電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

CLAYMORE 1

通常価格:
371pt/408円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数95件
CLAYMORE(27巻完結)

作品内容

古より人が「妖魔」に喰われる存在であったこの世界。人は長く妖魔に対抗する手段を持てずにいた…。だが背に大剣を背負い、妖魔と戦い続ける一人の戦士が現れ…。「クレイモア」と呼ばれる少女の戦いが始まる!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全27巻完結

  • CLAYMORE 27
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    クレアとラキにより粉砕されたはずのプリシラは、深淵たちをとり込み復活。肉体も妖気も限界を超えたクレアは、自らの覚醒を決断する。だが、その身に起こったのは…? 長き戦士たちの闘い、堂々の完結!!
  • CLAYMORE 26
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    覚醒者に襲撃された聖都ラボナでは、クラリスがミアータの暴走を阻止するため、命を散らした…。一方、プリシラはダーエから「自分を殺す戦士の出現を望んでいる」と指摘される。戦士とプリシラの対決が迫る!!
  • CLAYMORE 25
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    プリシラの前に新たな力を持つ者が出現。それはかつての西の深淵・リフルに似た姿を持ち…。両者は凄まじき戦いを展開。一方、カサンドラの聖都接近を阻むため、クレアたち戦士は覚醒者と共同戦線を張るが!?
  • CLAYMORE 24
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    新たなる深淵が聖都ラボナに迫る。その最中、ラキはクレアの救出に成功。ついに再会を果たした! だが喜びも束の間、プリシラも再び動きはじめ脅威は加速する。 また男性の覚醒者2体がラキの前に現れて…!?
  • CLAYMORE 23
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    組織が甦らせたかつてのナンバー1、三体全てが覚醒、新たな深淵と化した! うち二体の激闘の中、戦士たちはミリアを中心に別の一体・ヒステリアの打倒を狙う。凄まじき空中戦の末に、新たな時代が始まる!!
  • CLAYMORE 22
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    ついに組織打倒へと動いたミリアと現役戦士たち。一方組織は歴代ナンバー1の戦士3人を甦らせ、戦士の討伐を画策。ミリアらが苦戦を強いられる中、復活した歴代ナンバー1の一人・カサンドラが覚醒し…!?
  • CLAYMORE 21
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    ミリアを追い組織の打倒に向かうデネヴたちは、途中新世代戦士と合流、妖魔の製造施設を破壊する。対する組織は、更なる力を持つ者の開発を急ぐ…。そんな中、彼らの前に粛清されたはずのミリアが現れ──!!
  • CLAYMORE 20
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    逃げる事も叶わぬ程の圧倒的な力を見せるプリシラ。死地の中、クレアは自らラファエラとルシエラの融合体に飲み込まれる。一方聖都ラボナのミリアは、単身組織を潰しに向かうが、組織の戦士たちに倒され…。
  • CLAYMORE 19
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    アリシア&ベスがリフル討伐中、ラファエラとルシエラの融合体が恐るべき破壊者と化す。この凶事の最中、遂にプリシラが目覚め圧倒的力で三者を瞬殺、クレアの前に現れた! クレアは決死の覚悟で挑むが…。
  • CLAYMORE 18
    登録して購入
    通常価格:
    380pt/418円(税込)
    クレアはラファエラの精神世界で彼女と対決、その感情と記憶を受け取った。この後、ラファエラはルシエラと真の覚醒を遂げる。一方、西の深淵・リフルの前にはアリシアとベスが。かつてない大戦が開幕する!!

レビュー

CLAYMOREのレビュー

平均評価:4.7 95件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) もう大興奮
    takaさん 投稿日:2021/6/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 最終巻に向かうあたりの、覚醒者たちのオンパレード… もし絵が描けて、あんなキモいクリーチャーばかり生み出せたらとっても気持ちいいだろうなぁ 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) シンプルな想いに弱い☆10
    もんたちさん 投稿日:2018/10/30
    大人になって色々経験すると、あーだこーだ言ったり複雑な想いが絡んできたりすることある。 そして、生きてくためにはある程度強い気持ちを持たなければならないので、自分でも色々塗り固めてわけわからなくなったりする。 でも、実際突き詰めてみると 、たったこれだけがあれば、とか、これだけ言ってもらえれば、もうそれだけで充分だったりする。 そんな童心に帰るかのようなシンプルな想いを物語で表現されると、グッときて弱かったりします。 さて、この作品の作者の八木さんがファンタジー描かれるとのことで、エンジェル伝説の日常系からそういう方面かぁと最初はどうなんだろって思って読んでました。 世界観は最初受け付けなかったけど、皮肉が効いてる会話や謎の部分も相まっていつの間にかどっぷり。 明かされていく真実、そして非情なる現実。 そこにシンプルな想いと感情が表現されファンタジーものなのに鼻をたくさんかんじゃいました。 私の中でというお粗末な評価ですが、数少ない☆10です。 時間とポイント、クーポンがある人向けです。 読み出すと途中で止めるの無理でしょうからね。 ただ、一度読んだ後に人物関係がわかった上で読み返すのも面白いので、2回目3回目と何度も楽しめるのはむしろ安いかもしれません。 どのキャラも好きなんだけど、圧倒的にテレサ好きです。 序盤に出てくるテレサで完全に掴まれました。 面白く読んでたけど、ずっとその想いが消えず読んでました。 もっとみる▼
  • (5.0) 面白い!
    まいさん 投稿日:2016/5/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 読み進めるうちに、どんどん引き込まれていきました!バラバラだった戦士たちに絆が生まれてくる辺りからはもう夢中で読んでました!! 戦士がほんとうにたくさん出てくるにもかかわらずひとりひとり違った魅力があって、そのバリエーションを考える作者の方は凄いなぁと思います。 出てきてすぐに死んでしまうキャラですら最後まで心に残っている人がたくさんいます! たまにこれ誰だっけともなるのですが(笑) グロいという意見もありますが、個人的にはそこまでではないかなと。(人が切られたり血がでるのがダメな人は難しいかもですが) とりあえず1冊、いや、3冊は読んでみてほしいです! 北の戦乱後の覚醒者というかプリシラが強すぎてどうなるんだろうと心配になりましたが、そこはラストに向かってしっかりと伏線が張られていて緻密な構成にも感激しました 全て読み終わって初めてこの構成が作り上げられてたのか!と納得してしまいました(*^^*) 伏線放置で終わる作品も多い中、見事に回収して終わったラストも清々しい気分にさせてくれます。 ・覚醒者は戦士の時の強さで決まる。 ・プリシラ覚醒時はテレサのほうが強い。 ・双子の戦士の仕組み。 ・クレアはテレサの血肉を取り込んでいる。 続きを読む▼
  • (5.0) クレイモア47
    ジュカさん 投稿日:2017/10/2
    ガールズバトル系で27巻と大作に避けてましたが、お試し6巻を機に、全巻1気読み(笑) 皆様のレヴューの高さも納得な名作でした No.1〜47までいる女性戦士たち(クレイモア)が、人間を喰らう妖魔を倒してゆく大筋に、孤児の少年ラキ の成長を絡め、主役クレアのシビアな闘いを、透明感ある美しい画力で描くストーリー ファンタジー要素満載で世界観もシッカリ クレイモアたちは髪型で見分けるしかナイですが、性格は各々描き分けられてますし、脇キャラも背景まで描きこまれ、27巻通して、中弛みも無いです コレはなかなか。。。もし男性(もしくは少年)でクレイモア47だったら、北斗の○ンやベ○セルク並みに評価されてたかも いやいや、ブラコン拳や戦乙女ガッツ(私にはそうとしか)より、クレアたちのほうが、はるかに武士魂持ってますね 死して屍拾う者無し的な、冷徹なまでの過酷過ぎる状況下、9巻あたりから共闘するなど、人間らしい感情の交わる瞬間が、闇夜に1閃鮮烈な光を放つ稲妻のように、切なく美しいです ドシリアスな長編ストーリーでしたが、読後感はスッキリ 名作間違いなしです もっとみる▼
  • (5.0) もはや漫画ではない
    +hiro+さん 投稿日:2020/7/25
    これは素晴らしい! まず次々と美少女戦士たちが登場。 ナンバーで格付けされ、強弱あるけど個性的。 最初は機械的な彼女たちだけど、読み進みにつれ一人一人が信念を感じさせる。そして強いだけじゃなく、弱いところや可愛いところが有ったりして、 この作者は心をくすぐるツボを心得てるなーという感じ。 難点は登場人物が多く、判別が初見では難しいことくらい。その辺は髪型とナンバーで判別を笑 そしてこの手の漫画は得てしてストーリーが難解だったり、中途半端だったりするものだけど、この作品はそんなことはなく20巻過ぎたあたりからの終息に向かう展開は圧巻。遠い昔にちりばめられた伏線が、何一つ落とすことなく回収されながら、少女たちの心情の変化を交えながら、綺麗に終わった展開も作者の技量を感じさせます。 ともかくもはや漫画の域を超えこれは芸術作品に近いです。 もっとみる▼
  • (5.0) 漫画なんか…
    エディさん 投稿日:2021/1/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 少年ジャンプ系はずーっと大好きでした、もちろん。でもわくわく、ドキドキしても泣く事は無かった。しかし漫画如き(失礼)って思っていながらも泣きました、ジーンの自己犠牲愛に…(本泣きしました)。大人の自分が漫画で初めて本泣きした、もうそのあとは怒涛の様にクレイモアを読み続けました。そのあと始まったアニメもリアタイで観ました。こんなに漫画に注力させられたのは初めてでした(スラムダンク、ドラゴンボール、幽遊白書等々よりも)かくして私にはこの漫画は先の名作を超え別格となりました。初頭の設定からあった通りいつかはテレサが…と期待しながら読みふけっていたら満場一致の最強な現れ方をし、キター!ってなりました。テレサ最強、恰好良すぎ…機会あればこの完結版のアニメを観てみたいです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 半人半妖の女戦士
    「エンジェル伝説」の作者、八木教広氏が描く新たなファンタジー漫画です。人間を捕食する妖魔と、それを倒すために生み出されたクレイモア・クレアの姿が、美しい絵柄で描かれています。半人半妖であるが故の苦悩や葛藤、過酷な運命を背負いながら、クレアは戦い続けます。2007年にはアニメ化もされており、その独特な世界観とストーリーは多くの人を魅了しました。女戦士たちが多く出てくる作品なので、八木教広氏の作画力も相まって、戦闘シーンなんかは特に画面が華やかです。こちらは完結済みの作品なんですが、最初から最後まで話がとても綺麗に纏まっています。是非この機会に、纏めていかがでしょうか。
    編集:アロマオイル
▲ページTOPへ