漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

ダンダリン一〇一

通常価格:
700pt/770円(税込)
(4.3) 投稿数6件
ダンダリン一〇一(1巻完結)

作品内容

労働基準監督官を知っていますか? ――労働基準監督官は、労働者の保護を職務とする、いわば「労働Gメン」だ。なかでも段田凛(だんだ・りん)と先輩・土手山(どてやま)のコンビは極端に熱心。タチの悪い社長には逮捕で臨むなど、監督官の権限を限界まで使い切るほどイケイケだ。彼ら監督官の活躍と七転八倒を描くこの作品は、「はたらく人」必見の新ヒーロー物語だ!

作品ラインナップ  全1巻完結

レビュー

ダンダリン一〇一のレビュー

平均評価:4.3 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) やっぱ原作
    ゴウさん 投稿日:2019/10/6
    メディアから原作へ入ったので、どうかなと思ったけど、やっぱ原作が面白いからメディアが面白かったのかー。と納得した作品です、

高評価レビュー

  • (5.0) 1巻じゃ足りない
    モー子さん 投稿日:2019/8/15
    おもしろい!! 続編ほしい!! ドラマの原作に選ばれる価値あり
  • (4.0) うん
    ラッキーさん 投稿日:2016/1/18
    とても勉強になりました。 まあ一回読んでみてくださいな。 オススメです
  • (4.0) 原作の味
    Levさん 投稿日:2013/12/22
    ドラマ化された作品ですが、原作ではキャラやストーリー等がやや変わっているんですね(原作の方が主人公・段田凛のエキセントリックさは控えめ。気が短い所は一緒のようですが:笑)。 いわゆるお仕事モノですが、ひたすら真っ直ぐ前を突き進むヒロイン の姿が素敵です! もっとみる▼
  • (4.0) 労働問題入門としても
    グリロさん 投稿日:2013/10/2
    ドラマ化を期に作品を知り、購入。 仕事上若干接点がある世界ですが、こんなイケイケの労基署、現実にあるのか? とツッコミながらも一気に通読。 監督官たちの行動のリアリティはさておき、労基署の権限とその限界が余さず描かれ、また労働問題をめぐる機 微の一端をリアルに覗くことのできる佳小編。今働いている人、将来の仕事のことで悩んでいる人、人を雇う立場の人、すべてにおすすめします。学ぶところ、考えるところが多いはず。 ただ、ラストは減点材料か。リアルであるが故に、読後にやりきれなさが残る。 もっとみる▼
  • (4.0) ダンダリン?
    ねこちゃんさん 投稿日:2013/9/14
    題名みて呪文?何?と興味を引かれ購入。ヒロインの名前でした熱血漢のヒロインと一癖二癖あるも熱い同僚労基Gメン!の活躍、読んでて爽快です。 男性コミックの特徴か?私には線が多い絵に感じられちょっと苦手なので-1に…内容は5です!二巻?続き 待ってます。 もっとみる▼

青年マンガランキング

▲ページTOPへ