漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

ライトノベル
【電子オリジナル】ひみつの小説家と葡萄酒の貴公子
この巻を買う/読む

【電子オリジナル】ひみつの小説家と葡萄酒の貴公子

【期間限定】2018/11/27 0:00まで
通常価格:
650pt/650円(税抜)
価格:
520pt/520円(税抜)
(4.6) 投稿数7件
ひみつの小説家(2巻配信中)
作品内容

大手製菓会社の社長令嬢であるフレデリカは、「グラール」という男性名義で小説を刊行する覆面作家。同じ覆面女流作家であるセシリアが小説大賞をとったことで、自分の作風に迷いを覚え、焦っていた。そんなとき、ネタ探しのために店員として潜入していた父の会社のお菓子店で、鼻持ちならない男性と出会う。男性が「グラール」の本を速読でななめ読みしていたのにカチンと来たフレデリカは、思わず彼を罵倒してしまった。ところがその男性の正体は、取引先のワイン商の令息・アルテだった。すぐに「グラール」とフレデリカが同一人物だと見抜かれたうえに、なぜか彼にプロポーズされてしまい!?【目次】ひみつの小説家と葡萄酒の貴公子/ひみつの小説家の休日/幸福の城と炎のプリンセス

作品ラインナップ  2巻まで配信中!
レビュー
ひみつの小説家のレビュー

平均評価:4.6 7件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 作品を生み出す背景や友情がステキでした
    マロンさん 投稿日:2018/10/28
    2巻まで読了。ストーリーに、ぐいぐいと引き込まれました。ロマンスは薄めかな。1&2巻ともヒーローのキャラ立ちも薄いかも。どちらかというと、作家同士の友情の方に目が行きました。 総評としては、楽しく読めました。
  • (5.0) あたたかい気持ちになる
    あーたんさん 投稿日:2018/9/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 ほっこり温かく、じーんと涙ぐんでしまうお話でした。覆面作家のセシリアは家族に裏切られ過酷な環境で生きてきて、人を愛することをまだ知りません。軍人のクラウスは初陣で親友を失ってから人と深く付き合うことを避けています。そんな二人が偽装結婚して、本という媒体を通じて少しずつ心を通わせ、互いに足りないところを補い支え合い、本当の夫婦になっていくお話。セシリアとクラウスを結び付けた元旦那様ヒースがとてもかっこいい。お話ではすでに亡くなっていて遺言状でしか出てこないのに、存在感が大きいです。セシリアの夢はクラウスが、クラウスの夢はセシリアが叶えてくれるだろう、と書かれていた最後の遺言状には感動しました。二人に対する愛情で溢れています。セオの大ファンであるクラウスが、いつセオの正体がセシリアだと知るのかドキドキしました!正体を知らずセオを誉めまくるクラウスに、セシリアがこっそり照れているのが可愛い。ジャンルにTLとありますが、全くそういう描写はありません。匂わす程度で健全です。ほっこりするとても素敵なお話でした。 続きを読む▼
  • (4.0) 2作目はイラストなし
    迷ったらカプチーノさん 投稿日:2018/9/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 前作と違ってドタバタ要素を多く含みます。ヒロインは有名菓子店の令嬢かつ覆面作家、その正体は天使の皮を被った極道のお嬢(笑)。表紙に騙されてはいけません。尋常でなく気の強いお嬢様言葉の中に「カチコミ」「ガサ入れ」などの単語が飛び出すので、そういったノリを許せる人ならお勧め。 最初は「え、こんな激しいヒロインなの?」とやや困惑しつつ読みましたが、前作のヒロインの成功に影響されて作風を変えてみたり、編集者や読者であるヒーローとぶつかりながら作家として悪戦苦闘する部分もしっかりと描かれているので、全体としてはドタバタにならず、いつの間にかお話に入り込んで読めました。前作のヒロイン&ヒーローも結構登場します。これで挿絵があればなあ... 続きを読む▼
▲ページTOPへ