漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

わたし、定時で帰ります。(新潮文庫)

通常価格:
590pt/590円(税抜)
(3.8) 投稿数5件
わたし、定時で帰ります。(新潮文庫)(1巻配信中)
作品内容

絶対に定時で帰ると心に決めている会社員の東山結衣。非難されることもあるが、彼女にはどうしても残業したくない理由があった。仕事中毒の元婚約者、風邪をひいても休まない同僚、すぐに辞めると言い出す新人……。様々な社員と格闘しながら自分を貫く彼女だが、無茶な仕事を振って部下を潰すと噂のブラック上司が現れて!? 働き方に悩むすべての会社員必読必涙の、全く新しいお仕事小説!

作品ラインナップ  1巻まで配信中!
レビュー
わたし、定時で帰ります。(新潮文庫)のレビュー

平均評価:3.8 5件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 人気ドラマの
    あめさん 投稿日:2019/8/14
    ドラマをきっかけに結果を知りたくて購入して読みました。 現代の人を露骨に表現し強烈な個性を持った登場人物たち。 それぞれの人にどこかしら共感をもてました。
高評価レビュー
  • (5.0) 是非一度管理職の人に読んで欲しい
    さんりさん 投稿日:2019/7/5
    ドラマ化されて、原作が気になって読みました。 続編がでて欲しいのですが、続きが気になります。 今、本当に職場の課題だと思います。
  • (4.0) ドラマからの小説
    ちょんみさん 投稿日:2019/6/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 ドラマを見て面白かったので購入。ドラマとは内容が前後してたり多少設定が違ってますが、恐らく大筋は変わっていないはず…。(ドラマが終わっていないので何とも) ドラマも面白いですが、小説の方は結衣の心情が細かに描かれていて物語に入りやすかったです。 そのせいかムカムカと気分が悪くなってくる。(悪口ではないです。笑)誇張しているとはいえ、こういう会社って、ざらにあるんだろうなぁとか、福永のような話の通じない人間が確かに存在しているようにも思えます。 そんな中でブラックに染まろうとせず、もがき苦しみながらも、逞しく働く結衣の姿は一種の清涼剤のよう(笑) ちなみに私はドラマから入ったので、完全に吉高×向井をイメージして読んでいましたが、作中の晃太郎は完全に体育会系(恐らくイケメン設定)なので、ややイメージから外れるところ。(ドラマでは甲子園初戦敗退ですが、小説では確か準決勝辺りまで上りつめていたり、仕事でハイになると走り込んだり等々)←もちろん頭の中では向井くんが走り込みしてます。笑笑 晃太郎の仕事中毒も、作中の方がかなり重度のような気がします。これは複雑な経緯があったとはいえ二人が婚約解消に到るのも納得です。この手の人間は簡単に変わるとは思えないので、ハイパー(次巻)以降の二人が非常に心配です(誰目線。笑) 私としてはこの手の話にしては、ちょうど良い糖度でした!というよりドラマ、小説共に二人の応酬にニヤニヤ(笑)←二人が誰なのか答えるのは野暮というもの。やっぱり物語はハッピーエンドが一番ですよね! 続きを読む▼
  • (4.0) 頑張れユイユイ
    ばくさん 投稿日:2019/6/8
    ドラマが面白くて、結末が知りたくて購入しました。 私も残業を美徳とする会社で、ストレスいっぱいの仕事で、自分のストレスに耐えられず、同僚を傷つけ、自分も傷つけ 疲弊し、「これって何のために生きてる?」 と思い、転職しました 働き方は 、人それぞれ、みんなその人なりに頑張ってる そういう考えは、あの会社では受け入れてもらえませんでした 頑張れユイユイ 私と同じように仕事で疲弊したことがある方は、少し元気になれます 晃太郎との関係 彼の想い きゅんとします ハイパーの方も読みました ユイユイのこれからも是非読みたいです もっとみる▼
  • (3.0) 日本人は流される
    okさん 投稿日:2019/4/28
    日本人が長時間労働に「流される」様子がありありと分かり胸が痛くなる。といっても深刻になりすぎない。ちょっと安易ねえと思うエピソードもあるけれど、エンタメ性の強い展開で割りと引き込まれ楽しく読めた。
広告掲載中タイトル
小説・実用書ランキング
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ