漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
この巻を買う/読む
会員登録して購入

俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで(1)

通常価格:
200pt/220円(税込)
(3.3) 投稿数35件
俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまで(10巻配信中)

作品内容

夏の外回り…不意の雨…課長の背にハッキリと浮かびあがるアレは…ブ…ブラ線――!!!衝撃の真実に思わず背後から触診!甘い悲鳴を漏らす課長!不安そうな瞳で「この事は…ふたりの秘密にしてくれないか…?」なんて言われた日には俺、日野守は…夢精せずにはいられない…っ!『天然』猫田課長に次々と襲い掛かる、ブラ男バレの危機に日野が燦然と立ち向かう…!ノンケ?リーマンふたりの守ってあげたいっ!社会的生死を賭けたドタバタ守従劇!!「だけどいつか…この人を、丸裸にしてやりたい…」

作品ラインナップ  10巻まで配信中!

レビュー

俺がブラ男課長を守ると決めた日から丸裸にするまでのレビュー

平均評価:3.3 35件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 続きが読みたい!
    そらさん 投稿日:2020/3/13
    絵が好きで何となく1巻を購入してみたのですが、予想をはるかに上回る面白さでした!ノンケ同士が恋に落ちてく感じがリアルでドキドキするし、萌えも満載でキュンキュンきます。ただ、ずいぶん前から新刊が出なくなっている…!? 続きを是非ともお願いしま す! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) よかったです
    みかんさん 投稿日:2015/9/16
    面白かったです!続きがきになるところで終わりました!買おうかなぁー
  • (5.0) かわいいおっさんをマモルくん!
    Mayakashiさん 投稿日:2015/7/14
    ずっと気になってたんですけど、すっごい面白かった♪ 絵は綺麗で話も面白いし、多々ギャグな感じも大好きです。 他レビューにもある通り、ページ数のわりに値段が高いと批評されていて、作品の評価☆数に値段の評価が影響されているのが残念です!値段 は作家さんが付けているわけじゃないでしょうから...。個人的には1巻150ページ前後で700円くらいだしてハズレた時の方がアチャーとなります。が、こちらは高いな!と思いつつもアタリだったので後悔はないし、続き早く読みたいです♪ もっとみる▼
  • (5.0) 課長の色気たっぷり
    佐吉さん 投稿日:2015/4/17
    とても綺麗な絵柄であるからこそ、内容とのギャップに衝撃を受けます。 ブラ男課長の色気にあてられて、日野くんの変態度が上がっていく様子はとても面白くポップで笑えます。 ただ単にギャグというわけでもなさそうで、 今後どうなっていくのか読め ません! もっとみる▼
  • (5.0) ハマりそうな予感。
    あみさん 投稿日:2014/11/1
    綺麗な絵とは裏腹な内容ですが、めちゃ面白いです。シリアス?と、ギャグの狭間を行ったりきたりしてます。主人公も課長もいい味出してます(変態風味)これからどんな展開になっていくのか凄い楽しみ。課長がブラを着けている理由が、BL界ではよくある、過 去のトラウマによるものだったりするのか?とか思ったりもしましたが、そんな壮大なネタふりではなさそうです。好き嫌いは分かれると思いますが、この物語の面白さは読んでみてもらうのが一番だと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) ヤバイ!好き!
    まっきんがむさん 投稿日:2014/10/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 久しぶりにどハマりしそうな、私好みの爽やかタッチしっかりエロスでした! 立ち読みして頂けたらわかりますが、絵が相当上手い方なので、課長が女顏風なのが嫌でなければ一度読んで頂きたいです。 テーマはありがち?な感じがしたんですが、見せ方がとてもいいので、変態くささのある攻めと爽やかな登場人物達がマッチしてます! 早く続きが読みたいので! 更新お願いします!! 続きを読む▼
スタッフオススメ!
  • サラリーマンBL
    主人公の日野守32歳はサラリーマン。数年ぶりにしてしまった夢精の原因は、男性である課長!課長は美しい線の細い美人ですが、もちろん男性。日野は落ち込んでしまいます。すべてはあの雨の日に、課長のYシャツからブラが透けていた「ブラ透け事件」のせいだと日野は思い悩みます。冒頭から夢精、と少し生々しいいシーンで始まるBL作品ですが、登場人物は美しく描かれているので、BLに慣れない人でもスムーズに読み進められます。ここから、日野はどうやって自分の気持ちを認めていくのか、課長は日野の気持ちにどうやって応えてくれるのか、目が離せません!新が原作、新人ピス☆タチオ作画です。
    制作:そのめろ
▲ページTOPへ