漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

女帝 由奈 6巻

通常価格:
400pt/440円(税込)
(3.0) 投稿数19件
女帝 由奈(12巻完結)

作品内容

お水マンガの金字塔『女帝』シリーズのファイナルを飾る『女帝由奈』の第6巻。ソウルで名門の女子大に通う社長令嬢だった楡娜――その幸せな人生は、父親が事業に失敗して自殺したのを機に、突然暗転する。実はそれは全て大銀行頭取の鄭<チョン>一家の陰謀によるもので、恋人の俊秀<ジュンス>も鄭家の娘・成熙に奪われた。楡娜は、日本の夜の世界でのし上がり、「女帝」となって鄭一家に復讐することを誓う。新宿・歌舞伎町の韓国クラブ「カーニバル」に入店し、由奈の名で第一歩を踏み出した。由奈は、「地上げの帝王」こと大道寺会長の力を得て一流ホステスへの道を歩き始めたが、その矢先、大道寺は由奈に「日韓の懸け橋になれ」と言い遺して亡くなった。入国管理局の摘発をきっかけに「カーニバル」が閉店し、赤坂の「ステラ」に移った由奈だが、留学生査証<ビザ>の問題がなお胸にのしかかる。そこに現れた大道寺の弁護士・葉山と、日本での後見人である益子の2人が結婚を申し込んできた。強引な葉山ではなく、益子との入籍を選んだ由奈だが、不気味な電話が頻繁にかかってきて――。

作品ラインナップ  全12巻完結

レビュー

女帝 由奈のレビュー

平均評価:3.0 19件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) すき!
    ゆにさん 投稿日:2019/1/3
    私は結構好きな作品です。政治がもりもりはいっていて「?」になるときもありましたが、絵も綺麗だしスカッとしました!

高評価レビュー

  • (5.0) 韓国人設定必要かな?
    水のさん 投稿日:2015/11/23
    よくある話だし結末もなんとなく想像つくけれど続きを読みたい。過程をちゃんと知りたい。女が頑張る漫画はちゃんと全部読みたいですねやっぱり。
  • (5.0) 引き込まれます。
    ☆白兎☆さん 投稿日:2013/6/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 今までの女帝シリーズはドラマのみで楽しんでいました。読んだのは初めてですが、今までの女帝シリーズより女性向きの絵なので買いました。お話に引き込まれるので一気に買って読んでしまいました。冒頭で自分の半生を振り返るところで、名前が川島になってるんでホッとしまた。由奈の女帝への階段。これからまだまだ試練があるでしょうが楽しみです。 続きを読む▼
  • (5.0) 面白い
    〇とも〇さん 投稿日:2013/1/2
    絵が、綺麗でとにかく見やすい!内容も、解りやすく一気に読める一度読む価値有りです

広告掲載中タイトル

▲ページTOPへ