マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックcomicocomicoネトゲの彼はどうやら僕が好きなようです【タテヨミ】第 47 話
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
第 47 話
50巻配信中

第 47 話

50pt/55円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  50巻まで配信中!

  • 第 41 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。
  • 第 42 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。
  • 第 43 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。
  • 第 44 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。
  • 第 45 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。
  • 第 46 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。
  • 第 47 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。
  • 第 48 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。
  • 第 49 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。
  • 第 50 話

    50pt/55円(税込)

    開講初日、韓国大学現代舞踊科のトップであるシンジェは開講総会を迎え居酒屋に来ていた。 そこで偶然隣のテーブルにいた半分ろれつの回っていない見知らぬ誰かの恋バナが聞こえてくる。「好きな人がいるんだ。だから合コンには行けない」その男は会ったこともないゲーム仲間の声がすごく好みだといい、いつも「お前はヒールを吸い取るカバだ」と笑うそのゲーム仲間のことが好きだと言う。「その子は僕が誰なのか、どんな人なのか気にならないのかな?だって5年だよ…5年も経つのに…」普段なら隣の酔っ払いの話なんて笑って済ませるけど、今日は違う。どうやらあの酒に酔った男の好きな相手というのは、俺のようだ。

レビュー

ネトゲの彼はどうやら僕が好きなようです【タテヨミ】のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ