マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ女性マンガぶんか社ストーリーな女たちダークネスな女たちDINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版)DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第9話】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第9話】

200pt/220円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
※この作品は『ダークネスな女たち Vol.71』に収録されています。重複購入にご注意ください。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  11巻まで配信中!

  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第1話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.63』に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第2話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.64』に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第3話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.65』に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第4話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.66』に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第5話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.67』に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第6話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.68』に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第7話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.69』に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第8話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.70』に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第9話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.71』に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版) 【第10話】

    200pt/220円(税込)

    「子どもは無理、私は“母親”になりたくないから…」
    金沢アサ、哲也夫婦は【DINKs】。
    共働きで子どもを意識的に作らない、持たない夫婦。
    結婚して3年たつが、その考えは変わらなかった。
    ある日、アサは高校の同窓会に参加する。
    子持ちの同級生らの会話についていけず、その上子無しのアサへの陰口も聞いてしまい、居心地の悪い思いをした。
    帰宅後、気落ちしたアサは哲也の「子どもはいなくていい」という言葉に慰められる。
    けれどその言葉と裏腹に、哲也には秘めたる思いがあったがアサはそれを知る由もなかった……!!
    ※この作品は『ダークネスな女たち Vol.72』に収録されています。重複購入にご注意ください。

レビュー

DINKsのトツキトオカ 「産まない女」はダメですか?(分冊版)のレビュー

平均評価:3.6 30件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 夫の行動が…
    xuedoさん 投稿日:2024/2/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 妊娠したくない女性を騙して故意に妊娠させるのははっきりと性暴力であり犯罪行為だという認識がない人がレビューにいて、恐ろしく思いました。 上記のレビューには妊娠したかったけどできなかった?というような記述もあったので、ある意味で妊娠出産というのはこのように人を狂わせるんだなというサンプルにもなりますね…。非道な犯罪行為ですら正当化できてしまう魔力がある、というか。 家庭環境に難があり子供を産みたいと思えない、ここまではっきり相手に伝えて「だめなら別れて下さい」と伝えた主人公。それに対しての夫(当時彼氏)が考えたことが「俺のことそんなに好きじゃないんだ!」なのがもう…中学生じゃあるまいし。幼稚過ぎて、主人公の夫評が全てだなと思います。子供っぽい。 夫の考えが変わったのも結局は周りに流されてのことですし、全てにおいて浅はか。周りにDINKsで上手くいっているラブラブ夫婦がいたら、絶対この夫はこんなことしなかったでしょうから。 自分の行動で他人の人生や尊厳が深く傷つく想像すら出来ないのに、そこに「子供が産まれるのは素晴らしいことだ」という大義名分があるからこういう、夫や上記レビューの方のようなモンスターが生まれてしまうのですね…。 結論、行動力のある愚者が一番怖い。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 少子化対策に真っ向から
    ara_araさん 投稿日:2023/5/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 DINKsであることを決めて結婚したアサと哲也の悩みと葛藤の物語です。 子供を産むことの煩わしさ、育児や養育に時間をとられ費用もかかること(身体の線も崩れるし・・・)に耐えられないアサの気持ち分かります。 しかし世間では少子化対策が喧伝されているなかなので、周囲から孤立したり偏見を持たれたりします。 周りの妻たちの「なんで?貴女だけ楽してんのよ!」って気持ちも分かります。 独身女性に対してその孤独感や満たされない寂しさに伴侶を得た妻としては優越感を覚えるのですが、経済力のある優しい夫がいて様々な面で日々満たされているはずなのに子供を作らない妻には「良いところ取りをしている裏切り者!」と思うのでしょう。 確かに、夫の哲也が妻を裏切って避妊具に穴を飽ける行為には・・・憤りを感じます。が、これって「社会的」には正義なのか?とか・・・ 色々と考えさせてくれる作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) 毒親の支配は逃れられない
    ももさん 投稿日:2023/12/7
    私は20歳の時に産まない選択をしましたよ! そして本当は子供を産んで絶対的な味方がほしいという歪んだ考えもあったから『子供を産みたくなるから結婚しない』『子ども嫌いの男性は嫌だから結婚しない』 もう私の芯が毒されてるんです 世間の風は きつくて『選択独身です』と伝えても誰にも伝わりません 毒親の精神への支配はきっと私の生涯が終わるまで続きます でもアサちゃんがお腹庇った時にホッとしたから、私も世間一般の風なんだろうと思います もっとみる▼
  • (5.0) 生まない選択
    うがさん 投稿日:2023/11/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 金沢アサは夫の哲也とともにあえて子供を持たないというお互いの意思のもと結婚した。 お互い働いて自分と相手を尊重するという人生を送れて充実しているアサだがある日参加した同窓会で周りの大半が子持ちになり会話についていけなくなった。 しかも子供を持たないということを哲也も了承していたはずなのに……。 結婚してもそのあとになし崩しで子供を作ろうとする人は一定数いるだろうけどこういうのはこわい。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ