漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
ライトノベル
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語6
この巻を買う/読む

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語6

通常価格:
600pt/600円(税抜)
(4.3) 投稿数4件
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(6巻配信中)
作品内容

「僕にお芝居なんかできるかなぁ」
流行りの「映画」の話題で盛り上がるロイドたちに出演者募集の話が舞い込んだ。
士官候補生から活きのいいスタントマンが必要らしく――
「それならいい方法があるんじゃ!」
アルカ秘伝の『大人になる魔法』でハンサムな好青年に変身させられたロイド。
映画界に突如として現れた驚異の新人アクション俳優ロイ=アキヅキとして主役以上の活躍を連発!
謎の美人女優、国王の密命、裏社会の悪党たち。全てを巻き込んだ本気と演技が入り交じり、台本には無い筋書きからもう戻れない――!?

コミカライズも絶好調! シリーズ累計、早くも50万部突破!!
勇気と出会いと即興芝居で大旋風を呼ぶ勘違い無双ファンタジー、第6弾!!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

作品ラインナップ  6巻まで配信中!
レビュー
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語のレビュー

平均評価:4.3 4件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) ヤバス
    近大さん 投稿日:2019/1/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 これは絶対に読んだ方がいい。なにより主人公がめっちゃ強いということに一切気づいていないのが面白い。そしてあのロリババアがめっちゃ周りを引っ掻き回して面白い。 続きを読む▼
  • (4.0) まずまず
    ハマムチャーさん 投稿日:2019/1/8
    主人公も登場人物達もひたすらに勘違いに勘違いを重ねていってでも最後には上手い方向に進んでいるという作品です。 単純な無自覚系俺TUEEEな作品とも少し違うと思いますが…ギャグの比重がかなり大きいです。 確かにこれは他の方が仰るようにほぼ 文字だけの原作より漫画版を読んだ方が面白いかなと思う作品ですね もっとみる▼
  • (4.0) 私もコミック版の方がいいと思います
    ばんたさん 投稿日:2018/9/18
    面白いか面白くないかで言えば、面白かったです。 ただギャグ風味が強いせいか、言い回しが2通りの意味に聞こえる言葉が多く、キャラ同士で勘違いしない場面でも、 どういう意味だ?これは誰のセリフだ? となってつっかえてしまうことが自分は 多かったです。 ギャグの伏線は多いのに、大筋のストーリーの伏線は少なく、敵と対峙してから取ってつけたような設定が出てくるのも気になりました。ここまでコテコテにするならば、裏で悪者が暗躍してる場面の描写も欲しかったなぁという感じ。 他の方もレビューで書いてますが、コミック版をおすすめしたいのは、コミックの方が試し読みした時に圧倒的にテンポがいいと感じたからです。 漫画の方がキャラ同士の温度差もわかりやすく、ノベライズより圧倒的に面白くなってます。 ノベライズのコミックス化は大体ノベル1巻分のみでしか行わないことが多めですが、この作品は1巻完結に近い終わり方をしてるので、続きが気になりません。なので買うならコミック版がオススメですね。 もっとみる▼
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ