漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

週刊東洋経済 2021年4月10日号 NEW

通常価格:
639pt/702円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

週刊東洋経済(57巻配信中)

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【第1特集】環境・格差・テクノロジー 大乱世の思想ガイド マルクスvs.ケインズ
[図解]戦後社会の信念とイデオロギーを打ち壊した「現代の焦点」 信念1 資本主義が人々の生活水準を向上させる?/信念2 世界は経済発展とともに民主化する?/信念3 テクノロジーは人類に進歩をもたらす?
15分でOK! 経済思想がすっきりわかる 用語解説 有効需要の原理/所得の分配と再分配/外部経済、外部不経済/使用価値、交換価値/協同組合/消費者主権論/大衆社会/社会主義経済計算論争
資本主義に未来はあるか「持続可能な資本主義は実現できる」 国際基督教大学特別招聘教授、東京大学名誉教授 岩井克人
マルクス主義は現実解を示せるのか「資本主義のグレートリセットが必要だ」 大阪市立大学大学院准教授 斎藤幸平
[誌上講義1]マルクス「未来への構想」 『資本論』で訴えたのは人間関係の再構築だ
[誌上講義2]ケインズが起こした革命 平等こそ経済成長の源 世界恐慌下の大転換
[誌上講義3]ハイエクの中央銀行批判 貨幣発行を国が独占せず民間の競争に委ねよ
ハイエクならMMTをどう評価? 競争的貨幣発行はばらまき阻む
テクノロジーと民主主義AI、SNSと民主主義は共存できるのか ハーバード大学ロースクール教授 ローレンス・レッシグ
[ 誌上講義4 ] アーレント「現代人への警告」 トランプ現象の本質 日常にある全体主義の闇
日本の哲人・宇沢弘文 今こそ響く思想 社会的共通資本
ベーシックインカム批判 「ばらまく」ことの落とし穴
原子力技術との向き合い方 原子力発電の危険性を哲学者はどう考えたか 関西外国語大学准教授 戸谷洋志
評論家、翻訳家・山形浩生が選ぶ 「今知るべき経済思想」12冊

【第2特集】前途多難の「日米欧」金融政策 「中央銀行」の正念場
バーナンキショック再来はあるか 新興国で高まる資金流出懸念
専門家に聞く 今後の金融政策とマーケット みずほ総合研究所エグゼクティブエコノミスト 門間一夫/UBS証券チーフエコノミスト 足立正道/ソニーフィナンシャルホールディングス金融市場調査部長 尾河眞樹

連載
|経済を見る眼|太田聰一
|ニュースの核心|野村明弘
|編集部から|
|ニュース最前線|
|発見! 成長企業|イーレックス
|会社四季報 注目決算|
|トップに直撃|前田建設工業 社長 前田操治
|フォーカス政治|軽部謙介
|グローバル・アイ|ダロン・アセモグル
|INSIDE USA|会田弘継
|中国動態|小原凡司
|財新|
|マネー潮流|高井裕之
|少数異見|
|企業事件簿|高橋篤史
|知の技法 出世の作法|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|佐々木周作
|リーダーのためのDX 超入門|山本康正
|話題の本|『私が原発を止めた理由』著者 樋口英明氏に聞く ほか
|経済クロスワード|
|人が集まる街 逃げる街|牧野知弘
|読者の手紙 次号予告|

作品ラインナップ  57巻まで配信中!

レビュー

週刊東洋経済のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

▲ページTOPへ