We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

ひとりでしにたい(1)

通常価格:
610pt/671円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.4) 投稿数37件
ひとりでしにたい(4巻配信中)

作品内容

バリバリのキャリアウーマンで生涯独身だった伯母が孤独死。黒いシミのような状態で発見された。衝撃を受けた山口鳴海(35歳独身)は婚活より終活にシフト。誰にも迷惑をかけず、ひとりでよりよく死ぬためにはよりよく生きるしかないと決意。愛と死をひたむきに見つめるフォービューティフルヒューマンライフストーリーの決定版誕生

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  4巻まで配信中!

  • ひとりでしにたい(1)
    登録して購入
    通常価格:
    610pt/671円(税込)
    バリバリのキャリアウーマンで生涯独身だった伯母が孤独死。黒いシミのような状態で発見された。衝撃を受けた山口鳴海(35歳独身)は婚活より終活にシフト。誰にも迷惑をかけず、ひとりでよりよく死ぬためにはよりよく生きるしかないと決意。愛と死をひたむきに見つめるフォービューティフルヒューマンライフストーリーの決定版誕生
  • ひとりでしにたい(2)
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    悠々自適の老後を過ごしていたはずの伯母がまさかの孤独死。山口鳴海(やまぐちなるみ)、35歳独身、美術館学芸員の人生は婚活から終活へと急旋回。よりよく死ぬにはよりよく生きる。最終&絶対王者を目指し、黄泉(よみ)へと激走中。

    ライフプランナーと称する同級生の魔の手に落ちかけ、女である弱さと加齢を痛感する鳴海。伯母の墓参りを通じ、お寺とどうつきあうか、お墓はどうするのかなどなど、避けては通れない問題に激しく体当たり。

    現実を忘れさせない、向き合わざるを得ないこの漫画がヤバい第1位。みんなで生きればこわくない!

    ニャオ(なお)、月刊モーニング・ツー(講談社)始まった衝撃連載は、コミックDAYS(講談社)に媒体を移して絶叫継続中です

    FRIDAYデジタル(講談社)、FRAU(同)、SPA!オンライン(扶桑社)、産経新聞、トウシル(楽天証券)などで、作者インタビューほか関連記事が配信されました(2020年末現在)
  • ひとりでしにたい(3)
    登録して購入
    通常価格:
    620pt/682円(税込)
    第24回(2020年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞!

    悠々自適の老後を過ごしていたはずの伯母がまさかの孤独死。山口鳴海(やまぐちなるみ)、35歳独身、美術館学芸員の人生は婚活から終活へと急旋回。よりよく死ぬにはよりよく生きる。最終&絶対王者を目指し、黄泉(よみ)へと激走中。

    ライフプランナーと称する同級生の魔の手に落ちかけ、女である弱さと加齢を痛感する鳴海。伯母の墓参りを通じ、お寺とどうつきあうか、お墓はどうするのかなどなど、避けては通れない問題に激しく体当たり。

    終活に邁進したい鳴海の前に、両親の終活問題が立ちはだかる。現役時代のプライドを捨てられない父親。ヒップホップで自分革命を企てる母親。ますます終活事情に詳しい後輩ナスダの力を借りて、鳴海は親たちのベストな老後を懸命に模索する。

    現実を忘れさせない、向き合わざるを得ないこの漫画がヤバい第1位。みんなで生きればこわくない!

    月刊モーニング・ツー(講談社)始まった連載は、コミックDAYS(講談社)に媒体を移し、毎月第一・第三日曜日更新中

    講談社FRIDAYデジタル&FRaU、朝日新聞telling.、扶桑社SPA!オンライン、産経新聞、楽天証券トウシル、LIFULL介護tayorini、神戸新聞、ねとらぼ、日刊工業新聞、クリーク&リバー社CREATIVE VILLAGEなどで、作者インタビューほか関連記事が配信されました(2021年7月現在)
  • ひとりでしにたい(4)
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品!

    悠々自適の老後を過ごしていたはずの伯母がまさかの孤独死。山口鳴海(やまぐちなるみ)、35歳独身、美術館学芸員の人生は婚活から終活へと急旋回。よりよく死ぬにはよりよく生きる。最終&絶対王者を目指し、相棒のおキャット様・魯山人とともに黄泉(よみ)へと激走する物語が始まった。

    職場では官庁から出向中の若きエリート、NASDAQこと那須田(ナスダ)くん独身が、迷走する鳴海になぜか興味を示す。年下の男に興味を持ってもらおうと鳴海を煽るナスダ。その結果はラブには向かわず、「墓へのツアー」をともにする終活仲間という予想外の方向へと、二人を強制連行していくことになる。

    この第4巻で二人が急行するのは、鳴海の実家である山口家。置物となった父を捨てるべく、熱いHIPHOP魂を燃やす母が熟年離婚への崖を落下中だったのだ。終活の前に解決すべきは両親の絆の問題か、それとも経済問題か。
    父親は「投資」に関心を示して情弱カモへの道を歩みはじめ、問題は混迷を深める。困った時のナスダが論破王も仰天の親切講義で両親の蒙を少しずつ啓いてくれるが、今度は鳴海自身の問題が置き去りに――!

    現実を忘れさせない、向き合わざるを得ない、この漫画がヤバい第1位。みんなで生きればこわくない!

    月刊モーニング・ツー(講談社)で始まった連載は、コミックDAYS(講談社)に媒体を移し、隔週日曜日に更新中。

    講談社FRIDAYデジタル&FRaU&mi-mollet、読売新聞、朝日新聞telling.、扶桑社SPA!オンライン、産経新聞、楽天証券トウシル、LIFULL介護tayorini、神戸新聞、ねとらぼ、日刊工業新聞、クリーク&リバー社CREATIVE VILLAGEなどで、作者インタビューほか関連記事が配信されました。(2021年11月現在)

レビュー

ひとりでしにたいのレビュー

平均評価:4.4 37件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ためになる漫画
    もよさん 投稿日:2022/6/11
    就活から投資、保険のことまで、分かりやすく教えてくれる漫画です。役所などで配ってほしいくらい、ためになる

高評価レビュー

  • (5.0) おもしろい!かつ重い……
    リクさんさん 投稿日:2022/3/24
    朝の番組で、オススメの漫画って放送してたので、そのまま買ってみた。おもしろい!おもしろすきる。人前で読むとによによしすぎるからやめた方がいいレベルでおもしろい! 主人公のヲタ活めっちゃわかる!両親も兄弟家族との関係もわかるわ……そして今の 若い子ってあんななんだ的な年下男子くん……どうなるんだろこの二人。 そして、根本な内容的に本当にうわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!ってなるほど重い内容である。お一人様、高齢親、昭和脳、情報弱者、熟年離婚に年金や生活保護、自分にとって必要な生きるための節約とはなにか、などなど。子供に読ませたい漫画ってことで紹介していたんだけど、これ、高校生か遅くても25歳までにがっつりよみたかった。これを踏まえた上で、人生設計したかった。いやそれでも自分のダメさがかわるとは思えないがw早ければ早いほどいい。もうかなり遅いすぎるが、せめてこれを読んで笑ってしねるようになろうと、ほんとうにおもう。 もっとみる▼
  • (5.0) 高校の教科書にしたらどうだろうか?
    みんとさん 投稿日:2021/3/16
    全人類必読。特に日本政府のお偉いおじいちゃん達はぜひ読んでくれ。少子化対策とかいつも的外れなんだよぉ。 そういう自分も、結婚して子供もいるから安心だ〜とか思ってたクチですが。子供が親の介護をする義務は無いわけですからね。日本の教育のせいな のか、はたまた日本の専業主婦に育てられた故の洗脳なのか、良い職についた男性と結婚して子供を産めばゴール。と思い込んでいますよね。旦那がクビになったり病気になったり死別したら?浮気されたり離婚したりしたら?両家の親の介護は?普通そこまで考えて結婚しませんもんねー。 自撮りを可愛く盛って、フォロワーを増やして、お気に入りの美容室に行って、暇だから資格でも取ろうかなー?「老い」を感じる年代になるまで、こんな事しか考えてませんもんね。 この漫画を読むと、男女ともに結婚感が変わると思います。出来る事ならまだ取り返しのつく思春期に読むべき! もっとみる▼
  • (5.0) 身につまされすぎて辛すぎる
    ミィさん 投稿日:2020/7/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 孤独死って、両親健在で、既婚者子持ちで、兄弟姉妹がいて、友達がいて、仕事があって… この中で一つ、あるいは二つ以上あればそこまで考えてない人が多いと思います。 思い浮かびすらしない幸せな人の方がむしろ多いと思う。 現状が厳しいすぎる自分は、さらに身内の不幸で、自分の孤独死を身近に感じています。 そしてこの本を読んで、さらに自分の甘さと絶望感を改めて実感。 すでに若い頃から希望も失っているので、もう無理な気しかしないけど、もっと早くこの本読みたかったな。 引き返せなくても絶望的でも生きていくしかないから頑張るしかないのだけど。 登場人物がそれぞれどこにでもいそうな感じでリアル。でも主人公のほどよい明るさが救ってくれてる感じ。 続きを読む▼
  • (5.0) パワーワード連発
    れいさん 投稿日:2021/8/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 何の気なしに読んだのですが面白すぎ&考えさせられすぎです。 「なぜ伯母はスープになったのか」とか、序盤から飛ばしまくりで…。 人はいつか死にます。私もいつか分かりませんが死にます。 その時のこと、その後のこと、なるべく綺麗に?去るということ。 そういうことを暗い気持ちにさせずに考えさせてくれる作品です。 結婚していたら孤独な死は避けられるのか? 親の介護、義理の親の介護、そして夫と自分が介護され…。 最後は夫に先立たれ、一人でその瞬間を迎えるかもしれませんね。 その時のことを考える、良いキッカケになりました。 逆に何で今まで考えずにいたのだろう?という感じです。 続きを読む▼
  • (5.0) 重いテーマを前向きに紹介してくれる参考書
    KimiRさん 投稿日:2020/12/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 人生で誰しにも必ずくる親や自分の老後・死に対して、どう準備しておくのか。無闇に不安になる必要はない。考える余力がある元気なときに向き合っておくべきだな、と考えさせられます。人それぞれ環境の違いを感じるところなどリアルです。こんな男の同僚いないわ……ってこと以外は、アラフォー独身女あるあるな主人公(笑)ナスダ君が厳しくも正しい現実やお役立ち情報を教えてくれて、山口さんが希望が持てる形で前向きに反省したり本音をさらっと吐露してくれるところが良いです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ