電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!

担当の愛が重すぎる! act.1

通常価格:
150pt/165円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(5.0) 投稿数2件
担当の愛が重すぎる!(6巻完結)

作品内容

山村龍之介は引きこもりの漫画家。ある日、訪ねてくるなり熱烈に愛を語ってきた男は次の担当になる編集の樋高だった。距離の近さに怖さを覚える山村だが、仕事はできる男らしい。後日、作業に詰まる山村へ樋高が持って来たファンレター。熱烈な長文をくれるファンが少し怖かったがいやではなかった。と話す山村を突然後ろから抱きしめた樋高は、その手を服の中に入れてきて──!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全6巻完結

  • 担当の愛が重すぎる! act.1
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    山村龍之介は引きこもりの漫画家。ある日、訪ねてくるなり熱烈に愛を語ってきた男は次の担当になる編集の樋高だった。距離の近さに怖さを覚える山村だが、仕事はできる男らしい。後日、作業に詰まる山村へ樋高が持って来たファンレター。熱烈な長文をくれるファンが少し怖かったがいやではなかった。と話す山村を突然後ろから抱きしめた樋高は、その手を服の中に入れてきて──!?
  • 担当の愛が重すぎる! act.2
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    山村龍之介は引きこもりの漫画家。ある日、訪ねてくるなり熱烈に愛を語ってきた男は次の担当になる編集の樋高だった。
    距離の近さに怖さを覚える山村だが、仕事はできる男らしい。
    後日、作業に詰まる山村へ樋高が持って来たファンレター。
    熱烈な長文をくれるファンが少し怖かったがいやではなかった。と話す山村を突然後ろから抱きしめた樋高は、その手を服の中に入れてきて──!?
  • 担当の愛が重すぎる! act.3
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    山村龍之介は引きこもりの漫画家。ある日、訪ねてくるなり熱烈に愛を語ってきた男は次の担当になる編集の樋高だった。距離の近さに怖さを覚える山村だが、仕事はできる男らしい。後日、作業に詰まる山村へ樋高が持って来たファンレター。熱烈な長文をくれるファンが少し怖かったがいやではなかった。と話す山村を突然後ろから抱きしめた樋高は、その手を服の中に入れてきて──!?
  • 担当の愛が重すぎる! act.4
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    山村龍之介は引きこもりの漫画家。ある日、訪ねてくるなり熱烈に愛を語ってきた男は次の担当になる編集の樋高だった。
    距離の近さに怖さを覚える山村だが、仕事はできる男らしい。
    後日、作業に詰まる山村へ樋高が持って来たファンレター。
    熱烈な長文をくれるファンが少し怖かったがいやではなかった。と話す山村を突然後ろから抱きしめた樋高は、その手を服の中に入れてきて──!?
  • 担当の愛が重すぎる! act.5
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    山村龍之介は引きこもりの漫画家。ある日、訪ねてくるなり熱烈に愛を語ってきた男は次の担当になる編集の樋高だった。
    距離の近さに怖さを覚える山村だが、仕事はできる男らしい。
    後日、作業に詰まる山村へ樋高が持って来たファンレター。
    熱烈な長文をくれるファンが少し怖かったがいやではなかった。と話す山村を突然後ろから抱きしめた樋高は、その手を服の中に入れてきて──!?
  • 担当の愛が重すぎる! act.6
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    山村龍之介は引きこもりの漫画家。ある日、訪ねてくるなり熱烈に愛を語ってきた男は次の担当になる編集の樋高だった。
    距離の近さに怖さを覚える山村だが、仕事はできる男らしい。
    後日、作業に詰まる山村へ樋高が持って来たファンレター。
    熱烈な長文をくれるファンが少し怖かったがいやではなかった。と話す山村を突然後ろから抱きしめた樋高は、その手を服の中に入れてきて──!?

レビュー

担当の愛が重すぎる!のレビュー

平均評価:5.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) たしかに重いw
    おまるさん 投稿日:2021/8/11
    コメディタッチでサクサク読めます。この愛の重さには中毒性があるからw ほだされていくんだろうなぁ〜w 昔の担当さんも気になる…。見守るしかない…w

高評価レビュー

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ