漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
雑誌
Number(ナンバー)970号
この巻を買う/読む

Number(ナンバー)970号

通常価格:
463pt/463円(税抜)
(3.8) 投稿数4件
作品内容

テニス開幕特集
Road to the Top 2019
ラブゲームで行こう。

SPECIAL FEATURES
[拳を握って新シーズンへ]
錦織圭
「人生の危機を乗り越えたから」

[6年間の伴走を終えて]
前専属トレーナーが明かす錦織の進化する心と肉体

[熱血エール]
松岡修造
「圭よ、倒せ! 8人の壁」

[新たなる強敵の肖像 1]
アレクサンダー・ズベレフ
「テニス一家の最高傑作」

[新たなる強敵の肖像 2]
ステファノス・チチパス
「日本贔屓のフェデラー2世」

[全米女王の現在地]
大坂なおみ
「ドラマチックな成熟を経て」

[2018年最優秀コーチの実像]
サーシャ・バイン
「まるで“テレビ番組”のように」

[ブレイク前夜の大変革]
“チーム・ナオミ”ができるまで

[特別読物]
セリーナ・ウィリアムズ
「最強女王の物語、終章へ」

[相関図で読み解く]
愛と憎しみの女子テニス戦国時代

2019年に誓う
[現役続行の覚悟]
村田諒太
「ギラギラした自分に、もうなっている」

[名将が抱く決意]
森保一
「結果がすべての世界ですから」

[黄金ルーキーの宣誓]
吉田輝星
「すぐにでもローテに入りたい」

[2年目の覚醒へ]
清宮幸太郎
「きれいなホームランだけじゃなく」

[新星の揺るがぬ自信]
渡邊雄太
「NBAデビューに達成感はない」

[僕の目指す道]
松山英樹
「ほど遠い距離から、世界一を見据えて」

[独占インタビュー]
高橋大輔
「ピークはまだ先にある」

[ラグビーW杯新連載]
桜の出陣 1
田中史朗
「勝利のために完全燃焼」

REGULARS
[連載 12]
桑田真澄「独白」
「初めてのオールスター」

[連載ノンフィクション 14]
2000年の桜庭和志
「悪役登場」

[The CHAMPIONS 41]
戸高秀樹
「野武士のような闘争心で」

[Masters of Life 22]
加齢なる決戦
「86歳 バドミントン」

※「Number970号」電子版の編集ページは紙版と同じ内容です。

作品ラインナップ 
レビュー
Number(ナンバー)のレビュー

平均評価:3.8 4件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 便利
    サミーさん 投稿日:2018/9/14
    発売日が過ぎると店頭から無くなったりするので電子書籍なら売り切れもなく便利です。
  • (5.0) 二兎を追って二兎を得る
    Bi Aavさん 投稿日:2018/8/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 アジ試合に勝つという結果にこだわってやっていますけど、選手がちょっときつい状態でもプレーさせることも状況によって考えています。結果と個の成長、チームの成長という部分をいろいろと考えながら、選択していきたいと考えています」 きつい状態でもプレーさせる――それこそ、個人の、チームの成長のためだろう。 サウジアラビア戦はラウンド16のマレーシア戦から中2日のゲーム。そのため、メンバーを入れ替えることも予想されたが、蓋を開けてみれば、負傷したDF原輝綺(アルビレックス新潟)に代わってDF大南拓磨(ジュビロ磐田)が入っただけ。それ以外はマレーシア戦と同じメンバーだった。ア大会準々決勝のサウジアラビア戦は、U-21日本代表と森保一監督にとってそんなゲームだったと言える。二兎とは、結果と成長のことだ.難敵サウジアラビアを2−1で振り切り、当初の目標であるベスト4進出を決めたあと、森保監督はこんなふうに語った。 続きを読む▼
  • (3.0) 有名スポーツ雑誌
    ふく太郎さん 投稿日:2018/3/11
    記憶に残るスポーツの大会があれば買ってます。 自分のメモリーとして。
  • (4.0) ちょくちょく買ってます
    お月さんさん 投稿日:2018/1/20
    特集次第で購入していますが、色々なスポーツを取り上げているのがいいです。
雑誌ランキング
▲ページTOPへ