We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

血のファタリテ

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数5件
血のファタリテ(1巻配信中)

作品内容

「おまえは俺の飼い犬だ、この世の地獄で一緒に生きろ」――母を亡くした高校生・元耶(もとや)は、突然ヤクザの組長宅に拉致されてしまう。実はそこは父と駆け落ちした亡き母の実家だったのだ!! 驚愕する元耶の前に現れた組長の息子・善司(ぜんじ)は彫刻のような美貌で蹂躙し、元耶の抵抗を嘲笑う。父を人質に取られたら逆らえない――。屈辱に震える無垢な体を、昼も夜もなく汚され喘がされてしまうが!? ※口絵・イラスト収録あり

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 血のファタリテ
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    「おまえは俺の飼い犬だ、この世の地獄で一緒に生きろ」――母を亡くした高校生・元耶(もとや)は、突然ヤクザの組長宅に拉致されてしまう。実はそこは父と駆け落ちした亡き母の実家だったのだ!! 驚愕する元耶の前に現れた組長の息子・善司(ぜんじ)は彫刻のような美貌で蹂躙し、元耶の抵抗を嘲笑う。父を人質に取られたら逆らえない――。屈辱に震える無垢な体を、昼も夜もなく汚され喘がされてしまうが!? ※口絵・イラスト収録あり

レビュー

血のファタリテのレビュー

平均評価:4.0 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) ヤクザらしいヤクザ
    椎の木さん 投稿日:2020/9/4
    ヤクザモノで 一般人との絡みの時に へんに優しくする設定とかが多いですが この本は 本当に理不尽な扱いをしてヤクザらしい設定でした。このような立場の二人の気持ちが合っていくのが興味深かったです。

高評価レビュー

  • (4.0) 嫌いじゃないけど…
    やのあゆさん 投稿日:2019/12/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 よくある、最初は嫌々だけど徐々に攻めに惹かれていくお話。でも攻めが酷すぎて…甘々が好きなわけではないんですが…読んでいて受けの心理描写とか丁寧だと思うのに、攻めの心理描写とかもう少し分かり易ければ良かったかな。なぜ受けは惹かれたの?惹かれる?と思ってしまい感情移入があまりできませんでした。「あっこれ攻め絶対キュンとしたじゃん!ドキッとしてるじゃん!」て場面がもう少し欲しかった…個人的な意見ですが。キュンとするところがない。攻めが受けにすこーーし甘いことする場面はありましたが、それもそんなに…って感じでした個人的には。たんに、誘拐犯とかの犯人に惚れてしまう被害者のアレでは?こわ…って感じがして。終盤から事件が起こりそこから攻めが優しくなりますが、事件のせいでも甘くなりすぎじゃない?いままでとくらべて〜って思ってしまいました。ただ、攻めの親友とかの気持ちとか立場はなんだかよくある応援部隊とかではなく、深くて好きだなあと思いました。…ううーんなんで好きになれたんだろう〜あんな攻めに…でもなんだかんだ最後まで読めたので星4つで。 続きを読む▼
  • (4.0) うわ!大好きな作品なんです!
    カンカンさん 投稿日:2019/12/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 驚いた。4年前に出版された作品が今、電子に?どういう仕組みなんだろう。先日、古本で購入したばかり。兼守美行さんの挿絵がものすご〜〜く美しくて、何度見ても飽きない。組長の息子、善司に暴行される元耶がとても可哀そうですが、だんだん善司に惹かれていく様子がたまらない。善司の幼馴染の生臭坊主もイケメン。善司と幼馴染の関係も不思議で惹かれる。今も枕元に置いて、寝る前に繰り返し読んでいます。特別水原さんのファンというわけでは無いのですが、何故かお気に入りな作品です。 続きを読む▼
  • (4.0) 面白かったです
    猫好きさん 投稿日:2020/4/14
    不憫健気受と暴君スパダリ攻とその親友のバイオレンス青春ラブ、なのかなー?という感じです。全体的に登場人物全員が情緒不安定気味ですが、それが人間の本質なんだ、みたいな哲学的な気配のするストーリー展開で、フランス映画みたいな掴みどころの無い魅力 があります。好き嫌いは別れると思います。 もっとみる▼
  • (4.0) 面白かったです
    くるたいさん 投稿日:2020/7/4
    残酷で非道な攻めとその親友の、覚悟を背負ってダークサイドを生きる姿と、2人の関係性が魅力的。その2人の側で、いろいろな愛の形を知る真っ直ぐな受け。悟りきれない親友の苦悩がほろ苦く、攻めより素敵でした。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ