マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPTL(ティーンズラブ)・レディコミマンガレディースコミックライブコミックスCOMICエトワール破滅の花園【合本版】偽りの友情ごっこ【破滅の花園】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
女性マンガ
偽りの友情ごっこ【破滅の花園】
3巻配信中

偽りの友情ごっこ【破滅の花園】

400pt/440円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

あなたの周りにもいませんか?「私が世界の中心よ……!」とでも言わんばかりの態度で人を困らせる女が。大学に入学した響(ひびき)の悩みの種は、出会ったばかりの同級生・日菜子(ひなこ)。急に腕を組んできたり、強引に飲み物をシェアさせたり、「友達だからいいでしょ?」とマイルールを押しつけてきたり。日菜子のバグった距離感に戸惑う響だが……?周囲に災厄をまき散らす、破滅直前の女たちを描いた“スカッと”系オムニバス第1弾!(この作品は、「破滅の花園」の、「偽りの友情ごっこ【破滅の花園】(1)~(3)」をまとめたものです)

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 偽りの友情ごっこ【破滅の花園】

    400pt/440円(税込)

    あなたの周りにもいませんか?「私が世界の中心よ……!」とでも言わんばかりの態度で人を困らせる女が。大学に入学した響(ひびき)の悩みの種は、出会ったばかりの同級生・日菜子(ひなこ)。急に腕を組んできたり、強引に飲み物をシェアさせたり、「友達だからいいでしょ?」とマイルールを押しつけてきたり。日菜子のバグった距離感に戸惑う響だが……?周囲に災厄をまき散らす、破滅直前の女たちを描いた“スカッと”系オムニバス第1弾!(この作品は、「破滅の花園」の、「偽りの友情ごっこ【破滅の花園】(1)~(3)」をまとめたものです)
  • 満足を知らない寄生虫【破滅の花園】

    400pt/440円(税込)

    学生時代から付き合って3年になる晴樹(はるき)と愛菜(まな)。就職を機に二人は同棲することに。生活は順風満帆……かと思いきや、もともと寂しがり屋な愛菜は、晴樹の帰宅が少しでも遅いと過剰なまでに不安になり、徐々に束縛が激しくなっていく……。周囲に災厄をまき散らす、破滅直前の女たちを描いた“スカッと”系オムニバス第2弾!(この作品は、『破滅の花園』の、『満足を知らない寄生虫【破滅の花園】(1)~(3)』をまとめたものです)
  • のさばる自惚れ女【破滅の花園】

    400pt/440円(税込)

    広告代理店でアシスタントとして働く鈴掛(すずかけ)。ある日経歴が華やかな実力者・赤沢(あかざわ)のアシスタントに抜擢される。すごい人と仕事ができると張り切る鈴掛だったが、実際に任される仕事は雑用ばかり。しかも彼女は同じ女であるにも関わらず、女性を下に見ていて……?周囲に災厄をまき散らす、破滅直前の女たちを描いた“スカッと”系オムニバス第3弾!(この作品は、『破滅の花園』の、『のさばる自惚れ女【破滅の花園】(1)~(3)』をまとめたものです)
  • 咲き誇る自己卑下女たち【破滅の花園】
    2/23(金)発売予定

    登録すると発売日に自動購入できます

    400pt/440円(税込)

    初めての子育てに不安を覚えながら登園した真由(まゆ)に声をかけてくれたのは、ワーママの加藤(かとう)さんと家庭的な山下(やました)さん。なんとかやっていけそうとホッとしたのも束の間、「私なんか」「私なんて」と繰り出される“自虐風マママウント”バトルに巻き込まれてしまって……?周囲に災厄をまき散らす、破滅直前の女たちを描いた“スカッと”系オムニバス第4弾!(この作品は、『破滅の花園』の、『咲き誇る自己卑下女たち【破滅の花園】(1)~(3)』をまとめたものです)

レビュー

破滅の花園【合本版】のレビュー

平均評価:3.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 距離感
    うがさん 投稿日:2023/12/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 女子高に通っていた仲森響はある日、同じように女子高出身の加々島日菜子に声をかけられて一緒に行動するようになる。 最初は彼女と一緒のほうがいいのかもしれないと思っていた響だが次第に日菜子の行動に違和感を感じるようになる。 出会ってすぐに下の名前で呼び、腕を組み、口をつけた飲み物を勝手に飲む。 今まで周りにいなかったタイプだけに拒否感を感じることもあったが言い出しにくい空気になり……。 距離感が人によって違うのでこの人はちょっと…と思う人は自分のためにすぐにでも離れたほうがいいという教訓のような話だった。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ