漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

野ブタ。をプロデュース

通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.9) 投稿数8件
野ブタ。をプロデュース(1巻配信中)

作品内容

学校の人気者・桐谷修二(きりたに・しゅうじ)の前に現れた“モサイ・ブサイク・暑苦シイ”三拍子そろった転校生・野ブタこと小谷信太(こたに・のぶた)。「人気者になりたい!」という野ブタを変身させるべく、修二はプロデュースを開始した。なぜなら、野ブタに昔の自分を重ねてしまったから――。もろくあいまいな、そして温かい高校生の友情を鮮やかに描き出した、大ヒット小説の完全漫画化!!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 野ブタ。をプロデュース
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    学校の人気者・桐谷修二(きりたに・しゅうじ)の前に現れた“モサイ・ブサイク・暑苦シイ”三拍子そろった転校生・野ブタこと小谷信太(こたに・のぶた)。「人気者になりたい!」という野ブタを変身させるべく、修二はプロデュースを開始した。なぜなら、野ブタに昔の自分を重ねてしまったから――。もろくあいまいな、そして温かい高校生の友情を鮮やかに描き出した、大ヒット小説の完全漫画化!!

レビュー

野ブタ。をプロデュースのレビュー

平均評価:3.9 8件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 下駄を履くまで…
    茗荷谷太郎さん 投稿日:2012/8/1
    原作もドラマも知らない身で読み始めた私としては、あまりの主人公の鼻持ちならなさに、正直、パック買いした事を後悔しました。実際、徹底して“自分”というものを演技の向こうに隠し続けて、それを見抜けない周りの人間達を馬鹿にする態度が気に入らず、拒 否反応バシバシで、購入後半年以上、放置していたほどです。 しかしながら、ダウンロード期限が迫る折、使ったポイント勿体なさに、意を決して読み進むうちに、主人公とノブタ(もう一人の主人公)の絡みに引き込まれ、最後には、人間同士の付き合い方を180度変える決心した主人公に声援を送りたい気持ちになりました。 ただ、画面的に読みづらく、スマホユーザーでない人間には不向きな仕様だったのが残念です もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) これはこれでアリ
    タケゾウとオツウさん 投稿日:2010/10/8
    原作を見ておらず、ドラマから知りました。修二と彰の二人が好きでした。ノブタは女の子だと思ってました。 ……うん、ドラマとはあまりにかけ離れた内容で、正直、驚いています『懐かしい』と思わず購入したもので、最初はあまりの違い様にビック リ&軽くショックだったけれど、これはこれはこれで面白いです。修二のキャラも人間くさくてとても好き。あまりドロドロし過ぎないところも好感もてます☆ もっとみる▼
  • (5.0) 自分が
    みづき翔さん 投稿日:2012/1/22
    虐められてた頃を思い出して 泣きそうになりますね(^_^) あたしも…翌年のクラス替えから自分で自分をプロデュースしましたもん(汗) 着ぐるみを着てる修二の気持ちが痛いくらいわかります… あたしは原作は読んでなくドラマだけだったけど …男女でやってたドラマよりも中身がある感じですね 読んでよかったです もっとみる▼
  • (4.0)
    なな⊃さん 投稿日:2009/5/8
    懐かしいからつい買ってしまいました。 人気者になりたい人をプロデュースする!!イケメンの男が野ブタをどうプロデュースするのかが気になりつい見てしまう。。
  • (4.0) 面白い
    ナカシンさん 投稿日:2009/1/15
    ドラマとは展開が違いますが個人的にはこちらの方が面白いです。桐谷のキャラが凄い好きです。
  • (3.0) 原作に忠実
    (・ω・`)さん 投稿日:2009/11/11
    原作→ドラマ→漫画って感じで見ていきました ラストを除いて原作にとても忠実ですが、悪く言えばオリジナリティがありません イケメン高校生が地味で太った転校生を人気者へとプロデュースする話です ドラマと違い、『プロデュースする』ことに重 点を置いているので 青春漫画とは全く違います もっとみる▼
スタッフオススメ!
  • あの頃の青春!
    クラスの人気者が、イケてないクラスメイトをプロデュースして変身させる!めちゃくちゃ懐かしい…やっぱりこのタイトルを見るとあの曲を思い出します。こちらは原作通り、のぶたは男の子で少し展開は違いますが、あの懐かしさを感じるには十分なはず!
    設計:ノラ
▲ページTOPへ