マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガ秋田書店チャンピオン REDチャンピオンREDコミックス絢爛たるグランドセーヌ絢爛たるグランドセーヌ 25
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
絢爛たるグランドセーヌ 25
青年マンガ
絢爛たるグランドセーヌ 25
25巻配信中

絢爛たるグランドセーヌ 25

660pt/726円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

ずっとバレエをしていきたい…。悩みがありつつも、夢と希望にあふれた留学生活を送っていた奏だったが、コロナ蔓延という予期せぬできことで学校は閉鎖、帰国しての外出自粛という毎日を余儀なくされてしまった。踊りたいのに踊れない、皆に会いたいのに会うこともできない。先の見えぬ闇の中で、それでも奏はバレエへの愛を燃え上がらせる!

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  25巻まで配信中!

  • 絢爛たるグランドセーヌ 21

    640pt/704円(税込)

    サマー・パフォーマンスにて、アビゲイル・ニコルズ振付の『パエトーン』第二幕一場面「地上にもたらされる大災厄」抜粋シーンを踊ることになったロイヤル・バレエ・スクールの生徒達。奏は地母神ケレス役、他の生徒は大地の精役に抜擢される。尊敬するアビーの自身に対する期待と配慮を察した彼女は、今回が来年度の奨学金を得る好機だと考え、レッスンに励むが…。
  • 絢爛たるグランドセーヌ 22

    640pt/704円(税込)

    サマー・パフォーマンス、始まる!! 奏ら、ロイヤル・バレエ・スクールの生徒達は、サマー・パフォーマンスにて、アイリッシュ・ダンスに『パエトーン』、『ENCOUNTER』、『ラ・フィーユ・マル・ガルデ』、そして締めくくりにデフィレと、5作品の演目を踊ることに。しかし、初日は生憎の雨だった…。
  • 絢爛たるグランドセーヌ 23

    640pt/704円(税込)

    英国ロイヤル・バレエ・スクールのロウアー・スクール10年生に一年間の編入留学をしている有谷 奏。足の不調により、サマー・パフォーマンスで地母神ケレス役を降ろされ、ロイヤル・バレエ団本公演『パエトーン』の出演にも選ばれなかった奏は、アビゲイル・ニコルズ先生の評価を得られなかったと考える。さらに、彼女は家庭の経済的な事情で11年生に進級できないかもしれないと思い悩むが…。 バレエ界も大絶賛の次世代青春バレエ・ロマン第23巻!!
  • 絢爛たるグランドセーヌ 24

    640pt/704円(税込)

    お互いを意識し、恋心を抱くようになったレベッカとマット。しかし、ロイヤル・バレエ・スクールでは恋愛は禁止、そして一番の目標はプロのバレエダンサーを目指すことなのに、それに集中できなくなるのではと思い悩むレベッカ。そんな中、キーラの振り付けでレベッカとマットはパ・ドゥ・ドゥをすることになり…。
  • 絢爛たるグランドセーヌ 25

    660pt/726円(税込)

    ずっとバレエをしていきたい…。悩みがありつつも、夢と希望にあふれた留学生活を送っていた奏だったが、コロナ蔓延という予期せぬできことで学校は閉鎖、帰国しての外出自粛という毎日を余儀なくされてしまった。踊りたいのに踊れない、皆に会いたいのに会うこともできない。先の見えぬ闇の中で、それでも奏はバレエへの愛を燃え上がらせる!

レビュー

絢爛たるグランドセーヌのレビュー

平均評価:4.4 153件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) リアルすぎて辛い!
    わんころもちさん 投稿日:2024/5/10
    まだまだ最近の出来事だからこそ胸が締め付けられる回だった…。踊ることは不要不急なんかじゃないよね…。ただ、相変わらず前向きに努力する奏の姿には元気をもらえる!みんながまた思う存分踊るところを早く見たい!!

高評価レビュー

  • (5.0) バレエを観るのが楽しくなる作品
    Hanaさん 投稿日:2022/9/27
    漫画とは全然違う地元密着バレエ教室だったけれど、11年通っていたあの頃の気持ち、を思い出しました。これが普通のバレエ漫画とは違うのは、主人公が小学生の時から始まり、進歩の経過が丁寧に描かれているから、一緒に成長していく感じがいい。競争や持っ て生まれた才能、環境の違いとか、もっとドロドロしそうだけれど、主人公がひたむきで、可愛くて。。作品の背景や、このパが見どころなんかも要所要所で触れてあって、これを読んだらバレエを観るのがすごく楽しくなると思う。これを読んで、久しぶりにチュチュの手触り(意外と痛い。)新しいトーシューズの匂い(皮の匂い)を思い出して、キュンとした。50過ぎた今でも、40年前に夢中で覚えた4羽の白鳥やオーロラの振りは忘れない。 もっとみる▼
  • (5.0) 惹き込まれました。
    gooskaさん 投稿日:2019/2/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 今まで見てきたバレエ漫画とはだいぶ違います。主人公と、よく出来るライバルとの勝負みたいなものではなくて、共に上を目指すダンサーの卵達が刺激し合って成長して行くストーリー。 トゥシューズのお手入れ方法とか、留学を視野に入れてプロを目指す少女達の気持ち、それを理解し、援助する家族、スタジオの先生、経済的な苦労など、普通では得られない部分の話が盛りだくさんで、それも楽しいです。 普通なら、同世代のライバル達に競争心でガチガチになるところを、奏は刺激し合う仲間として迎え入れます。バレエが大好きで、研究熱心で、はまって行く主人公が魅力的。 かなりしっかりした取材がされた作品のようで、見応えがあります。これからの展開も楽しみにしています! 続きを読む▼
  • (5.0) なんだかこっちまで応援している
    いちょうにりんごさん 投稿日:2019/8/1
    バレエをする人たち、男女問わず子供も大人もみんな生き生きしていて、バレエが本当に好きなんだなって伝わる。主人公の奏、その友達、戦友というライバル、先生たちはそれぞれ家庭環境や色んな事情があって衝突しちゃうことがあっても、みんな憎めずどうにか ならないかと思ってしまう。漫画なのだけれども現実は甘くない、乗り越えなくちゃいけない壁はあることもヒシヒシと考えさせる。バレエに限ったことではなく、大好きなものや夢のため、お金や時間、家族の支援、チャンスなどは必要だと思い知らされる。でもピンチの時やピンチの後にでも、希望を捨てないまだできることはあると明るくめげない主人公には本当に読んでいるこちらまで励まされる。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

バレエの面白さ
編集:クリアブラック(シーモアスタッフ)
Cuvieが描く、バレエ(ダンス)青春マンガです。小学生の奏が、近所のお姉さんのバレエを見て、自分も始めるというストーリーですが、バレエの演技や練習の描写が上手く、日頃バレエとの接点が全くなくても、バレエの魅力や面白さが伝わってきて、いつか本当のバレエも見てみたいと思いました。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ