婦の危機が…!?
  • SPY×FAMILY 5
    登録して購入
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    予知犬のボンドが家族に加わり、オペレーション〈梟(ストリクス)〉もフォージャー家もようやく軌道に乗ったと思われた――が、中間考査でアーニャ史上最大のピンチ!? 星(ステラ)と雷(トニト)をかけた波乱のテストの行方は…!!
  • SPY×FAMILY 4
    登録して購入
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    爆弾犬を使っての西国(ウェスタリス)大臣暗殺計画が判明! アーニャの飼う犬を求め家族で出かけたはずが、黄昏は、テロを止める緊急作戦に加わる事に…!! 一方アーニャは、何故かフォージャー家を知る不思議な犬と出会い――!?
  • SPY×FAMILY 3
    登録して購入
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    フォージャー家にヨルの弟・ユーリが来訪!! 互いがスパイと秘密警察であることを隠しながら、黄昏とユーリは腹を探り合う。姉を偏愛するユーリは黄昏に本物の夫婦であることを証明しろと迫り…!?
  • SPY×FAMILY 2
    登録して購入
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    東国(オスタニア)と西国(ウェスタリス)、両国間の平和を守る任務(ミッション)の為、名門校受験に挑んだフォージャー一家。だが、標的デズモンドに近づくにはアーニャが特待生(スカラー)にならなくてはいけない!! そこで黄昏は“ナカヨシ作戦”を実行するが…!?
  • SPY×FAMILY 1
    登録して購入
    通常価格:
    456pt/501円(税込)
    名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!

レビュー

SPY×FAMILYのレビュー

最新のレビュー

  • (5.0) アニメ化するって思ってたっ!
    あいすさん 投稿日:2022/6/27
    前からそう思ってた!!先に見つけてた!! と、謎の自慢をしたい笑(だれに?) テーマは結構重い気がしますが、主人公や主人公をとりまくキャラの性格が面白いからかサクサク読めちゃいます 話は全然違いますが、ぶらぴとあんじーのあの有名な作 品も思い出します。それくらいかっこいい作品ですね もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 面白くて読むのが止まらない
    romance2さん 投稿日:2020/10/26
    未完結物は原則読まないが、以前レビューで興味持ち、試し読みし、以来ずっと読みたくて読みたくて、でも少年・男性向けは大長編アリだから、はまりこむのが恐ろしくて、なんとか我慢してきた。そもそも私の嗜好は少女・女性向け作品。 そこへ書店で数日前 紙版のゲリラ陳列見かけ、今日堰を切ってしまう。 面白すぎて最新5巻迄一気読みする羽目になった。 よく出来てて引き込まれるが、3巻目以降の学校舞台回はいつも微妙だ。ここが面白くないと任務遂行過程がイマイチになる恐れがあるのに。また、弟vs黄昏や夜帷vsヨルの噛ませ方は、話の新鮮さが割と薄らいだ。アーニャの学問の出来が悪すぎる設定がしつこすぎて、苛ついてしまう。秘密持ちの出自が活かされてない。東雲のどん臭さが話の膨らみよりいっそ話数稼ぎに思え 、1頁1コマの顔アップが頁数稼ぎにも思えた。 絵のほうは男性漫画に多用される、私が苦手な動き線はない。身体に不自然な肉付きもなくスっとしていい。只、アーニャが子供っぽすぎる。自身の年齢詐称起点としても4歳程度にしか見えない。難関の名門校設定が嘘臭くなってる。学業は体力含めてついていけると判断されないと入学が許可されない筈。尚、街や建物には欧州感あって、雰囲気出てる。 一体何巻迄行くのか、実は怖い。少女漫画は長くても大抵十数巻に留まるところが嬉しいのだ。何十巻もの長編は読みたくても購入額がバカ高くなるので、話題作・人気作も大抵諦めている。 「それでも世界は美しい」「素敵な彼氏」が完結し、まだ追っかけてるのが「七ツ屋志のぶの宝石匣」「ボクラノキセキ」「アシガール」位と減って、このSPYFAMILYが5巻ならまだ手に負えそうだと考え、誘惑に勝てなかった。 女性向けに偏って読むのは、男性向けは多くは絵の線が固すぎるから、という理由もあるのだが、遠藤先生にはその取っ付き辛さは無い。ただ、殺し屋設定の妻、ちょっとエグ過ぎて、設定で人目を引く目的なんだか知らないが、今後の状況次第で読み続けるのがしんどくなるとしたら、彼女の目的と手段の錯綜ポジションと流血キャラが私にはもういいや、となるかと。 あともう一つ、長すぎたらやっぱり最後まで付き合える気がしない。 いい緊張感のあるうちに、彼らの形、否、黄昏のミッションコンプリートを願っている。 兎に角、当分楽しませてくれそうなので、買って良かった、とは大いに感じている。 もっとみる▼
  • (5.0) アニメやばいです!(笑)
    ショコラさん 投稿日:2022/4/17
    正直に言いますと、漫画だとアーニャの可愛さがフルに伝わらないんです(笑)(…アーニャ(>_<)ゴメン)なのに…なのに…!!アニメだとアーニャのあざとかわいいが「何だこれ!?」とめっちゃ伝わってきて…びっくりしました(笑)声優さん素晴らしい です!!4月16日のアニメ2話でもうメロメロにさせられました(笑)アーニャの棒読み可愛い!!(笑)黄昏イケメン!!(笑)ヨルさん美人可愛い!!(笑)(しかも、声優さん胡蝶(鬼滅の刃)やないですか!)カラー版もチラ見させて貰いましたが、レトロ感があってしかも綺麗ですね〜。(多分、買います(笑))OPとEDの曲もめちゃくちゃいい!!OPのミックスナッツの歌詞SPY×FAMILYにピッタリで聴きまくっております(笑)毎週土曜日の23時が楽しみで仕方ありません(笑)買うの悩んでるそこの貴方!!アニメ観てみて下さいな〜可愛さが分かったら、買っても損は無いはずです(笑)♪この一掴みの奇跡を噛み締めていゆく〜♪(_ >д<)_バンッ…ええと…すこーし気になるのでwこの漫画は青年誌では無く少年誌です。リアルな現実を求め過ぎたら少年誌には基本載せられないと思います。かりそめの家族だけど、血の繋がりが無くても大事な家族になっていく過程を書いているので…黄昏のスパイになった理由は、漫画にも書いてありますが簡単に言うと「子供が笑顔でいられる世界」です。黄昏はその為に自分の人生をかけてスパイとしての仕事をしています。親を失うということ、家族がいないというツラさを知っているからこそ、幸せな子供が増えて欲しい。犠牲にならないで欲しいと言う気持ちでいます。人がやたら滅多ら倒れるシーンがあるのは仕事上(スパイ)ヨルさんに関しては殺し屋なので、どうしても書かなければいけないシーンなのでwそれを踏まえた上でSPY×FAMILYをみていただきたいかなぁ…それにそんなん言うたら金〇一少年や名探偵〇ナンなども必ず主人公がいる前で事件ありますよ?(笑)(批判ではありません。ストーリーとして必須って話です。)かりそめが本物の家族にどうなっていくのか?家族などいらないと思っていた黄昏がどんな風に気持ちが変わっていくのか?を楽しんで見てほしいところでもあります。第2クール10月に決まりました♪黄昏がスパイになった理由が私のレビューと違うのは、もうお分かりですか?(笑)分かった方は100点満点です(。>ω<。)♪ もっとみる▼
  • (5.0) 黄昏すぅきぃ
    nobuoさん 投稿日:2021/7/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 フィオナほどではないですが、私もすっかり黄昏に惚れてしまいました。任務のためなら非情になれるけれど本当は情け深い優しい男、黄昏。スパイになった理由がそれを如実に表しています。 なんだかんだ子供に弱くて、いつも最終的にはアーニャの気持ちを優先させるところとか、ヨルさんの規格外っぷりも否定せずに受け入れ、彼女の努力を認めて労うところとか。黄昏は何でもそつなく完璧にこなしているようで、実は常に思考を巡らせ試行錯誤を重ねて努力してるということが、2人との接し方を見ていると分かります。任務のための偽装の家族ながら、黄昏が2人に見せる優しさは本物なのではないかと思います。そういところにキュンとくるんですよね。ちなみに、フィオナも好きなキャラなので彼女の恋を応援したいのですが、性格的にはヨルと黄昏の方がバランスが良さそうだと思いました。フィオナと黄昏だと似た者同士って感じがします。 スパイものなのでドキドキハラハラがメインかなと思って読み始めたのですが、完全にコメディでした。大笑いもクスクスもいっぱいさせてもらえました。黄昏だけではなく、どのキャラも魅力的ですし、それぞれの関係性も面白くて、そういうところでも楽しめます。個人的には、この幼さで誰より腹黒いアーニャと嫉妬深いボンドのコンビが大好きです。 続きを読む▼
  • (5.0) キャラが魅力的で面白い。
    ぺこさん 投稿日:2020/6/8
    広告でよく見かけるので読んでみました 最初は広告と表紙の絵だけみて女性作家さんかな?と思ってたし、内容ももう少し三人が腹の探りあいとかするような殺伐とした話だと思ってましたが三人とも思ってたより人間味のあるキャラで話もほのぼのとしたシーン が多かったです ジャンププラス掲載だけどどちらかと言えば女性向け?と思える内容でした 作品自体はキャラが魅力的で面白いのですが個人的にはもう少し三人に距離があるほうが好みだったかな 黄昏ももう少し家族に対して冷酷で途中から少しずつ家族愛が芽生えていく感じと思ってたので1話からアーニャに対し家族愛みたいなものが芽生えはじめていてアーニャは俺が守るみたいな感じになってたのがちょっと拍子抜けしてしまいました はじめて読む作者さんですが作者さんが売れ線(女性人気)を意識して書いたなって言うのはバリバリ感じます。絵はジャンプっぽさもあり脇役のおじさんキャラ等の絵柄は男性作家っぽさを感じました。 普通に面白いし絵も綺麗なので星5ですが私の主観ではもう少しキャラ同士がベタベタしてないほうが良かったです。ヨルの弟とか女子が好きそうな感じのシスコンキャラですが私は少し苦手でした。 もっとみる▼
  • (5.0) 次巻が出るまで、最新刊は我慢…
    amfrさん 投稿日:2021/6/25
    長く長〜く続いて欲しいと思う作品が何かの事情で連載や発刊が止まったり時間が掛かるとき感じる「次を…早く…」という強い飢餓感。それを少しでもやわらげたくて最新刊が出ても次が出るまで読まずに取っておいてしまう読者心理 (病名はなんでしょう?H× H恐怖症?) で、いま7巻が出ていますが未読…。でもこの作品はコンスタントな発刊なのでまだ軽症で済んでます。先生、ありがとう! 冷戦下、西国スパイのエース、ロイド・フォージャー(暗号名・黄昏)が、こちらもワケあり・思惑ありのヨルとアーニャを妻と娘に仕立て、東国総裁の動向監視の任務を果たそうとするお話。 任務遂行中のロイドのクールな格好よさをスタイリッシュで洗練された絵で描きながら、他のキャラと絡んで話がコメディに転ぶおかしみがクセになります。 各巻の表紙絵がミリタリー感あるオリーブドラブ色で統一されていてオシャレ、かつ、キャラにぴったりな遊びのある小物配置にくすぐられます。ストーリーやギャグ好きな諸姉諸兄だけでなく、ディテール好きな方々にも、ぜひ。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • すっげーひきこまれた
    遠藤達哉先生による作品です。主人公は凄腕スパイの黄昏(たそがれ)。ある日潜入のために「家族」を作れと命じらる。そして養子にとった女の子は超能力者で、さらには暗殺者の女と結婚することになる。ぶっとんだ設定だけど、どこか心があったかくなる。そんな作品です。
    制作:わっきー

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ