漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
ライトノベル
炎の蜃気楼
この巻を買う/読む

炎の蜃気楼

通常価格:
460pt/460円(税抜)
(4.8) 投稿数12件
炎の蜃気楼(74巻配信中)
作品内容

武田信玄(たけだ しんげん)の霊を封印した《魔縁塚(まえんづか)》が、何者かによって破壊された夜――高耶(たかや)の親友・譲(ゆずる)は、火だるまになる夢を見た。「ようやく見つけましたぞ、お屋形様(やかたさま)…」譲に忍び寄ってくる武者たちの亡霊…。強力な霊によって憑依(ひょうい)されようとしている譲を救おうとする高耶は、不思議な《力(りょく)》を使う直江(なおえ)と出会った。自ら何百年も生きた換生者(かんしょうしゃ)と名のる直江は、高耶に前世からの宿命を告げるのだが…!?

作品ラインナップ  74巻まで配信中!
レビュー
炎の蜃気楼のレビュー

平均評価:4.8 12件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) アニメから
    ゆいきちさん 投稿日:2019/2/1
    アニメをきっかけに知り、大好きなシリーズになりました!!が、原作である小説の方はまだ全部読破には至っていません。なんせ巻数が多く汗。最近漫画も出てきて、時間ができたら必ず両方とも読破しようと目下企み中(笑)
  • (5.0) BL小説の炎え上がらせた!
    雪乃さん 投稿日:2018/11/7
    もう20年以上前、雑誌コバルトはファンタジー、学園恋愛、時に赤川○○先生がミステリーをとごちゃ混ぜでしたが「どんな少女でも好きな小説が見つかる雑誌」でした。 この作品も最初は「歴史が好き、カッコいい男達、FS的」から始まったのですが、コバ ルトに無かった要因が爆発的ヒットになる。 もっとみる▼
  • (5.0) 感無量。
    このめさん 投稿日:2018/8/13
    本編1部からずっと追いかけてきた作品です。一冊一冊に自分も魂を削り取られるような感覚で1部を読んでいたのを思い出しました。長い年月を経て環結を見られて本当に感無量。このまま1巻から再読したくなりますね。 本当に素晴らしい作品です。
  • (5.0) 終わりで始まり
    シロさん 投稿日:2018/3/18
    学生の頃、コバルト文庫全盛期でした。ミラージュはお気に入りの作品で、読みやすい文体で、最終巻まで読み続けることが出来た作品でした。 正直、日本史にほぼ触れなかった学生でしたので、戦国の武将の関係性などわからないなりに、もうそこは想像で読み 進めました。 本編終了後、何作も番外編が出版されました。 そして、最後の昭和編の最終巻。 昭和編が一番好きです。本編を読んだ人には、ぜひ読んでもらいたい作品です。 もっとみる▼
  • (4.0) 面白い
    ユイさん 投稿日:2018/3/3
    ストーリーがしっかりしていて、読み進めていくごとにどんどん引き込まれます
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ