電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  49巻まで配信中!

  • 第 31 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。
  • 第 32 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。
  • 第 33 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。
  • 第 34 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。
  • 第 35 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。
  • 第 36 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。
  • 第 37 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。
  • 第 38 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。
  • 第 39 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。
  • 第 40 話

    50pt/55円(税込)

    仮面が半分に割れ、この世のものとは思えない彫刻のような顔が現れた。触るとおしろいがにじみ出るような白い肌、すっきりと伸びた鼻、形のいい唇まで。 職人が削ったように精巧な目鼻立ちは歳月を忘れたようだった。 一時、三段のように黒かった髪は、あの北方の雪山のように白くなった。 依然として美しかったが、大気中にバラバラになりそうな危なさが加わった。仮面がはがれてゆっくり瞬くまつげの下に現れた目は黒玉を埋め込んだように高雅で玲瓏な光を帯び、限りなく芸術品に近い外観だった。しかし、賛嘆してやまない美男子を前に、ゼイ康吾の表情は徐々に崩れ落ちた。あの顔が見分けられないはずがなかった。 「あなただったのですか…?」黒天主の末弟子が敬愛し、恋慕してやまない男。行方不明になったと思われていた白羅宮主がそこにいた。今までずっと、あなたでしたか。

レビュー

忘れ得ぬ貴方との邂逅【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.6 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 何もかもが良い!
    ごん之丞さん 投稿日:2023/1/3
    超絶お勧めです。皆イケメンで妖艶で素敵だし絵も綺麗だしストーリーも実に凝っています、序盤では?の所も読み進めて行くと分かります康吾とぐ孝のこの先も気になる所だけど真朗も悪い奴じゃないし、もうね色々な事情と人間模様が入り混じって凄く面白い!読 んで損はありません!! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 本当に出会えて良かった!
    花車さん 投稿日:2022/7/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 1話を読ませて頂いて、まず最初に思ったのは絵がとても綺麗でそれでいて繊細で色合いなどにも惹かれました。そして1話からいきなりの戦闘シーンには衝撃を受け、とても感動しました。見事に1話から沼にハマり、何より続きを読んでいくうちに、康吾と愚の何とも言えない関係が切なく、涙なしでは見られませんでした。まだ読み始めたばかりなので真朗と愚の関係も過去に何があったのか凄く気になりました。1話でこんなに惹き付けられたのは初めてで、ストーリの儚さと繊細さ、美しさとそして戦闘シーンでの迫力と勢いある動き、ありとあらゆる面で表現力が素晴しく、「忘れ得ぬ貴方との邂逅」というタイトルもとても魅力的で本当に出会えて良かったです。作者様こんなに素晴らしい作品を作って下さり本当にありがとうございます!!とても魅力的で素晴らしい作品なので是非最後まで続いてほしいです!!!これからも楽しく読ませて頂きます!!! 続きを読む▼
  • (5.0) 惹きつけられ、引き込まれます
    Da.tenkoさん 投稿日:2022/7/22
    1話目を読んで、非常に魅力的で美しい絵だけに、画が細かく周りの余白(白空き)が少し気になりました。でも、謎解きような展開から次が気になり、2話3話と読み進めると、最初の白空きが題名やストーリーに絶妙な効果を与え、白と黒の対比描写が魅惑的な展 開を更に盛り上げてます。 今何話目かを忘れるほどに、読み始めると引き込まれ、現在配信されている話まで一気に読み耽ってしまいました。 絵も大変魅力的で、人物のみで無く、アニメーションのように背景の自然や住まい・調度品等の細部に至るまで丁寧に描かれており、朝や夜の時間帯がわかるような配色で、ストーリーは完結してませんが、作品としての完成度が非常に高いと感じてます。 もっとみる▼
  • (5.0) 二人の会話に惹きつけられます
    gleglegongonさん 投稿日:2022/9/5
    1話目から「このセリフどう言うこと?」とはじまり、すぐに引き込まれました。二人のセリフの意味を一つ一つ読み解いて行くのもハマった理由の一つです。今でも何回も始めから読み返しては会話の意味や二人の気持ちに想像を膨らませて楽しんでいます。お互い を思いやる会話一つ一つに愛を感じます。素敵な作品をありがとうございます! もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ