漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

喰いタン(5)

通常価格:
600pt/600円(税抜)
(4.0) 投稿数46件
喰いタン(16巻完結)

作品内容

60年の時を超え甦る幻の肉ジャガ! 人間国宝を襲う見えない殺意! 謎が謎を呼び、食欲が食欲を呼ぶ! 喰えば喰うほど冴えわたる喰いしん坊探偵・高野聖也(たかのせいや)の超推理!執筆のため、山荘にこもる高野。山菜採りの誘惑にあらがえず付近を散策していた高野が出会ったのはなんと……。これは知力と胃袋の限界が試される――寺沢大介からの挑戦状だ!! これを読まずして、食と推理を語ることなかれ!

作品ラインナップ  全16巻完結

レビュー

喰いタンのレビュー

平均評価:4.0 46件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 料理好きにおすすめ
    にゅーさん 投稿日:2019/9/12
    好き嫌いはあると思いますが私は好きでした。料理が好きな人や寺沢大介が好きな人なら一度読んでみてもいい作品だと思います。

高評価レビュー

  • (5.0) グルメ、探偵、ギャグ
    ヒロさん 投稿日:2019/1/2
    グルメ?(わりと何でも美味しい評価。というか、マズくても食べる)マンガ(ギャグ寄り)で、探偵もの面白い要素が満載で、内容もサラッと読めます。
  • (5.0) オナカが減る探偵物
    トレノさん 投稿日:2017/3/1
    「ミスター味っ子」の寺沢大介氏が青年誌に描いた食欲魔人な探偵の推理コメディです。 尽きることのない凄まじい食欲と徹底的に食にからめたトリックや事件で、肩の凝らない作風の推理作品となっています。 探偵物マンガといえばKのつく作品が世間では 圧倒的にメジャーなのですが、推理小説にありがちな「推理するための現実的でない事件」ばかりで、こういう「ちゃんと必然性のある事件背景やトリック」を描いた探偵物ってけっこう貴重な気がします。 もっとみる▼
  • (5.0) 料理マンガの重鎮の挑戦
    まっくさん 投稿日:2017/2/28
    私の大好きな寺沢大介先生の作品。「ミスター味っ子」や「将太の寿司」とは一線を画しながら、料理をテーマにプラス推理という斬新な内容に面白さをみました。

広告掲載中タイトル

青年マンガランキング

▲ページTOPへ