漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

COLD FEVER【イラスト入り】

通常価格:
1,000pt/1,100円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数20件
COLD(1巻完結)

作品内容

ある朝目覚めた時、透の時間は六年の月日が経っていた――。事故でなくした記憶を取り戻したものの、周囲に愛されていた“もう一人の自分”の影に苦しみ、さらに誰よりも憎んでいた男・藤島と同居していたことに驚愕する。藤島に見守られ、失くしかけた夢と歳月を取り戻そうとする透だが、藤島の裏切りが明らかになり――! シリーズ最終巻。同人誌発表作に大幅加筆し、「同窓会」シリーズも連動して同時完結!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全1巻完結

  • COLD FEVER【イラスト入り】
    登録して購入
    通常価格:
    1,000pt/1,100円(税込)
    ある朝目覚めた時、透の時間は六年の月日が経っていた――。事故でなくした記憶を取り戻したものの、周囲に愛されていた“もう一人の自分”の影に苦しみ、さらに誰よりも憎んでいた男・藤島と同居していたことに驚愕する。藤島に見守られ、失くしかけた夢と歳月を取り戻そうとする透だが、藤島の裏切りが明らかになり――! シリーズ最終巻。同人誌発表作に大幅加筆し、「同窓会」シリーズも連動して同時完結!

レビュー

COLDのレビュー

平均評価:4.7 20件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 大好きな作品
    ひつじさん 投稿日:2020/4/28
    読めばきっと一生心に残るだろうと思われます。 この本を開くたび、どこから読み始めてもページをめくる手が止まらなくなります。もっと色んな人に読んでいただきたいと思いました。

高評価レビュー

  • (5.0) 3作目。キツイ、読み応えの深い最終巻。
    lvivさん 投稿日:2017/7/8
    (小説、本編+短編2本) *合冊版で読みました。 <COLD SLEEP→LIGHT→FEVER> タイトルが違いますが、3部作続きものです。 ははは。。 読み終わりましたよ。 てか、読み終わっちゃいましたよっ。 もうね。 作者さんファンなんで、こういうキツイ展開も慣れてきましたけどね。 やっぱり!!! てな感じで一筋縄ではいかない最終巻でした。 ツライのが苦手な方には、2巻LIGHTで読み終えるのも超アリです! それくらい、どっっしりな、ため息の出るようなお話でした。。 でも、こういう、夢あるファンタジーじゃない、人生につきもののバッドな時を書き現すのが最高に上手な作者さんですから、余韻残りまくりの心にのしかかるようなストーリー3冊分(合冊版で)一気に読めて良かったです。 後ろの短編は、ひとつは後日談のLAST FEVER 四季。 これでこの話が、落ち着くところに落ち着きます。 この後日談なしでは、読み手は満足しにくい、と思う。 もうひとつは、花咲く花散る花開く。 番外編的な後日談で、前作2冊を順番に続けて読むと納得の〆なお話です。 さらにスピンオフでCOLD HEART(東京・NYの2冊)があります。 透の友人のお話。 余韻が冷めずに続けて手に取りましたが、本作3部作に負けず劣らず、ヘビーな読み応えのお話でした。 時系列としてもCOLD SLEEP3部作の後になり、透たちもたまに登場していて、その後の様子が垣間見れます。 話の内容はそんなにリンクしてないので別作品としても読めますが、両方読むなら先に本作3冊読んでからをオススメします。 もっとみる▼
  • (5.0) こんな苦しい話なら読みたくはなかった。
    プープーさん 投稿日:2018/6/19
    暴力シーンありのかなり痛々しい事になりますが、それ以上に心の方が痛々しい。こんなに投げ売って愛する意義は何なのか。こんなに奪い尽くして生きる意味は何なのか。前作二冊はこの話の序章に過ぎません。人格さえ違うような記憶のない時と記憶の戻った時の 恋人を献身的を愛する姿に一種の狂気を感じます。渇望するものに目を背けて生きる飢餓感で息ができません。一応ハピエンですが、失ったものの大きさにただ納得は出来ない。こんな苦しい話なら読みたくはなかった。でも読んだ以上評価しなくてはなりませんね。 もっとみる▼
  • (5.0) 辛い‥‥
    にゅいさん 投稿日:2014/3/13
    三部作の最終巻です。私はこの巻読みたくなかった‥‥。あまりの辛さに泣いてしまいました。救いが少なすぎるけれど、仕方ないことなのかな‥‥。二巻を経てからのこれかああ、記憶喪失というシチュエーションと木原さんならではの深い作品でした。一応ハッピ ーエンドですが、私はしばらく読み返せないと思います。でも頭や心にこびりついて一生忘れることはないと思う大切な作品になりました。読んだ後に放心状態になるような考えさせられる作品を探している人にオススメ! もっとみる▼
  • (5.0) 暴行シーンが苦手な方はシリーズ最終巻注意
    コニスさん 投稿日:2016/12/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 木原作品の中でもCOLDシリーズは特に好きです。 健気で一途で献身的な受が好きな性分なもんで、藤島が愛しくてしょうがない! 流れとしては、野良犬(透)が時を経て愛犬になったと思ったら、突如野生を思い出して狂犬に早変り、(無自覚に愛に)飢えた獣は(無自覚に愛が欲しいと)吠えたてる、って感じですかね。 最終的に愛の根源(藤島)にすがり付く感じとか堪んないです! 最終巻は心臓への負担半端なかった。でも読まずにはいられない! 続きを読む▼
  • (5.0) すごい愛
    tomomitさん 投稿日:2017/8/26
    透が記憶を失った後でも戻った後でも、引かれあう二人。こういう愛もあるんだな。ここまで愛せる理由は何だろう。過去を思い出しやりきれない感情を藤島にぶつけ、目を覆いたくなるシーンがありますが、藤島の無償の愛、透の激しく苦しい愛。一見ラブラブ甘々 じゃないですが、今年一番のラブストーリでした もっとみる▼
▲ページTOPへ