漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

ミステリー作家串田寥生の考察

通常価格:
571pt/628円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数36件
ミステリー作家串田寥生(2巻配信中)

作品内容

古い信仰が根強く残る閉鎖的な孤島で、7年ぶりに開かれる大祭─。人気ミステリー作家の串田寥生は、次作の舞台として興味津々。島の出身で担当編集者の神凪 守は、密かに想いを寄せる串田に請われ、取材で島に向かうことに。ところが、そこで見たのは、実家と神社を繋ぐ隠し通路、祭壇に飾られた乳児の白骨…。守は帰りたい気持ちとは裏腹に、推理が冴える串田に想いは募り!? ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • ミステリー作家串田寥生の考察
    登録して購入
    通常価格:
    571pt/628円(税込)
    古い信仰が根強く残る閉鎖的な孤島で、7年ぶりに開かれる大祭─。人気ミステリー作家の串田寥生は、次作の舞台として興味津々。島の出身で担当編集者の神凪 守は、密かに想いを寄せる串田に請われ、取材で島に向かうことに。ところが、そこで見たのは、実家と神社を繋ぐ隠し通路、祭壇に飾られた乳児の白骨…。守は帰りたい気持ちとは裏腹に、推理が冴える串田に想いは募り!? ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。
  • ミステリー作家串田寥生の見解
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    人気ミステリー作家・串田寥生(くしだりょうせい)の元に、謎のミステリーツアーへの招待状が届いた!? 「山深い過疎の村で起きた殺人事件を解明せよ」――好奇心旺盛な串田が、誘いに乗らない訳がない! 担当編集者で恋人の神凪守(かんなぎまもる)は、嫌々つき合わされる羽目に。ところが、差出人はなんと守の元彼だった!? 過去の関係が串田にバレたら…。守は謎解きと同時に厄介な難問に悩まされることになって!? ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。

レビュー

ミステリー作家串田寥生のレビュー

平均評価:4.4 36件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 眠る劣情スピンオフ。コミカルなミステリー
    lvivさん 投稿日:2017/6/13
    (小説) 作者さんの作品は薔薇シリーズしか読んだことがないですが、あちらのドシリアス&重厚な長編に比べると、本作は若干コメディ色があり軽い読み応えです。 (とはいっても、ストーリー構成もしっかりしていて他作者さんの作品に比べたら読み応え のある内容) 面白かったです! BLというより、ミステリー作品な構成。 主人公たちの恋愛の話も絡みもしっかりあるけど、話の主体はミステリー事件を中心にすすんでいきます。 普通のミステリーに恋愛の話も混じってて、それが男女の恋愛ではなく男同士の恋愛ってとこでしょうか。 ですからBLとして読むと、恋愛の話・まとまりは軽め。 1冊1事件なので別々でも読めますが、気になる主人公たちの恋仲については内容が続いてますので、読むなら順番がオススメ。 気になる方は試しで1冊読み、こういうストーリーが好きだったら続きを読んだら良いです。 タイトルのミステリー作家は、眠る劣情の脇役だそう(あとがき情報)。 我が道を行く奇人で黙っていれば良い男なのに、その我がままっぷりで主人公を振り回してます(笑) この人が可笑しいので、全体的にコミカルテイストな感じ(笑)。 主人公は真面目なゲイで、この2人のテンポが楽しかった。 2冊目の見解で美人な内野がちょこっと登場してますが、お相手は出てきませんでした(たぶん眠る劣情の主人公)。 奇人作家が楽しかったので、元作品の眠る劣情もいつか読んでみたい。 ミステリーとして読むには若干軽い気もする。 (田舎医者が死亡推定時刻や死因を言うけど、あれって普通の医者にはない技術で推測しかできないはず、とか真剣に読むとツッコミどころがなきにしもあらず) えろ描写もあっさりではないので、ミステリー小説好きなBL読む方にオススメします。 もっとみる▼
  • (5.0) 続編お願いします!!
    ふうさん 投稿日:2019/3/19
    主人公がモラルの欠けた変人ミステリー作家がツボでした。 ミステリーとしても、読んでいて途中で読み進められなくなるような難解さはなく、かといって飽きさせない展開に気持ち良く吸い込まれていきました。 いつも評価で購入する作品を購入しています が、大当たりとはまさにこの事。 レビューを書いて下さった皆様に御礼申し上げます。 どうかどうか続編をお願い致します。 そしてライトノベル好き、BL好き、ミステリー好きの皆様にも読んでほしい! もっとみる▼
  • (5.0) しっかりミステリーです。
    プープーさん 投稿日:2018/8/28
    別にBLでなくてもいいのではないかと思う位にしっかりミステリーです。話の流れは探偵役の小説家串田のダメダメっぷりと担当編集の守との掛け合いがコミカルで楽しい読み物になっていて、どこでBL的な流れにするのかと思いましたが、しっかり濃厚な濡れ場 入ってます!(笑)1巻2巻共に最後の最後まで謎解きがありミステリーとしても面白かった。そして串田さん!『探偵助手の仕事は間違った推理を披露すること』これは名言です!(笑) もっとみる▼
  • (5.0) 夜光先生のミステリー好き
    もつさん 投稿日:2019/8/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 作中では前作から半年後のお話で、二人の関係自体に大きな変化はなく、今作もメインは”孤島”ミステリーになっています。前作は島の因習や過去の血縁などのキーワードが出てきて少々オカルトな雰囲気でしたが、今作はもう少しカラっとした推理小説という感じになっていました。最後の最後まで目が離せない展開で、面白かったです。 続きを読む▼
  • (5.0) 面白い!
    二葉青井さん 投稿日:2018/8/22
    推理あり、どんでん返しあり。ミステリーとしても面白い作品でした。探偵小説の王道ですが、主人公が、ワトソン役をしっかり勤め上げています。探偵役の串田先生が人としてダメダメで、変人で。主人公の苦労が忍ばれますが、何だかんだで息ぴったりの二人が大 好きでした。続編が出るといいな! もっとみる▼
▲ページTOPへ