漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

楡崎教授の昼下がりの研究室 1巻

通常価格:
600pt/660円(税込)
(3.0) 投稿数4件
楡崎教授の昼下がりの研究室(1巻完結)

作品内容

大学生・芦谷健介は、犯罪心理学教授・楡崎の助手。生活管理能力がほぼ0に近い状態の教授の世話を、公私にわたってしている芦谷だったが、いつしかそんな教授にひかれ始めている自分に気が付く。一方、優秀なプロファイラーでもある教授はそのプロファイリング能力に大きな問題を抱えている。普段はおとなしい教授がプロファイリングを始めたとたん、カゲキになり…。エキセントリックな教授に芦屋の献身愛は届くのか!?

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

楡崎教授の昼下がりの研究室のレビュー

平均評価:3.0 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) あまり…
    sumomomoさん 投稿日:2010/5/2
    事件が起こり、教授が犯人の気持ちになりきってプロファイリングして解決するのですが、BLだからといいたくないけど事件が解決したあとのその後も知りたかった。 どの事件も犯人達を同情的に見ているふしがあって私はピンとこなかったです。 人間嫌い で変人の教授は教える立場なのに堂々と学校に引きこもるし… 家でやってほしい。 私は合わなかったです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) プロファイルしながら
    サラミⅡ世さん 投稿日:2009/8/19
    犯罪プロファイル&主人公の秘密の解明&恋愛を、上手〜く絡めた面白い趣向のお話でした 犯罪心理学の教授・楡崎とその助手・芦谷の所に今日も持ち込まれる、刑事から依頼された事件の犯人プロファイリング。 前半は『あり?プロファイルメイ ンのコメディ?』と思うくらいラブい雰囲気はなし 芦谷君が勝手に教授に惚れてるよ〜って程度。 4話でやっと芦谷君の想いに気付き、芦谷君をプロファイルしながら(!)受け入れた教授が、天然誘い受け化します 教授の誘い受けっぷりに幸せな日々の芦谷君。 ですが、教授の『心の闇』をえぐり出すという難関が待ってました。 とにかく4話以降はお話が面白くて一気読み。 正直、1・2話読んで『んーやめよっかなー』とも考えましたが、読み進めて良かった 教授の過去の闇と向き合う芦谷君、良いオトコ Hの際の攻め具合もかなり年下とは思えません 画はパサッとしたリアリティある感じで、決して華奢な受けとかじゃないんですが、なんかエロいです。 いや〜面白かった もっとみる▼
  • (3.0) BL初心者でも
    ふみんしょうさん 投稿日:2010/4/23
    ドキドキしながら楽しく読めました 最初は、BLなんて、未知の世界って感じで、禁断の扉を開けるのを躊躇していたのですが。。。 いざ、開けてみると、楡崎教授の絵もキャラも可愛いくて、エッチなシーンも、くどく無く、BL初心者にもちょうど いい感じでした。。 興味はあるけど、一歩が踏み出せないでいるあなたにお薦めの作品です。 二次元での癒し空間に、BLの世界感にハマりそうです。。。 もっとみる▼
  • (3.0) 3.5です
    鉄央さん 投稿日:2009/9/22
    大学教授の楡崎と助手の芦谷との恋愛模様だけでなく、刑事が持ち込む事件を通して教授が自分の過去に向き合って芦谷と2人で乗り越えていく展開が面白かったです。 勿論、芦谷の熱烈なアプローチも良かったです。 以下ネタバレ 楡崎教授は仕事 は熱心だけど、それ以外のことには無頓着で助手の芦谷がいつも世話を焼いています。そして教授のもう一つの癖が事件のプロファイルをしている時、犯人の気持ちが乗り移ったようになって研究室で暴れたり火を付けたりして、その後片付けもやっぱり芦谷の仕事。そんなふうに教授に尽くす芦谷ですが、しっかり下心ありでプロファイルを利用してちゃっかり教授にアプローチして恋人に そんな時に子供が絡んだ事件がもとで教授の幼いころの誘拐事件が掘り起こされます。教授は幼いころ誘拐されているのですが、被害者は自分ではなくいない筈の姉にすり替わっており誘拐されていた間の記憶がなくなっているのです。芦谷の支えがあり事件の真相と向き合う教授が思い出した真実は、誘拐犯は祖父の反対で母親と別れさせられた実の父親であること、我が子会いたさに誘拐し捕まらないために子供(当時の教授)を女の子に見せかけていたことでした。 真相が分かり支えてくれた芦谷との絆も深まって、またいつもの日常が訪れるのでした。 もっとみる▼
▲ページTOPへ