漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

いばら姫に最初のキスを

通常価格:
1,150pt/1,265円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数25件
いばら姫に最初のキスを(1巻配信中)

作品内容

過保護すぎて、いばらでぐるぐる巻き状態の家で育った箱入り娘の雛子。24歳になっても、男の人とお付き合いどころか、満足に話すことさえない日々を送っていた。そんな雛子に、友人の結婚式で運命の出会いが! 酔っ払いにからまれていたところを、銀髪碧眼の素敵な男性に救われたのだ。ひと目惚れした彼と結ばれるべく、雛子は大奮闘を開始。けれど、その頑張りはおかしな方を向いていて……!? 呉服店のお嬢様と元軍人の、とってもキュートなラブストーリー!

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

いばら姫に最初のキスをのレビュー

平均評価:4.7 25件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) うーん。
    RRさん 投稿日:2021/4/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーロー、ヒロインどちらも素敵です。お話も楽しい。ただ、老舗で資産家、接客業もしているヒロイン両親が得体の知れない男といきなりお見合いをさせるか??? 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 可愛い二人
    あーたんさん 投稿日:2018/9/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 互いに一目惚れして、お近づきになろうとそれぞれ画策している二人が可愛い。同時系列を前半ヒロイン視点、後半ヒーロー視点です。ヒロイン視点ではクールで年上らしい余裕があるように見えていたヒーローですが、実際のところヒロインの話が全く耳に入らないほど彼女に見惚れてデレデレになっていたことがヒーロー視点で分かり、もう一度ヒロイン視点が読みたくなります。二度楽しめる。ヒロインは世間知らずな箱入りお嬢様で天然言動が面白く、感情が素直に顔に出るので可愛いです。ハーフのヒーローは元軍人でヒロインを守る様はスマートでかっこいいけれど、ヒーロー視点ではヒロインとの距離を何とか縮めようと必死な様子が書かれていて可愛い。それをニヤニヤしながら見守っている秘書たち(男)もいい味出してます。 続きを読む▼
  • (5.0) なるほど
    ソディアさん 投稿日:2018/8/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 レビュー評価が高かったので読みました。箱入り娘の雛子側と謎の紳士ルカ側のストーリーがそれぞれ読める構成となっていますが、雛子側だけだとルカの気持ちが解りづらいところも多く、ルカ側を読んでみて、2つで1つの作品なのだと納得。なので、あれはこういうことだったのか!が多く、つい何度も読み返したくなります。 クールなルカさんだと思っていましたが、箱入り娘の雛子ちゃんならではの目線だったんだな〜と、それもまた可愛らしく感じます。 続きを読む▼
  • (5.0) 楽しかったです
    まるるさん 投稿日:2018/5/20
    私も「白雪姫の悩める日常」を読んでからこちらに来ました。 「白雪姫〜」ではイマイチもやっとした感じで描かれていた芳野社長が生き生きと動いています。 これはやっぱりヒロイン雛子姫の破壊力の賜物でしょう。 何故かトラブルを引き寄せてしまう 姫と姫を護る王子。 世間知らずの姫とスイスで育ち日本そのものをよく知らない王子の掛け合いが楽しいです。 続編があったら読みたいなあ。 もっとみる▼
  • (5.0) 良かった
    まゆきさん 投稿日:2018/5/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 良家の子女で世間知らずに育ったヒロインがヒーローと出会って、様々な災難や厄介事から守られつつ愛を深めていきます。 後半にはヒーロー目線のストーリーもあってお互いの気持ちの進み方がよくわかって良かったです。 ヒロインの親友とお兄さんもやっぱりそうか!な仲だったので。こちらのスピンオフも読んでみたいかもです。 途中出てきた悪い奴らにはそれ相応の結果があったのも良かったです 続きを読む▼
  • (5.0) 一気に読み終えました
    まみさん 投稿日:2018/5/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 箱入り娘で世間知らずだけど健気で優しいヒロインが素敵でした。口数の少ないヒーローがヒロインにメロメロなのもよかった。ヒロインが学生時代に残した逸話も面白く、実は肝の座った大物なのだと思います。ヒーローsideの話も如何にヒロインが大好きなのかがわかりました。「白雪姫〜」もそうですが、今回も一目惚れから入ったので、恐らくはそうでない過保護の兄のパターンも読みたい。 続きを読む▼
▲ページTOPへ