漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む
【販売終了】

書楼弔堂 破暁

通常価格:
1,333pt/1,333円(税抜)
(5.0) 投稿数1件

作品内容

古今東西の書物が集う墓場。移ろい行く時代の中で迷える者達。誰かが〈探書〉に訪れる時、一冊の虚(うそ)は実(まこと)になる。明治20年代の本屋が甦る、新シリーズ! ――立ち止まって眺めるに、慥(たし)かに奇妙な建物である。櫓(やぐら)と云うか何と云うか、為三も云っていたが、最近では見掛けなくなった街燈台に似ている。ただ、燈台よりもっと大きい。本屋はこれに違いあるまい。他にそれらしい建物は見当たらないし、そもそも三階建てなど然う然うあるものではない。しかし到底、本屋には見えない。それ以前に、店舗とは思えない。板戸はきっちりと閉じられており、軒には簾が下がっている。その簾には半紙が一枚貼られている。近寄れば一文字、弔――。と、墨痕(ぼっこん)鮮やかに記されていた。

作品ラインナップ 

レビュー

書楼弔堂のレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 楽しめます
    シキさん 投稿日:2017/5/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 京極先生の百鬼夜行シリーズの京極堂を彷彿とさせる作品です。史実上の作家が客として登場しており、彼らと弔堂の主人との会話には大変引き込まれます。また百鬼夜行シリーズの縁者や巷説百物語シリーズのあの人の名が出てきて、思わずにやけてしまいました。 続きを読む▼

広告掲載中タイトル

▲ページTOPへ