漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
雑誌
Number(ナンバー)974号
この巻を買う/読む

Number(ナンバー)974号

通常価格:
463pt/463円(税抜)
(3.8) 投稿数4件
作品内容

イチローを見よ。
ICHIRO OPENING 2019

SPECIAL FEATURES
[28年目の開幕]
イチロー
「ふたたび、戦いの場へ」

[密着ドキュメント]
その“狂気”を笑わば笑え

[ロッカールームの51番]
カップ麺とスパイと「BS」と

[常識を覆す改造の狙い]
“新打法”というビッグチャレンジ

[Number on Number 特別編]
イチローは驚異の45歳である
――――――――――――――――――――――――――――
「僕たちのイチ論」日本編

[MLB通算13打数2安打]
上原浩治
「今だから明かせる51番攻略法」

[第1回WBCの衝撃]
福留孝介
「憧れていては追いつけないから」

[動画は双葉より芳し]
岩隈久志「ふたつの宝物」

[一言に救われたスラッガー]
内川聖一
「このオフ、牛タン屋で考えたこと」

[新51番の衝撃体験]
上林誠知「メジャーで再会したい」

[神戸の夜の記憶]
清原和博
「あの日、イチローは言ったんです……」

[喝もあっぱれも超えて]
張本勲
「“神様”にもできないことをやってきた」
――――――――――――――――――――――――――――
「僕たちのイチ論」MLB編

[45歳まで現役続行]
オマー・ビスケル
「フェラーリやメルセデスのように」

[元マリナーズ監督で現A's監督]
ボブ・メルビン
「感情は切り離して勝ちにいく」

[昨季MVP&首位打者]
クリスチャン・イエリッチ
「初めて見た大切な贈り物」

[マリナーズのニュースター]
ミッチ・ハニガー
「“恩師”の背中を追って」

[敵将が語る、あのWBCから10年]
イチローが韓国に火を点けた

[エースが明かす攻略秘話]
イチロー開幕、かく戦えり
岩本勉/潮崎哲也/黒木知宏

[27度の球春を振り返る]
開幕戦トリビア

[アスレチックス対マリナーズ]
スター候補の競演in東京ドーム

[独占取材]
菊池雄星
「メジャーを引き寄せた14年間のノート」

[開幕直前のオフショット]
田中将大「狙うはメジャー制覇!?」

[史上最高額移籍の真相]
中島翔哉
「カタールに純粋な魅力を感じた」

[ラグビーW杯新連載 3]
山下裕史
「海外に行く気はなかったけれど」

――――――――――――――――――――――――――――
REGULARS

[連載 16]
桑田真澄「独白」
「フォーム探しの旅」

[連載ノンフィクション 18]
2000年の桜庭和志
「対立する価値観」

[The CHAMPIONS 45]
新井田豊
「繊細な心の万能型ボクサー」

※「Number974号」電子版の編集ページは紙版と同じ内容です。

作品ラインナップ 
レビュー
Number(ナンバー)のレビュー

平均評価:3.8 4件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 便利
    サミーさん 投稿日:2018/9/14
    発売日が過ぎると店頭から無くなったりするので電子書籍なら売り切れもなく便利です。
  • (5.0) 二兎を追って二兎を得る
    Bi Aavさん 投稿日:2018/8/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 アジ試合に勝つという結果にこだわってやっていますけど、選手がちょっときつい状態でもプレーさせることも状況によって考えています。結果と個の成長、チームの成長という部分をいろいろと考えながら、選択していきたいと考えています」 きつい状態でもプレーさせる――それこそ、個人の、チームの成長のためだろう。 サウジアラビア戦はラウンド16のマレーシア戦から中2日のゲーム。そのため、メンバーを入れ替えることも予想されたが、蓋を開けてみれば、負傷したDF原輝綺(アルビレックス新潟)に代わってDF大南拓磨(ジュビロ磐田)が入っただけ。それ以外はマレーシア戦と同じメンバーだった。ア大会準々決勝のサウジアラビア戦は、U-21日本代表と森保一監督にとってそんなゲームだったと言える。二兎とは、結果と成長のことだ.難敵サウジアラビアを2−1で振り切り、当初の目標であるベスト4進出を決めたあと、森保監督はこんなふうに語った。 続きを読む▼
  • (3.0) 有名スポーツ雑誌
    ふく太郎さん 投稿日:2018/3/11
    記憶に残るスポーツの大会があれば買ってます。 自分のメモリーとして。
  • (4.0) ちょくちょく買ってます
    お月さんさん 投稿日:2018/1/20
    特集次第で購入していますが、色々なスポーツを取り上げているのがいいです。
雑誌ランキング
ご来店ポイント
▲ページTOPへ