漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

祈る人-完全版-

通常価格:
876pt/876円(税抜)
(4.3) 投稿数4件
祈る人-完全版-(1巻完結)
作品内容

「滝野…お前っていっつも何を祈ってるの?」高校の卒業式を翌日に控えたある日、視聴覚室の暗闇の中で深町が発した思わぬ問いかけ…そしてふたりの苦悩とあきらめの日々は終わりを告げ、新たな煩悶と葛藤の日々が始まった―。BLコミック界屈指のヒューマンストーリーテラー、深井結己の原点であり、まぎれもない代表作のひとつである至高のマスターピースが装いも新たに待望の完全復刊!!思いの丈の詰まったたっぷりメモリアル描き下ろしに加え、幻の麗人デビュー作「ハルバート回廊の幽霊」も収録したファン必携の豪華プレミアム・イシュー!!!

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
祈る人-完全版-のレビュー

平均評価:4.3 4件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) だいぶ
    ももろーさん 投稿日:2017/2/13
    長い年月をかけての作品だったので、最初と最後の方ではかなり絵の感じが違ってますね。滝野は後の方が好きですが深町は最初の方が男らしい顔で好きです。後の方だと大分可愛い男になってる感じ。 当て馬川田がちゃんと二人の絆に敗北するまで描いてほしか ったかな・・大分失礼な奴なので。 母の事や深町の事で滝野が傷ついている姿には胸が痛みました。深町が卒業して、ばあちゃんをしっかり見送った後の二人のラブラブ同棲生活を是非読みたいです。 もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0)
    きなこさん 投稿日:2015/12/8
    かなり前の作品なので、絵が古く感じますが、二人の仲が良くて安心して読み進められます。
  • (4.0) 恋と家族、愛しさと切なさのお話。
    lvivさん 投稿日:2016/4/22
    表題作300ページ+古い短編1話収録。 哀しみを抱える静かな滝野とアホさが可愛い元気な深町。 組み合わせが可愛い。 主人公が切なくて涙が出そうになるが、ばあちゃんを選ぶとこに心が暖かくなった。 せっかくなら深町卒後の生活や2人の将来 の話も見たかったな。 主人公には逆もぜひ楽しんで欲しかった。残念。 表題作自体古い作品のようで、数年かけて描いた短編の連作を一冊に纏めたものみたい。そのせいか一冊全体を通しての盛り上がりはあまりなく、淡々とした印象が残る。 ケータイより家電で、メールがないのが当時を反映して懐かしい(笑) 同収録の古い短編はSFもの? ちょっと判り難いけど、不思議なトーンが心地良い切なさが残るお話。 もっとみる▼
  • (4.0) 意外!でも面白かった!
    AshNYさん 投稿日:2015/9/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 深井さんの作品というと、いつも重くて、ハードで、心えぐられるような作品のイメージなんですけど、今回のは全然違いました。 お話、面白かったです。設定や背景はいつもの如く厚いんですけど、ものすごいスピード感とパワー溢れるお話。思いのぶつけ方も、若いから遠慮なしに超豪速球を目の前からぶつけてくるので、爽快で読んでて笑っちゃう位気持ち良かったです。 強いて欲を言えば、もう少し遠距離になったが故の生活の違いとか、滝野とお母さんのお話をもうちょっと読みたかったかなっと。もぅ2人の絆が強すぎて、すぐに仲直りしちゃうのが微笑ましくもありながら、ちょっと簡単かなと。まぁそれだけ2人の絆が強いのはいい事なんですけど。なので、後1.5倍位の長さで読みたかったです。でも、多分私が読んだのが完全版を一気読みだったので、それもそういう印象が残った理由なのかもしれないとも。とにかく先が気になって気になって本当一気読みしたので。 正直、あまりこういうのは書かれない方だと思ってたので意外でした。もぅこれで完結なんですよね。残念。もぅちょっと先迄読みたいです。深町の婿入りまで。 読んで良かったです。また読み直そうと思います。今度はじっくりと。 ますます深井さんのファンとなりました。 続きを読む▼
広告掲載中タイトル
▲ページTOPへ