マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP雑誌・写真集雑誌美術出版社美術手帖美術手帖美術手帖 2024年7月号
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

美術手帖 2024年7月号

1,600pt/1,760円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「先住民の現代アート」特集は、巻頭にジェフリー・ギブソン、ジョーン・クイック=トゥ=シー・スミス、マユンキキらのインタビューを掲載。またリチャード・ベル、レベッカ・ベルモア、マタアホ・コレクティブなど、20組を超える作家も紹介する。さらに、「『先住民の現代アート』を知るための基礎知識」やアメリカ先住民芸術教育機関(IAIA)で教鞭を執るマリオ・A・カロ、アイヌ文化研究者の北原モコットゥナㇱという各氏の論考、コラム等を掲載。本特集の監修を務めた原田真千子の巻頭言より。「今回のヴェネチア・ビエンナーレならびに近年の国際的なアートシーンにおける先住民のアーティストの存在感を、私を含む非先住民の人々は、一過性のトレンドだと思ってはならない。先住民たちが何十年にもわたって闘い続けている直接的な運動に始まり、アートの表現と実践を通して行動の先陣を切ってきた、数多の先住民のアーティストとキュレーターたちの持続的な努力と築き上げたネットワークによって、点が線となり、線が重なり、先住民たちを疎外し、周縁化してきたマジョリティが無視できないステージへと、その扉を開いてきたのだ」。目次目次Editors Note特集扉なぜ、いま「先住民の現代アート」なのか? 原田真千子=文Interview:ジェフリー・ギブソンInterview:ジョーン・クイック=トゥ=シー・スミスInterview:レイヴェン・チャコンInterview:ニコラス・ガラニン 原田真千子=聞き手・構成Interview:マユンキキ 田村かのこ=聞き手・構成「先住民の現代アート」を知るための基礎知識 岸上伸啓+山本浩貴=文Artist:ケント・モンクマンArtist:リチャード・ベルArtist:ジェームス・ルナArtist:アンチー・リン/林安琪/Ciwas Tahos/ジワス・ダホスArtist:ナタリア・パパエヴァArtist:アンデ・ソンビArtist:レベッカ・ベルモアArtist:ライアン!フェダーセンArtist:ノラ・ナランホ・モースArtist:ローズ・B・シンプソンArtist:ノーラン・オズワルド・デニスArtist:ブルック・アンドリューArtist:ブレット・グラハムArtist:マタアホ・コレクティブArtist:デニウソン・バニワArtist:タニヤ・ルキン・リンクレイターArtist:ダーナ・クラクストンArtist:スカイ・ホッピンカArtist:スバッシュ・テーベ・リンブArtist:カーラ・ロメロArtist:チャヌーパ・ハンスカ・ルガーArtist:ウィル・ウィルソンArtist:マーカス・アマーマンArtist:アルアイ・ガウマガン/武玉玲/ウー・ユーリン執筆・編集協力第60回ヴェネチア・ビエンナーレ Hãhãwpuá パビリオン 原田真千子=取材・文Interview:藤戸康平 五十嵐聡美=取材・文Interview:宇梶静江 永峰美佳=取材・文Column:Va Fealoa’ i 木原雪=文、村上佳代=翻訳Column:「台湾原住民族」が 「台湾原住民族」である所以―文化闘争とマクタアイ生態芸術村 栖来ひかり=文 Column:世界の潮流と交流に見るアイヌのアート 鵜澤加那子=文Column:アイヌのアートと、共存のための感覚哲学 田村ゆりか=文先住民のアートと文化に関する 世界の施設・団体 神道朝子=文[論考]先住民の現代アートの到来! マリオ・A・カロ=文 村上佳代=翻訳隠された傷を照らす─表現を通じたアイヌの解放と快方 北原モコットゥナシ(※シは小文字)=文SPECIAL FEATURE:第60回ヴェネチア・ビエンナーレ 日本館 毛利悠子「Compose」展 危機に直面する世界で、循環する「共生」を奏でる 飯田真美=取材・文Artist in Focus:OPEN GROUP 鴻野わか菜=取材・文Artist in Focus:ケイト・ニュービー 三木あき子=取材・文Artist in Focus:横山奈美 近藤健一=取材・文エスパス ルイ・ヴィトン東京 マーク・レッキー「Fiorucci Made Me Hardcore feat. Big Red SoundSystem」展 荒木悠=聞き手・構成エスパス ルイ・ヴィトン大阪 アイザック・ジュリアン「Ten Thousand Waves」展 金澤韻=聞き手・構成WORLD REPORT:New YorkWORLD REPORT:LondonWORLD REPORT:BerlinWORLD REPORT:SharjahWORLD REPORT:Chiang RaiArtist Interview:エレナ・トゥタッチコワReviews:池田一憲、本田健二人展「霧のふるさと」  椹木野衣=文Reviews:長谷川繁、城戸保「ペイン天狗とホト愚裸夫」展  清水穣=文青柳龍太「我、発見せり。」( 33)安藤裕美「前衛の灯火」第10話プレイバック! 美術手帖 原田裕規=文BOOK月刊美術史常備店・バックナンバー案内次号予告

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ 

  • 美術手帖 2024年7月号

    1,600pt/1,760円(税込)

    「先住民の現代アート」特集は、巻頭にジェフリー・ギブソン、ジョーン・クイック=トゥ=シー・スミス、マユンキキらのインタビューを掲載。またリチャード・ベル、レベッカ・ベルモア、マタアホ・コレクティブなど、20組を超える作家も紹介する。さらに、「『先住民の現代アート』を知るための基礎知識」やアメリカ先住民芸術教育機関(IAIA)で教鞭を執るマリオ・A・カロ、アイヌ文化研究者の北原モコットゥナㇱという各氏の論考、コラム等を掲載。本特集の監修を務めた原田真千子の巻頭言より。「今回のヴェネチア・ビエンナーレならびに近年の国際的なアートシーンにおける先住民のアーティストの存在感を、私を含む非先住民の人々は、一過性のトレンドだと思ってはならない。先住民たちが何十年にもわたって闘い続けている直接的な運動に始まり、アートの表現と実践を通して行動の先陣を切ってきた、数多の先住民のアーティストとキュレーターたちの持続的な努力と築き上げたネットワークによって、点が線となり、線が重なり、先住民たちを疎外し、周縁化してきたマジョリティが無視できないステージへと、その扉を開いてきたのだ」。目次目次Editors Note特集扉なぜ、いま「先住民の現代アート」なのか? 原田真千子=文Interview:ジェフリー・ギブソンInterview:ジョーン・クイック=トゥ=シー・スミスInterview:レイヴェン・チャコンInterview:ニコラス・ガラニン 原田真千子=聞き手・構成Interview:マユンキキ 田村かのこ=聞き手・構成「先住民の現代アート」を知るための基礎知識 岸上伸啓+山本浩貴=文Artist:ケント・モンクマンArtist:リチャード・ベルArtist:ジェームス・ルナArtist:アンチー・リン/林安琪/Ciwas Tahos/ジワス・ダホスArtist:ナタリア・パパエヴァArtist:アンデ・ソンビArtist:レベッカ・ベルモアArtist:ライアン!フェダーセンArtist:ノラ・ナランホ・モースArtist:ローズ・B・シンプソンArtist:ノーラン・オズワルド・デニスArtist:ブルック・アンドリューArtist:ブレット・グラハムArtist:マタアホ・コレクティブArtist:デニウソン・バニワArtist:タニヤ・ルキン・リンクレイターArtist:ダーナ・クラクストンArtist:スカイ・ホッピンカArtist:スバッシュ・テーベ・リンブArtist:カーラ・ロメロArtist:チャヌーパ・ハンスカ・ルガーArtist:ウィル・ウィルソンArtist:マーカス・アマーマンArtist:アルアイ・ガウマガン/武玉玲/ウー・ユーリン執筆・編集協力第60回ヴェネチア・ビエンナーレ Hãhãwpuá パビリオン 原田真千子=取材・文Interview:藤戸康平 五十嵐聡美=取材・文Interview:宇梶静江 永峰美佳=取材・文Column:Va Fealoa’ i 木原雪=文、村上佳代=翻訳Column:「台湾原住民族」が 「台湾原住民族」である所以―文化闘争とマクタアイ生態芸術村 栖来ひかり=文 Column:世界の潮流と交流に見るアイヌのアート 鵜澤加那子=文Column:アイヌのアートと、共存のための感覚哲学 田村ゆりか=文先住民のアートと文化に関する 世界の施設・団体 神道朝子=文[論考]先住民の現代アートの到来! マリオ・A・カロ=文 村上佳代=翻訳隠された傷を照らす─表現を通じたアイヌの解放と快方 北原モコットゥナシ(※シは小文字)=文SPECIAL FEATURE:第60回ヴェネチア・ビエンナーレ 日本館 毛利悠子「Compose」展 危機に直面する世界で、循環する「共生」を奏でる 飯田真美=取材・文Artist in Focus:OPEN GROUP 鴻野わか菜=取材・文Artist in Focus:ケイト・ニュービー 三木あき子=取材・文Artist in Focus:横山奈美 近藤健一=取材・文エスパス ルイ・ヴィトン東京 マーク・レッキー「Fiorucci Made Me Hardcore feat. Big Red SoundSystem」展 荒木悠=聞き手・構成エスパス ルイ・ヴィトン大阪 アイザック・ジュリアン「Ten Thousand Waves」展 金澤韻=聞き手・構成WORLD REPORT:New YorkWORLD REPORT:LondonWORLD REPORT:BerlinWORLD REPORT:SharjahWORLD REPORT:Chiang RaiArtist Interview:エレナ・トゥタッチコワReviews:池田一憲、本田健二人展「霧のふるさと」  椹木野衣=文Reviews:長谷川繁、城戸保「ペイン天狗とホト愚裸夫」展  清水穣=文青柳龍太「我、発見せり。」( 33)安藤裕美「前衛の灯火」第10話プレイバック! 美術手帖 原田裕規=文BOOK月刊美術史常備店・バックナンバー案内次号予告
  • 美術手帖 2024年4月号

    1,600pt/1,760円(税込)

    2020年代、コンテンポラリー・アートのグローバルな拡大が進行するとともに、ヨーロッパ、アフリカ、中近東、東アジア、北中米、南米など、それぞれの地域や歴史に根差した活動を続けるアーティストが目立ってきている。そして、その作品や活動を再評価する展覧会や国際芸術祭も数多く開催されている。
    それぞれの作品にも、ポストコロニアリズム、戦争、先住民、移民、神話・伝承、ネーション、エコロジー、ジェンダー、ケア、資本主義、人工知能、仮想現実など、多くのテーマが見られ、その在り様や価値基準もますます多様化・細分化していると言えるだろう。
    本特集では、その多様化する世界のアートシーンで活動するアーティスト85名を、テーマや地域を横断し幅広く紹介する。「多様性の時代」と呼ばれる現在を生きる様々なアーティストを見渡すことで、コンテンポラリー・アートの現在と未来を考えたい。

    SPECIAL FEATURE
    世界のアーティスト2024
    「多様性の時代」のコンテンポラリー・アート

    ソフィア・アル・マリア/イブラヒム・マハマ/
    アヨン・キム/ニュー・レッド・オーダー/
    ジェシー・ダーリング/シモーヌ・リー

    ジュマナ・マナ/ローレンス・アブ・ハムダン/
    タオ・グエン・ファン/ハジラ・ワヒード/
    プレシャス・オコヨモン/マイケル・アーミテージ/
    マーティーン・シムズ/アレイ・コレクティブ/
    クリスティン・スン・キム/コラクリット・アルナノンチャイ/
    キャロリン・ラザード/セコラ・マイン・ワヤン(SMW)/
    プラジャクタ・ポトニス/ディネオ・セシー・ボパペ/
    メリエム・ベナーニ/セシル・B・エヴァンス/
    エイヴリー・シンガー/アレクサンドラ・デイジー・ギンズバーグ/
    タリク・キスワンソン/アンネ・イムホフ/エドガー・カレル/
    ウェンディ・レッド・スター/カプワニ・キワンガ/
    アンドリウス・アルチュニアン/タラ・マダニ/栗林隆/
    ペポン・オソリオ/タウス・マハチェワ/オープン・グループ/
    サルマン・トゥール/毛利悠子/タレク・アトゥイ/マルグリット・ユモー/
    イアン・チェン/ジョン・ラフマン/ジュリアン・シャリエール/
    ルアンルパ/ジョナタス・デ・アンドラーデ/フィレレイ・バエズ/
    サオダット・イズマイロボ/イキバウィクルル/チャヌーパ・ハンスカ・ルガー ほか

    SPECIAL TALK
    対談:片岡真実×ウンジー・ジュー
    ローカルな知を世界の全体像につなぐために
    山本浩貴=進行 中野勉=構成・翻訳

    アーティスト索引、執筆者紹介/編集協力

    ========
    ARTIST IN FOCUS
    寺内曜子
    渡部葉子=取材・文

    今村源
    楠本愛=取材・文

    照屋勇賢
    池上裕子=取材・文

    WORLD REPORT
    New York/London/Ipoh/Taipei

    ARTIST INTERVIEW
    白井美穂
    沢山遼=聞き手

    REVIEWS
    高崎恵「Studio Nest II」展
    椹木野衣=文

    城戸保「駐車空間、文字景、光画」展、野村浩「Painter」展
    清水穣=文

    青柳龍太「我、発見せり。」(32)
    安藤裕美「前衛の灯火」第9話
    プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
    BOOK
    月刊美術史

  • 美術手帖 2024年1月号

    1,440pt/1,584円(税込)

    今秋、「さいたま国際芸術祭2023」のディレクターを務めた現代アートチーム・目[mé]を特集。結成から10年を超えるいま、プロジェクトの規模を大きくしながら、つねに新たな話題と驚きをもたらしてくれる彼ら。だが、人が思わず誰かに話したくなるような仕掛けや、そのときその場での作品体験が重要な意味を持つ作風から、話題先行型ととらえられたり、その活動の「実像」が十分に伝わっていない現状もあるのではないか。本特集は、そんな目[mé]がいま何を考えていて、次の10年に向けてどんなステージに向かおうとしているのか、「さいたま国際芸術祭2023」をきっかけにして探っていく。
    美学者・伊藤亜紗との対談や「SCAPER」の秘密に迫る座談会、これまで機会の少なかった増井へのインタビュー、チームのメンバーへの取材も実施した。目[mé]の掲げる「クリエイティビティの分配」というコンセプトは、多くのクリエイターにとっても参照点となるだろう。目[mé]の結成までを描いた「伝記マンガ」も見どころのひとつだ。



    さいたま国際芸術祭2023
    レビュー:驚嘆と目撃 エマニュエル・モンガソン=文、田村かのこ=翻訳
    歩く・見つける・話し合う─ 白鳥建二と巡る「さいたま国際芸術祭2023」ツアー 白坂由里=取材・文、西田香織=撮影
    近藤良平×田口陽子×奥野武範+目[me] 「SCAPER」はどこにいる? 近江ひかり=構成、西田香織=撮影
    対談:伊藤亜紗×目[me] 疑心暗鬼と、予感に満ちる世界 編集部+杉原環樹=聞き手、今野綾花=構成、吉次史成=撮影
    哲学装置「わたしたち」 山森裕毅=文
    目[me]とは?(1) :畑井恵
    目[me]はどちらを向いているのか 長島確=文
    伝記マンガ:目[me]の誕生 奥野武範=原作、秋野ひろ=漫画
    「クリエイティビティの分配」とは何か?:目[me]流「チームビルディング」南川憲二=談、永峰美佳=取材・構成
    「クリエイティビティの分配」とは何か?:増井宏文インタビュー
    「クリエイティビティの分配」とは何か?:活動をともにするクリエイターたち
    目[me]とは?(2):宇多丸(RHYMESTER)
    目[me]の作品世界
    目[me]とは?(3):小野桃子
    目[me]インタビュー 編集部+杉原環樹=聞き手、今野綾花=構成、岩澤高雄=撮影
    量子論的不思議の国で 芹沢高志=文
    アート&デザイン学校ガイド
    ARTIST IN FOCUS:鈴木ヒラク 岡村恵子=取材・文
    ARTIST IN FOCUS:キュンチョメ 野中祐美子=取材・文
    ARTIST IN FOCUS:小田原のどか 山本浩貴=取材・文
    エスパス ルイ・ヴィトン東京:ケリス・ウィン・エヴァンス
    エスパス ルイ・ヴィトン大阪:シモン・アンタイ
    トム・サックス×MARPH
    WORLD REPORT:New York 國上直子=文
    WORLD REPORT:London 橘匡子=文
    WORLD REPORT:Berlin 河内秀子=文
    WORLD REPORT:S?o Paulo 仁尾帯刀=文
    WORLD REPORT:Kuala Lumpur 金井美樹=文
    ヴァン クリーフ&アーペル:DANIEL BRUSH THINKING ABOUT MONET
    イトーキ
    ARTIST INTERVIEW:石川真生 村上由鶴=聞き手
    REVIEWS:「優美で、優雅で、美しい、粗っぽさ マドハット・カケイ展」 椹木野衣=文
    REVIEWS:「生誕120年 安井仲治」展 清水穣=文
    青柳龍太「我、発見せり。」(31)
    PAPERS:スペクトルの方法:ろう者と芸術の敷衍性 木下知威=文
    安藤裕美「前衛の灯火」第8話
    プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
    BOOK
    月刊美術史
    常備店リスト・バックナンバー案内
    次号予告
  • 美術手帖 2023年10月号

    1,440pt/1,584円(税込)

    現代最高の画家のひとり、デイヴィッド・ホックニーは、1937年にイギリスに生まれ、絵画、ドローイング、版画、写真、舞台芸術などの分野を横断しながら、60年代より半世紀以上にわたり現代美術の第一線で作品を発表し続けきました。彼の作品の多くは、身の回りにある人物、静物、自然などがモチーフになっていて、その制作は、まずそれらを真摯に、そして徹底的に「見る」ことから始まっています。その視覚の豊かさを起点にした、描写力に優れた絵画空間は、世代や人種を超えて世界中の多くの人々を魅了してきました。

    いまもなお旺盛な制作活動を続ける画家・ホックニーの、日本では27年ぶりとなる「デイヴィッド・ホックニー展」が東京都現代美術館で開催されます(7月15日〜11月5日)。本特集では、作家自身の言葉・代表作を通観する作品制作年代記・関係者のインタビュー・論考から、その人生、独自の視覚論と制作論、そして作品に潜む思想に迫ります。


    《ノルマンディーの12か月》
    画業人生で語った、その言葉

    CHLONOLOGY
    1937~2023 ホックニーの人生と作品制作年代記
    内田伸一=構成

    COLUMN
    初期作品における「様式の折衷」を可能にする条件とは?
    桝田倫広=文

    日光浴をする人
    クリス・スティーヴンス=文 中野勉=翻訳

    デイヴィッド・ホックニーの写真──フォトコラージュ/キュビスム/記憶の保存修復
    石川卓磨=文

    龍安寺庭園を変換する──ホックニーのフォトコラージュ
    山内朋樹=文

    レンズ、画像をキーワードに絵画の歴史を再検証する
    中島水緒=文

    ヨークシャー丘陵
    ヘレン・リトル=文 中野勉=翻訳

    REPORT
    ロンドンでデイヴィッド・ホックニーを歩く
    齋木優城=文

    iPad絵画は(写真のように)「素朴な絵画」に奉仕するのか
    gnck=文

    INTERVIEW
    大竹伸朗が語るホックニー
    成相肇=聞き手

    マーティン・ゲイフォード/マルコ・リヴィングストン
    國上直子=聞き手

    ESSAY
    人間的次元
    マルコ・リヴィングストン=文 中野勉=翻訳

    展覧会情報


    ARTIST IN FOCUS
    冨井大裕
    勝俣涼=取材・文

    ルビー・ネリ
    山本浩貴=取材・文

    ケニー・シャーフ
    松下徹=取材・文

    ローレン・クイン
    ネトルトン太郎=取材・文

    WORLD REPORT
    New York/Manchester/Völklingen/Los Angeles

    ARTIST INTERVIEW
    安藤正子
    中村史子=聞き手

    PAPERS
    KYNEと江口寿史──あるいはゾンビ・ポップの予感
    塚田優=文

    REVIEWS
    「ここに根をはる ─津波のあとの植物たちとその環境」展
    椹木野衣=文

    「幽霊の道具」展
    清水穣=文

    青柳龍太「我、発見せり。」(30)
    安藤裕美「前衛の灯火」第7話
    プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
    BOOK
    月刊美術史



    Editors Note
    ノルマンディーの12か月
    「見る」を愛した画家の人生
    画業人生で語った、その言葉
    ホックニーの人生と作品制作年代記:1937?1963 内田伸一=構成
    COLLUMN:初期作品における「様式の折衷」を可能にする条件とは?  桝田倫広=文
    ホックニーの人生と作品制作年代記:1964?1972 内田伸一=構成
    COLLUMN:日光浴をする人 クリス・スティーヴンス=文 中野勉=翻訳
    ホックニーの人生と作品制作年代記:1973?1986 内田伸一=構成
    COLLUMN:デイヴィッド・ホックニーの写真──フォトコラージュ/キュビスム/記憶の保存修復 石川卓磨=文
    COLLUMN:龍安寺庭園を変換する──ホックニーのフォトコラージュ 山内朋樹=文
    ホックニーの人生と作品制作年代記:1987?2001 内田伸一=構成
    COLLUMN:レンズ、画像をキーワードに絵画の歴史を再検証する 中島水緒=文
    ホックニーの人生と作品制作年代記:2002?2007 内田伸一=構成
    COLLUMN:ヨークシャー丘陵 ヘレン・リトル=文 中野勉=翻訳
    ホックニーの人生と作品制作年代記:2008?2023 内田伸一=構成
    ロンドンでデイヴィッド・ホックニーを歩く 齋木優城=文
    COLLUMN:iPad絵画は(写真のように)「素朴な絵画」に奉仕するのか gnck=文
    INTRVIEW:大竹伸朗 成相肇=聞き手
    INTRVIEW:マーティン・ゲイフォード 國上直子=聞き手
    INTRVIEW:マルコ・リヴィングストン 國上直子=聞き手
    ESSAY:人間的次元 マルコ・リヴィングストン=文 中野勉=翻訳
    展覧会情報
    ARTIST IN FOCUS 1:冨井大裕 勝俣涼=取材・文
    ARTIST IN FOCUS 2:ルビー・ネリ 山本浩貴=取材・文
    ARTIST IN FOCUS 3:ケニー・シャーフ 松下徹=取材・文
    ARTIST IN FOCUS 4:ローレン・クイン ネトルトン太郎=取材・文
    松竹 SHUTL
    ミュシャ財団公認ブランド「MUCHA」
    WORLD REPORT New York/Manchester/V?lklingen/Los Angeles
    ARTIST INTERVIEW:安藤正子 中村史子=聞き手
    REVIEWS:「ここに根をはる ─津波のあとの植物たちとその環境」展 椹木野衣=文
    REVIEWS:「幽霊の道具」展 清水穣=文
    青柳龍太「我、発見せり。」(30)
    PAPERS:KYNEと江口寿史──あるいはゾンビ・ポップの予感 塚田優=文
    安藤裕美「前衛の灯火」第7話
    プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
    BOOK
    月刊美術史
    常設店 / バックナンバー案内
    次号予告

  • 美術手帖 2023年7月号

    1,440pt/1,584円(税込)

    今回の特集では、SIDE COREを監修に迎え、「ストリート」と呼ばれる場所で生まれ、育まれてきた表現や価値観を、その場所で生きてきた当事者の世界観や声を通して見ていきます。そのことで、「ストリートアート」の再定義のきっかけとなることが目指されており、「アート」の枠組みの再考をも促すものにもなるはずです。

    巻頭のインタビューでは、WANTO、森田貴宏、スケシン、グレート・ザ・歌舞伎町、TOKYO ZOMBIEと、熱量の高いコミュニティやシーンを形成している方々に話を聞いています。また、ストリートカルチャーの範囲が拡大していることにあわせ、タトゥーやスケートボード、グラフィティ、メッセンジャー、パルクールなど、様々な領域のキーパーソンに登場してもらいます。また、東京だけではない全国のハブとなるショップも紹介。ストリートのアートを整理するのではなく、複雑に絡み合う路上の文化、その未知なる感性と価値観に迷い込む入り口になる特集となっています。



    目次
    目次
    editors note
    日本のストリートとアート、から(SIDE CORE=文)
    WANTO
    森田貴宏
    スケシン
    グレート・ザ・歌舞伎町
    TOKYO ZOMBIE
    ART WORK:赤木楠平
    KEY PERSON:鷲尾友公
    KEY PERSON:細野晃太朗
    KEY PERSON:高田光
    対談:河野未彩×KANAE(MES)
    KEY PERSON:YUKHINX a.k.a.YUKI
    KEY PERSON:ame+fumijoe (security blanket)
    KEY PERSON:Russell Maurice
    KEY PERSON:ZOSEN x MINA HAMADA
    KEY PERSON:濱田晋
    KEY PERSON:山下丸郎
    ART WORK:菊地良太
    VOYAGE KIDSの全国ストリートカルチャーショップガイド
    COLUMN:カタストロフィにおけるポスト資本主義のアーティヴィズム(鈴木沓子=文)
    COLUMN:日本のストリートとファッション(山下丸郎=文)
    COLUMN:無地の肌に問う(辻陽介=文)
    COLUMN:クラシック・テクニック(HIKARU TAKATA=文)
    COLUMN:都市の流れ/その下の地形/その先の……(山川陸=文)
    ART WORK:それもまたよし
    PIONEER:能勢伊勢雄
    PIONEER:林文浩
    ARTWORK:光岡幸一
    DISCUSSION:南塚真史(NANZUKA)×佐藤拓(PARCEL)×SIDE CORE
    DISCUSSION:窪田研二×藪前知子×SIDE CORE
    ESSAY:ストリートの空気は自由にする(荏開津広=文)
    あとがき(SIDE CORE=文)
    ARTIST IN FOCUS:テリー・ウィンタース
    ARTIST IN FOCUS:遠藤薫
    エスパス ルイ・ヴィトン「アルベルト・ジャコメッティ」展
    T-HOUSE New Balance
    公益財団法人 小笠原敏晶記念財団
    WORLD REPORT
    ARTIST INTERVIEW:ヤン・ヘギュ
    青柳龍太「我、発見せり。」(29)
    REVIEWS:カタルシスの岸辺「死蔵データGP 2022-2023」(椹木野衣=文)
    REVIEWS:サーニャ・カンタロフスキー「After birth」展(清水穣=文)
    安藤裕美「前衛の灯火」第6話
    プレイバック!美術手帖(原田裕規=文)
    BOOK
    月刊美術史
    常備店リスト/バックナンバー案内
    次号予告
  • 美術手帖 2023年4月号

    1,440pt/1,584円(税込)

    近年「ブラック・アート」の躍動が目覚ましい。2022年の第59回ヴェネチア・ビエンナーレで、アフロ・カリブ系イギリス人であるソニア・ボイスの手がけたイギリス館の展示が金獅子賞(国別)を受賞し、同年のターナー賞は、17年のルベイナ・ヒミド以来、黒人女性として史上2人目のヴェロニカ・ライアンが受賞している。また「ブラック・アーティスト」や「マイノリティ」と呼ばれる作家たちの活動や意義の見直しを図る展覧会が各国で開催され、『アートレビュー』誌が選出する、美術界でもっとも影響力のある100組 のランキング「Power 100」では、アフリカの現地を拠点に活動する作家やキュレーターの名前も数多く見られる。
    しかしながら、私たちが「ブラック・アート」と名付けるものとはいったい何を指すのか? なぜ私たちは地域や世代ではなく「色」で、その作品や人物をカテゴライズしているのか? 本特集では、文化研究者の山本浩貴を総合監修に迎えて、「ブラック・アート」という言葉と概念をとらえ直してみたいと思う(共同監修=中村融子[アフリカ現代美術研究])。
    欧米を中心としたアートサーキットで活躍するブリティッシュ・ブラックやアフロ・アメリカンの作家やキュレーターにくわえて、アフリカやカリブ海地域で生まれ、現地を拠点に活動するアートのプレイヤーを取り上げ、同時に「ブラック・アート」を語るうえで欠かすことのできない、その「歴史」や「研究」にも目を向ける。現在美術界で活躍する「ブラック」のプレイヤーたちの言葉に耳を傾け、その言葉に潜む歴史を知ること、日本で「ブラック・アート」を語る意味を考えたい。

    SPECIAL FEATURE
    ブラック・アート
    山本浩貴=総合監修 中村融子=共同監修

    「ブラック・アート」とは何か? 「ブラック・アーティスト」とは誰か?
    山本浩貴=文

    PART1
    ブラック・アートの現在地

    ソニア・ボイス
    山本浩貴=聞き手・文

    シアスター・ゲイツ
    菊池裕子=聞き手 山本浩貴=構成

    コヨ・クオ
    中村融子=聞き手・文

    イブラヒム・マハマ
    中村融子=聞き手・文

    メグ・オンリ
    金井美樹=聞き手・文

    未来と過去が織り成す交点──ブリティッシュ・ブラック・アートの現在地
    山本浩貴=文

    2010年代以降のアメリカにおけるブラック・アートの新たな地平
    國上直子=文

    美術と主権を「複数化」すること──アフリカ現代美術のエコシステムの涵養
    中村融子=文

    カリブ海・環大西洋ブラック・アート論序説
    中村隆之=文

    [対談]「ブラック・アート」研究のこれまでとこれから──日本における可能性と課題
    萩原弘子×小笠原博毅
    山本浩貴=進行 永峰美佳=構成

    「ブラック・アート」をめぐるキーパーソンたち
    エル・アナツイ/サミー・バロジ/インカ・ショニバレCBE/ルベイナ・ヒミド/ローナ・シンプソン/マリアンヌ・イブラヒム/アレクシス・ペスキン/ボナベントゥアー・ソー・ベジェン・ンディクン

    吉國元
    永峰美佳=取材・文

    マーロン・グリフィス
    菊池裕子=聞き手

    PART2
    ブラック・アートの歴史
    奴隷制と植民地主義/欧米での展覧会/ヴィフレド・ラム/ジャン=ミシェル・バスキア/言説と批評/美術と政治

    「ブラック・アート」をより深く考えるためのブックガイド

    [翻訳論考]ブラック・アート──代表するという重荷
    コビナ・マーサー=文

    [論考]「ニグロ・アート」とブラック・アート:誰が文化を規定するのか
    柳沢史明=文

    ARTIST IN FOCUS
    石垣克子
    白坂由里=取材・文

    百瀬文
    中島水緒=取材・文

    WORLD REPORT
    New York/Dublin, Nottingham, London/Scotland/Berlin/Tainan/Kuala Lumpur

    ARTIST INTERVIEW
    牛島智子
    竹口浩司=聞き手

    REVIEWS
    「日本の中のマネ 出会い、120年のイメージ」展
    椹木野衣=文

    金氏徹平個展「POOOPOPOO」
    清水穣=文

    PAPERS
    ランドアートのレガシーとその向こう
    原田真千子=文

    青柳龍太「我、発見せり。」(28)
    安藤裕美「前衛の灯火」第5話
    プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
    BOOK
    月刊美術史
  • 美術手帖 2023年1月号

    1,440pt/1,584円(税込)

    場所や天候、動物までも巻き込んだサイトスペシフィックな作品や活動を各地で展開し、芸術の根源的な問い直しを続けている作家、鴻池朋子。本特集では、今夏からリレーし、視覚以外の感覚にも開かれた個展「みる誕生」を起点に、「みる」とは何かを問う。



    目次
    目次
    Editors note
    鴻池朋子 足元に降り立つ「みる誕生」
    鴻池朋子インタビュー
    FOCUS 01 みる誕生会
    FOCUS 02 筆談ダンス
    FOCUS 03 糞土思想とミュージアム
    FOCUS 04 物語るテーブルランナー
    コラム:転がる転がるテーブルランナー
    鴻池朋子のストラクチャー
    FOCUS 05 大島と「金陽会」の絵
    コラム:美術の初源を伝えるー鴻池朋子さんについて
    FOCUS 06 「逃走階段」と 「緑の森の一角獣座」
    エッセイ:惑星のほうへー高松と大島を旅して感じたこと
    特別対談:池澤夏樹 × 鴻池朋子
    展覧会情報
    アート&デザイン学校ガイド
    ARTIST IN FOCUS 1:今井俊介
    ARTIST IN FOCUS 2:青柳菜摘
    WORLD OF NFT ART Adam byGMO
    WORLD REPORT
    ARTIST INTERVIEW:プレシャス・オコヨモン
    REVIEWS
    青柳龍太「我、発見せり。」( 27)
    PAPERS:ルース・アサワー生命/環境のネスト
    安藤裕美「前衛の灯火」第4話
    プレイバック!美術手帖
    BOOK
    月刊美術史
    常備店リスト / バックナンバー案内
    次号予告
  • 美術手帖 2022年10月号

    1,440pt/1,584円(税込)

    「もっとヘタになりたい」と語る、五木田智央の絵画はもちろんのこと、それらを生み出す文化的コンテクストにも焦点を当て、彼の絵画構築の方法や創作の原点に迫る。



    広告
    目次
    広告
    目次
    広告
    Editors note
    特集扉
    五木田智央インタビュー
    The Sketches in notebooks
    五木田智央100問100答
    「コンセプト」なき 絵画制作の方法論
    ジェイミーソン・ウェブスター(精神分析医)
    The Sketches in notebooks
    五木田智央100問100答
    ジム・オルーク(音楽家)
    The Original Photo Book by Tomoo Gokita 2001
    五木田智央の「ヘタうま」画業人生
    テイ・トウワ/ティム・ブラム/石井孝之
    The Sketches in notebooks
    五木田智央100問100答
    みんなで語る「五木田智央」
    The Sketches in notebooks
    五木田智央にとっての「アート」と「イラストレーション」 文=塚田優
    ターンテーブルとしての画家の肖像 文=佐々木敦
    The Sketches in notebooks
    SPECIAL FEATURE ドクメンタ15 金井美樹=文
    ARTIST IN FOCUS 工藤麻紀子
    ARTIST IN FOCUS 田口和奈
    ヴーヴ・クリコ ソレール・カルチャー
    WORLD OF NFT ART Adam byGMO
    WORLD REPORT ニューヨーク
    WORLD REPORT ロンドン
    WORLD REPORT カッセル/ベルリン
    WORLD REPORT パリ
    WORLD REPORT サンパウロ
    ARTIST INTERVIEW アレック・ソス
    レビュー「中村恭子」展 椹木野衣=文
    レビュー 「ゲルハルト・リヒター」展 清水穣=文
    青柳龍太「我、発見せり。」(26)酒器
    Papes:粟田大輔「表徴を愛する」
    安藤裕美「前衛の灯火」(3)
    プレイバック! 美術手帖
    BOOK
    月刊美術史
    常備店リスト・バックナンバー案内
    次号予告
    ミュージアムはデジタル化にどう向き合うか
  • 美術手帖 2022年7月号

    1,440pt/1,584円(税込)

    1932年にドレンスデンで生まれ、ナチスや共産主義体制のもとで青年期を過ごしたゲルハルト・リヒター。60年代に写真をもとにしたイメージにぼかしなどの技法を加える「フォト・ペインティング」で高い評価を受け、70年代には「アブストラクト・ペインティング」を発表。抽象絵画と具象絵画を行き来して、数多くの作品を生み出してきた。彼はその間にも家族を含む自身の記憶とドイツの歴史、その光と影に向き合い続けてきた。そしてついに、アウシュヴィッツとイメージの問題に真正面から取り組んだのが、2014年の《ビルケナウ》である。本特集では、リヒターの60年にわたる画業の到達点《ビルケナウ》に焦点を当て、2つの論考と「アーティストブック」を通して、作品を読み解くとともにリヒターの思索の軌跡を辿った。


    SPECIAL FEATURE
    ゲルハルト・リヒター 《ビルケナウ》という到達点

    PART1
    ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》(2014)
    [論考]イメージと倫理の位相
    ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》とアウシュヴィッツ
    西野路代=文


    PART2
    Artist’s Books of Gerhard Richter
    リヒターにとっての「アーティストブック」とは何か?
    河内秀子=文


    PART3
    《ビルケナウ》以降のリヒターの抽象絵画とドローイング

    [論考]ふたたび始めること ──ゲルハルト・リヒターの 新作抽象絵画
    ディーター・シュヴァルツ=文 中野勉=翻訳

    SPECIAL FEATURE
    ロバート・スミッソン「フレデリック・ロー・オルムステッドと弁証法的風景」
    平倉圭+近藤亮介=翻訳 近藤亮介=解題

    ***

    ARTIST IN FOCUS
    小寺創太
    大岩雄典=聞き手・文

    富田直樹
    岩垂なつき=聞き手・文

    WORLD NEWS
    New York/London/Berlin/Taiwan / Sharjah

    ARTIST INTERVIEW
    ムン・キョンウォン& チョン・ジュンホ
    馬定延=聞き手

    PAPERS
    無為を表象する ──セーヌ川からジョルジュ・スーラへ流れる絵画の(非)政治学
    中島水緒=文

    REVIEWS
    「生誕100年 松澤宥」展
    椹木野衣=文
    山本尚志個展「ゲーム」「ART SHODO-進化する芸術運動としての書-」展
    清水穣=文

    青柳龍太「我、発見せり。」(25)
    追悼 池田修 川俣正=文
    安藤裕美「前衛の灯火」第2話
    プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
    BOOK
    月刊美術史
  • 美術手帖 2022年4月号

    1,280pt/1,408円(税込)

    新宿や渋谷の繁華街でネズミを追いかけていた結成初期から17年。アート界の異端的存在だったChim↑Pomが資本主義の象徴ともいえる六本木の高層階で回顧展「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」(2月18日~5月29日)を開催中だ。社会の不穏な匂いや問題のありかを直感的に察知するや、全身全霊をかけて現場に飛び込み、当事者たちと円陣を組みながら、あらゆる制約や衝突を乗り越えて、「アート」として社会に提示する。そんな挑戦を続けてきた6人とは、いったい何者なのか。展覧会の準備のさなか、全メンバーの絶妙な想像力の融合によってかたちづくられる「Chim↑Pom」の実体に迫った。

    SPECIAL FEATURE
    Chim↑Pom

    PART1

    制作ドキュメント
    「Chim↑Pom展 ハッピースプリング」ができるまで
    東海林広太=撮影 杉原環樹=文

    Chim↑Pomインタビュー
    アートと社会が出会う場で、自由な表現を獲得するには?
    窪田研二=聞き手

    2005-2022 Chim↑Pom Chronology

    コラム:僕の視点からみたChim↑Pom結成直後
    会田誠=文


    関係者インタビューで迫るプロジェクトの共犯関係
    ・広島!プロジェクト/松波静香

    ・LEVEL7 feat.『明日の神話』/水野祐

    ・Don’t Follow the Wind/エヴァ&フランコ・マッテス

    ・また明日も観てくれるかな?/手塚マキ

    ・Sukurappu ando Birudo 道が拓ける/周防貴之

    ・道(Street)+道上趴體 - ART is in the pARTy -/ベティ・アップル

    ・にんげんレストラン/松田修

    ・A Drunk Pandemic/HERE AND NOW展と、持続可能な美術館の未来
    グラニエ・フリン×田附那菜×水野響


    PART2

    Keyword1:パブリック
    小田原のどか×卯城竜太
    「公共」と美術を問い直す

    Keyword2:ジェンダー
    上野千鶴子×エリイ
    自由を希求するアートにこそできること

    Keyword3:キュレーション
    卯城竜太×水野俊紀×久保寛子×涌井智仁×髙木遊
    新しいキュレーションのかたちとは?


    PART3

    語り直す前衛、爆発する想像力
    福住廉=文

    グローバル・ヒストリーから読み直す前衛とChim↑Pomの関係
    富井玲子=解説

    Chim↑Pomの準ゾミア
    ジェイソン・ウェイト=文 中野勉=翻訳

    ***

    ARTIST PICK UP
    ジェスパー・ジャスト
    久保田晃弘=聞き手

    原田裕規
    松岡剛=聞き手

    WORLD NEWS
    New York/London/Berlin/Korat/Insight

    ARTIST INTERVIEW
    松江泰治
    倉石信乃=聞き手

    特別寄稿
    美術批評の地殻変動──冷戦崩壊後あるいは平成のはじまり
    筒井宏樹=文

    REVIEWS
    「人工知能美学芸術展:美意識のハードプロブレム」
    椹木野衣=文
    松江泰治「makietaTYO」展
    清水穣=文

    Go! Artists Go! Vol.72 谷口智美
    とやま工芸シンポジウム
    Adam byGMOが描くNFTアートの未来像

    追悼 糸井貫二(ダダカン) 椹木野衣=文
    青柳龍太「我、発見せり。」(24)
    安藤裕美「前衛の灯火」第1話
    プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
    BOOK
    月刊美術史
    常備店リスト
    バックナンバー案内
    次号予告

レビュー

美術手帖のレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ