マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックジュリアンパブリッシングG-Lish comics不意打ちの春雷【特典ペーパー/電子限定描き下ろし付き】不意打ちの春雷 下【特典ペーパー/電子限定描き下ろし付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

不意打ちの春雷 下【特典ペーパー/電子限定描き下ろし付き】

750pt/825円(税込)

150pt還元 (最大1,000pt)
4/26まで ポイント獲得4/27

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

八鳥椿は梅山蓮と小学生の頃から高校に上がった今までずっと一緒だった。両親のいない椿にとって、たくさんの慰めの言葉より蓮の存在が救いで、一番大切なもので、それはいつしか恋愛感情に変化していた。一度は椿をフったはずの蓮はなんの気まぐれかやっぱり椿が好きだと宣い、友達からのステップアップ計画を実行中。その一挙一動が自分を想ってのことだと理解すればするほどギシギシと痛んでいた胸はドキドキと高鳴ってしまう。「蓮を好きでいるのをやめたことなんてない」こうして、晴れて彼氏同士になった二人だけれどまた新たな問題が立ちはだかり……。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全2巻完結

  • 不意打ちの春雷 上【特典ペーパー/電子限定描き下ろし付き】

    700pt/770円(税込)

    140pt還元 (最大1,000pt)
    4/26まで ポイント獲得4/27

    梅山蓮と八鳥椿は小学生の頃から高校に上がった今までずっと一緒だった。椿の隣は蓮の特等席で、特別好ましい存在で可愛いと噂に聞くだけの顔も知らない女の子よりずっと。だからといって、だからこそ、この距離感を失いたくなかったから、椿からの告白を受け入れられることはなかった。「だって、お前は俺の友達だろう」それなのに蓮はあろうことか椿に恋をしてしまった。そして、ようやく気付くことになる。自分が椿に求めた“友達”という関係が椿の諦観と覚悟で成り立っていたということに。
  • 不意打ちの春雷 下【特典ペーパー/電子限定描き下ろし付き】

    750pt/825円(税込)

    150pt還元 (最大1,000pt)
    4/26まで ポイント獲得4/27

    八鳥椿は梅山蓮と小学生の頃から高校に上がった今までずっと一緒だった。両親のいない椿にとって、たくさんの慰めの言葉より蓮の存在が救いで、一番大切なもので、それはいつしか恋愛感情に変化していた。一度は椿をフったはずの蓮はなんの気まぐれかやっぱり椿が好きだと宣い、友達からのステップアップ計画を実行中。その一挙一動が自分を想ってのことだと理解すればするほどギシギシと痛んでいた胸はドキドキと高鳴ってしまう。「蓮を好きでいるのをやめたことなんてない」こうして、晴れて彼氏同士になった二人だけれどまた新たな問題が立ちはだかり……。

レビュー

不意打ちの春雷【特典ペーパー/電子限定描き下ろし付き】のレビュー

平均評価:4.7 38件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ぐぬぬぬー!!
    ちょこーぬさん 投稿日:2024/4/19
    めちゃくちゃモダモダするーーーー!! セリフの少なさで淡々と進む感じではあるのですが、それが余計に二人の距離感の近さを伺える。 が、しかし、そのおかげで拗れすぎちゃってる。 フッてフラれて相手の気持ちを知るってやつですね。 下巻待ち 遠しいー! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 最早もだもだすらも極上のスパイス
    きなこさん 投稿日:2024/2/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 先生の前作、僕たちは〜がツボだったので上下巻一気買いしました。いやぁ、アオハルだなぁー。最初から距離感近めで、だからこそステップアップが難しい関係だったと思うんだけど、思わずだったにしろ椿はよく頑張った!もしかして今の関係が壊れちゃうかもしれないっていう怖さもあっただろうけど、蓮には良いきっかけになりましたねー。それからの付かず離れずは焦ったくもあったけど、お互いの心理描写がしっかりしていたので納得しながら読むことができました。どっちの気持ちもわかるんだよー、お互いのことが大切でずっと一緒に居たい思いがあるから。2人ならカタチが変わったとしても、仲睦まじく隣にいるんだろうなぁ。告白は椿からだったけど、実は蓮の方がヤキモチとか愛が重かったり…実際、行動力は蓮のがありそうだから(感情がすぐ行動に出るタイプ、私の主観ですが)これからもそうやって椿にわちゃわちゃしていきそうだな。上下巻でスッキリ上手くまとまっていて読了感は良いです。絵もスッキリくどくなく、ドロドロもなし!嫌な奴もいません。上巻はプラトニック、下巻に最後あたりで大放出(といっても、ねちっこさはなくポジションやり取りすら可愛い)絡みは量があってナンボという私ですが、今作に関してはこれでとてもしっくりきました笑 幼なじみDK好きの方にはハマると思うので、オススメです! 続きを読む▼
  • (5.0) 作者さん買いです
    うめさん 投稿日:2024/2/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 つむじ先生のDKは可愛い。受け×攻め、モブさん達も毒気が薄くて読みやすいです。両親いない椿と母子家庭の蓮は、子供の頃から仲良しで、本人達だけ無自覚の両想い。椿告る→蓮ふる→蓮告る→椿ふる、という紆余曲折をへて、自他とも認める両想いになります。自覚に時間差があったり、言葉のあやを難しくとったりで、付き合うまでちょっとめんどくさい。残りの人生の長さからかおばさんは、ごちゃごちゃ言わずに早くくっついてイチャイチャしなさいよって言いたくなりますが、そこは若いDKなので。ちょっと意地を張ってみたり、本人に言えばいいのに他人には素直になれたり。恋バナ、楽しんでます。カップリングとしては、幼馴染ヘタレ攻め×男前受けかな。椿の言動に勝手に振り回されて、ともすればウザキャラの、落ち着きのない蓮が好きです。黙ってればカッコいいのかも、でも小学生みたいな喜怒哀楽の男子。将来に乞うご期待、ですね。つむじ先生のキャラでは、やっぱり黒髪攻めが好きかな。 二人を生暖かい目で見守ってる、モブの友人らも良いです。なので、全般心地よく読めます。蓮がナンパ女子に返す「デート中なのでむりです」が気に入ってます。可愛い〜 続きを読む▼
  • (5.0) 「好き」という霹靂に打ちのめされるDK
    ピカニキさん 投稿日:2024/3/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 『ボクたちはまだ青く』で宇宙を夢みるDKの恋と受験、『恋しいリバイバル』で高校の陸上部の先輩への憧れを描いた作者さまの今度のDKものは、幼馴染としての時間が長過ぎて恋人としての距離感がバグってしまう二人のお話です。天然爆裂でハ鳥椿への好意がダダ漏れの梅山蓮は、椿に距離を置かれて寂しい思いをしています。小学校からずっと一緒の二人、元は椿がぽろりと「好きだ」と言った言葉に「友達を失うのは嫌だ」と蓮が返したことから二人は元通りのようで元通りでないギクシャクした関係になってしまいます。椿が自分を好きでいてくれることはもちろん嬉しいけれど、それを前提としてしまうと「相手の好意につけ込んでしまう」のだと気づいて蓮は愕然とするのでした。そこから蓮は椿をずっと見ていたい、触れたことの無いところに触れたいという自分の気持ちに気がつきます。幼馴染DKの両片想い故に距離感を掴めないモダモダは、弓道部の椿の凛々しい姿を差し挟みながら、合宿、夏祭り、文化祭とゆっくり進んでゆきます。本人達以外はみんな二人は付き合ってると思っているご馳走様でハッピーなお話です。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ