漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

作品内容

■■■ZOZO前澤「人間失格」経営■■■
「恥の多い生涯」を送ってきたのは映画化も話題の太宰治「人間失格」の主人公だが、彼が送ってきたのは「欲の多い生涯」か。女優と浮名を流す一方で、絵画や車を買い漁る。
その金脈である会社を突然放り出した経営者。
裏側で何が起きていたのか、総力取材で迫る。

■■■関ジャニ激震 村上信五「“解散”まで5年」■■■
本誌既報の通り、錦戸の退所が発表された関ジャニ。
ジャニー氏お別れ会の翌日、錦戸は苦楽を共にしたメンバーの前から姿を消した。
「もうやってられへん」。存続派の筆頭だった村上にも変化が。
その彼の前に立ちはだかるのが、TOKIO、キンキ キッズだった。

■■原田前大臣が激白「進次郎大臣、寄り添うだけでは被災地は救えない」■■
電撃入閣を果たした小泉進次郎環境相。滝川クリステルとの結婚も相まって話題性抜群の新大臣だが、思わぬハレーションを呼んでいる問題もある。
前任の環境相である原田義昭氏が福島第一原発の処理水について「海洋放出しかない」と発言、猛反発する福島県の漁業関係者に対し、小泉氏は「率直に申し訳ない」と謝罪したのだ。

■■「在庫」新大臣たちがヤバすぎる■■
「安定と挑戦」を掲げ、9月11日にスタートを切った第4次安倍再改造内閣。
だが、その掛け声とは裏腹に、早くも「イニシャルTの三閣僚が危ない」と醜聞や失言を懸念する声が噴出している。

■■介護の手続き「第11回」 施設長、専門家が教える成功する「老人ホーム」入居術■■
“人生最後のお引っ越し”になるかもしれない老人ホームへの入居。
身ひとつで気軽に、というわけにはいかない。
見学の注意点、揃えるべき書類、持っていったほうがよいもの……。
新生活の移行を成功させるためのポイントを、介護現場の声を交え詳しく解説。

■■自壊する文在寅政権 玉ネギ法相VS.死神総長■■
秋夕(韓国のお盆)が明けた9月16日、ソウル市内の式典に出席したチョ・グク法務部長官は、疑惑を追求するメディアの取材にこの日も口をつぐんだ。
チョ氏の妻が在宅起訴され、海外逃亡を図っていた甥が仁川空港で逮捕。迫りくる検察の捜査に対して、政府が圧力をかける。韓流ドラマさながらの権力闘争が繰り広げられているのだ。

■■「男の更年期」を治す注射がある!■■
最近なんだかイライラする。昔のように趣味に没頭できない。朝立ちがない……。
それ、「男の更年期障害」かもしれません。放っておいては回復しないこの衰え。
逆に、適切な治療を受ければ、しっかりスタミナを取り戻せるのです。
この記事を読んで、いざ実行!

●早実野球部出場辞退の原因は「ハレンチ動画」だった
●慶応幼稚舎六年生への「セクハラ疑惑」教員に下った処分
●尼崎あおりエアガン男は覚せい剤、窃盗の前科17犯
●美智子さま乳がん手術「特別カンファレンス」の中身
●林家正蔵 郭源治の息子が語る「父とノーサイド・ゲーム」
●阿川佐和子のこの人に会いたい 矢部太郎(お笑い芸人、漫画家)

グラビア
●原色美女図鑑 吉岡里帆 撮影・中村和孝
●女の肖像 吉野美幸「戦場に咲くドクターY」
●防空一筋50年 さらば、ファントム

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/能町みね子/飯島勲/土屋賢二/出口治明/橘玲/海堂尊/東海林さだお/真山仁/益田ミリ

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です

作品ラインナップ 

レビュー

週刊文春のレビュー

この作品はまだレビューがありません。どんどんレビューを書いてね♪

広告掲載中タイトル

雑誌ランキング

▲ページTOPへ