漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
ファンタジスタ 23巻

ファンタジスタ 23巻

通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.9) 投稿数32件
ファンタジスタ(25巻完結)

作品内容

アテネ五輪・準決勝で南米の王者・ブラジルと対戦した日本チームは、敵フォワードのコンビネーションプレーに翻弄され前半15分で早くも2失点していた。そしてやっと訪れた反撃のチャンス、沖田は敵のフィールドに深く攻め入りながらもなぜか苦悩していた。パラグアイ戦で、轍平とプレーのイメージをシンクロさせたことが忘れられなかったのだ。そのことにより、轍平に敗北感を感じた沖田は、自分のプレーで点を返すことに固執し、強引な個人プレーをくり返すが…

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全25巻完結

  • ファンタジスタ 21巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    1年半ぶりに轍平が日本に帰国した!オリンピック本選での全日本メンバーとして、日本サッカー協会に呼び戻されたのだ。空港に降り立った轍平は思いがけなく大勢のマスコミに囲まれて戸惑ってしまう。ACミランのトップチームに昇格したことが日本で話題になり、轍平は一躍時の人になっていたのだった。凱旋帰国ともてはやされるなか、昇格はしたが何の結果も残せていないという思いでいっぱいの轍平は浮いた気持ちにはなれなかった…
  • ファンタジスタ 22巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    アテネ五輪の本戦前の壮行試合で、ミスを連発した轍平は本戦のスタメンを外されてしまう。だが、代わりに起用された沖田の活躍で、日本は本戦決勝トーナメントに進出。しかし、初戦の相手は皮肉にも沖田がリーグでプレーしていたパラグアイ。キックオフ後、沖田がドリブルで攻めあがると、沖田と深い因縁を持つMF・ガマーラがマークしてきた。沖田の脳裏にパラグアイ時代の辛い記憶が蘇ってくるが…
  • ファンタジスタ 23巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    アテネ五輪・準決勝で南米の王者・ブラジルと対戦した日本チームは、敵フォワードのコンビネーションプレーに翻弄され前半15分で早くも2失点していた。そしてやっと訪れた反撃のチャンス、沖田は敵のフィールドに深く攻め入りながらもなぜか苦悩していた。パラグアイ戦で、轍平とプレーのイメージをシンクロさせたことが忘れられなかったのだ。そのことにより、轍平に敗北感を感じた沖田は、自分のプレーで点を返すことに固執し、強引な個人プレーをくり返すが…
  • ファンタジスタ 24巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    アテネ五輪・準決勝の対ブラジル戦。足のケガで退場した沖田に代わりピッチに復帰した轍平は、0-2の逆境から自らの2得点で試合を振り出しに戻す。さらに試合終了間際、強風という不利な要素を逆に利用した起死回生の逆転ゴールを決め、ついに王者ブラジルを下す!!そんな轍平のプレーをスタンドで観戦していたマルコたちイタリアチームは…
  • ファンタジスタ 25巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    アテネ五輪サッカー決勝・日本―イタリア戦。1対1の均衡の中、ついにボールが“イタリアの至宝”マルコの元に渡った。FWでありながらなぜか自陣の深い位置にいたマルコは、そこから前方に向けて高々とボールを蹴り上げる。フィールド上にいる誰もが意味のないプレーと受け止める中、轍平はその弧が描くファンタジーを予感し、激しく戦慄する…

レビュー

ファンタジスタのレビュー

平均評価:4.9 32件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) ミスター味っ子みたい
    えみさん 投稿日:2020/8/2
    サッカー漫画は数あれど、これはオオアジタイプの漫画です。アオアシが好きな私にはファンタジーに見える

高評価レビュー

  • (5.0) やっぱいいわコレ
    カーメロ・アンソニーさん 投稿日:2010/4/22
    必殺シュート、トンデモ技、その他ワケワケメなプレー一切無し 戦術や選手の特性、近代のサッカーがどんなモノかということを丁寧に描写し、説得力のある内容に仕上げてます。 一番良いのは作者が「ファンタジスタ」というものをきちんと理解して、なおかつ 読み手に解りやすく描いてる点。そして主人公のファンタジスタ、坂本轍平がどんなプレーをするのかというワクワクが止まらない。最高のサッカー漫画です。 もっとみる▼
  • (5.0) 離島で一人、
    ユウさん 投稿日:2020/6/28
    サッカーの腕を磨いた坂本轍平。その姉、坂本琴音は県立水本高校サッカー部の監督。ある日、水本高校は名門:帝東高校と練習試合をしていたが敗色濃厚。そこに轍平が現れて…。サッカーマンガの旗手:草場道輝先生のサッカー愛溢れる作品。ちなみに琴音先生は 相当可愛くて、あらゆるマンガの女性キャラの中でも個人的に相当お気に入りです! もっとみる▼
  • (5.0) ブラヴォ
    ジゼルさん 投稿日:2009/1/19
    このワクワク感は、正にファンタジスタ達のプレーを観ているのと同じ サッカーに詳しくなくても、丁寧に説明が入るし、テッペイと一緒に成長している感じで楽しい それにしても、パス一つにも、そんな意味や情報が込められているのかと、目から ウロコ。 益々、サッカー観戦が楽しめそうです。 もっとみる▼
▲ページTOPへ