マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPTL(ティーンズラブ)・レディコミマンガTL小説竹書房蜜猫文庫仔猫な花嫁は我慢しない 公爵閣下の溺愛教育仔猫な花嫁は我慢しない 公爵閣下の溺愛教育
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ライトノベル
仔猫な花嫁は我慢しない 公爵閣下の溺愛教育
1巻配信中

仔猫な花嫁は我慢しない 公爵閣下の溺愛教育

800pt/880円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「おいで。そこから先を教えるのは夫である僕の役目だ」
美貌のくせ者公爵×王女な幼妻
見捨てられた王女が公爵の新妻に? 甘い新婚生活……なハズが!?

父王の命で十歳年上の公爵、アルバラートに十二歳で嫁いだエステファニア。
愛妾の娘と蔑まれていた彼女は、唯一の味方だった彼の妻になれるのを喜ぶが、
アルバラートは彼女が十七歳になっても子供扱いして抱こうとしない。
彼には別に愛する人がいると聞かされたエステファニアは、
最後の思い出にアルバラートへ迫り一線を越える。
「気持ちよさそうだね、嬉しいよ」
優しい夫が見せた違う顔の記憶を胸に家を出ようとするが!?

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 仔猫な花嫁は我慢しない 公爵閣下の溺愛教育

    800pt/880円(税込)

    「おいで。そこから先を教えるのは夫である僕の役目だ」
    美貌のくせ者公爵×王女な幼妻
    見捨てられた王女が公爵の新妻に? 甘い新婚生活……なハズが!?

    父王の命で十歳年上の公爵、アルバラートに十二歳で嫁いだエステファニア。
    愛妾の娘と蔑まれていた彼女は、唯一の味方だった彼の妻になれるのを喜ぶが、
    アルバラートは彼女が十七歳になっても子供扱いして抱こうとしない。
    彼には別に愛する人がいると聞かされたエステファニアは、
    最後の思い出にアルバラートへ迫り一線を越える。
    「気持ちよさそうだね、嬉しいよ」
    優しい夫が見せた違う顔の記憶を胸に家を出ようとするが!?

レビュー

仔猫な花嫁は我慢しない 公爵閣下の溺愛教育のレビュー

平均評価:4.3 68件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 作者さん年上×年下は不得手なのかなと
    ミカさん 投稿日:2024/3/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 『ヤンデレ魔法使い〜』と『炎の魔法使い〜』と『あなたが世界を壊すまで』と『屋根裏部屋でのとろ甘蜜月!?』は買って読んだ。 世間の主流に合わせず、不遇でも誇り高い幼い王子×能天気な年上の女官、とかの得意分野で勝負された方が。 噂の元婚約者と仲良くする八方美人ヒーローや、ツンツンと反抗期のヒロインはいらん。 ヒーローは自分をロリコンじゃないって言い張ってるけど、頬や額にキスしたり、寝顔を見守ったり、17歳になったヒロインを「僕の可愛い仔猫姫」と呼ぶ27歳は、まごうことなきロリコン。 唐突に始まる濡れ場で、結局一線超えちゃうし。 ヒロインの初潮を使用人全員に知られていて、執事にそわそわ嬉し気にヒーローに報告されるって嫌すぎる。 なんなのこの家。 クソ父王といい、まともな大人が一人も登場しない。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 理想の旦那様
    teruteruさん 投稿日:2022/2/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 公爵・宰相補佐官22歳→27歳×王女12歳→17歳。宗教上一夫一妻、夫婦の貞節が重んじられる国で、王より一回りも年上で男爵家出身のため王妃になれず愛妾の立場に甘んじ、周囲に侮られ貶められた母を持つヒロイン。隣国の皇女が王妃となり王太子を生んだ年に母が亡くなり、第一王女でありながら2年間に渡り王宮内で虐げられていた。幼馴染みと円満な婚約破棄をしたヒーローは白い結婚を命じられる。放置された王女の状況を把握した彼の采配により衣食住が充実していく。半年後に迎えた誕生日に父から降嫁を告げられ、大嫌いな王宮から出られると喜ぶ姿が可愛い。なかなか懐かない仔猫のような王女を家族として優しく包み込む公爵家での幸せな日々は戦争の足音が聞こえてきた三年後に転機を迎える。王女を守るため安全な領地へと送ったが、執事の息子である城代を始め使用人達は諫言を信じてヒロインを冷遇する。週に一度王都に出す手紙には幸せで穏やかな時間を過ごしていると偽りを書く姿は健気。味方は庭師見習いの少年しかいない中で一年が過ぎた頃、戦争が終結しヒーローが迎えに来るのを待ってたある日。王妃の命を受けた元婚約者の母が敵国の兵士を城中に引き入れ、王女の暗殺を謀る。逃げおおせて王都に向かうが、慰霊式典で元婚約者に寄り添う彼を見て離縁を決意する。公爵邸に帰ったその夜、想い出のよすがにすべくヒーローを襲った結果、白ならぬ真っ黒の結婚になった(笑)。修道院前で近衛騎士に取り押さえられた彼女が四年ぶりに父と対面していると、妻を迎えにきたと嘯くヒーローが現れる。敗戦国の血を引く王太子を廃嫡し、妾腹の王女を王籍に復帰させて女王にする方針を立てる父に、まだ34歳なのだから新しく王妃を娶って子供を得ればいいと告げるも衝撃の事実が発覚…。愛妾を失った時に娘が吐き捨てた言葉で不能となってしまっていた。本当に愛していたのはただ一人、国なんかよりもずっと大切だったと言う国王が哀しかった。異母弟をよき王になるよう教育することで国王と合意し、離縁せずに済んだ二人の四年越しの甘い新婚生活が始まる。溺愛気質で情熱的なヒーローがよく五年近くもの間、禁欲生活を送っていたものだなと思った 続きを読む▼
  • (5.0) 仔猫なようだけど、真のある王女様
    ウサハナさん 投稿日:2021/7/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初絵柄と題名に惹かれて読みました。 少しロリコン変態旦那が幼妻を教育する話かと思えば、全く違っていて,話に引き込まれて涙する所も有りました。 王女に生まれたのに母親の生まれ平民では無いけど貴族でも下級貴族だった為その当時皇太子だったまだ少年16歳とひとまわり上の待女だった母親との間に生まれ妾の娘だと言われ続け母親が亡くなった途端乳母も引き裂かれ誰も味方も居ない食事も与えて貰えず,王妃の残飯を持っ出来て空腹を補いヒーロー旦那さんと出会い救われましたね。 実は父親国王からの命令で保護する為12歳で結婚し夫婦だけど、子供だから旦那さん手をつけずまともで良かった。 2人の勘違いすれ違いが有って1年間離れ離れ安全な場所だと思い自分の領地にヒロイン1人置いて行ったが,そこでも針の筵子供の頃と違い,敵意な言葉や態度は涙が溢れてしまいました。 何故ヒロインは幸せになれないのか、ようやく安堵な日が訪れると思ってたのにおまけに暗殺者まで来出して,事件も解決し,父親国王とも和解?に近い件も解決し本当の夫婦になりましたね。 又異母弟は素直で可愛らしい子供だったのでヒロインともシスコンになるぐらい仲良くなり結婚式も盛大に出来て良かったです。 続きを読む▼
  • (5.0) ちょっとヘタレな旦那様
    にやんさん 投稿日:2022/10/28
    10歳差でも威圧感のないヒーローは優男。保護ネコみたいな王女様の正にヒーロー。 暫く続く子育てストーリーの様相も初恋と心の成長を絡めて切なくって甘甘で飽きません。倫理観的に完全アウトな年齢の幼な妻問題も理性的なヒーローは読者を裏切らないの でご安心を!おままごとみたいな夫婦ごっこでは恋愛にならないよ〜、って絶妙のタイミングで2人に試練!健気に戦うヒロインに泣かされる〜。そこからの!胸アツなエチエチ!泣けるのにキュンキュンという過呼吸物!優しい少しヘタレなヒーローのちょこっと出てくる大人の男の色気〜。やられた〜。甘酸っぱいです!エッチです!胸がいっぱいです… カッコよく運命にけりをつけるヒロインも良かったけど、完全な悪人を描かないクレイン先生は流石! 読後感最高!おススメ! もっとみる▼
  • (5.0) ヒロインは
    ☆スピカさん 投稿日:2020/9/12
    本当によく頑張った!!幼少期からずっと冷遇され、父親の思惑だとはいえヒーローに助けられてようやく人並みの生活ができるようになったけど、いつまでたってもヒーローに奥さん扱いしてもらえず・・・。『溺愛』かもしれないけど子供にむけるような『溺愛』 なんてヒロインが喜ぶと思ったら大間違いだヒーローめ。それでも相応しくありたいからと勉強をし、心ない人達からの攻撃にも耐え続けるヒロインが健気すぎて泣けました。そんなヒーローがきちんとヒロインへ恋情をむけ『奥さん』にするのは終盤も終盤。もっとはやく自分の心に気付いてやれよ・・・!ヒロインが報われて良かった。本当に良かった。是非ともドロドロに甘やかして気持ちを注いであげてほしいです。 もっとみる▼
  • (5.0) タイトルとのギャップ!
    MMさん 投稿日:2023/10/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 タイトル&カバー絵に随分ギャップを感じる重めのストーリー。しっかりと話の筋があり、一息で読める面白さ。主人公ヒロインが王宮内で虐げられている不穏なスタートから、中盤戦争が始まったり、すれ違いやら誤解やらでなかなか落ち着かず、ハラハラしっぱなし。甘いシーンは終盤までやってきません。年の差イチャイチャを読むつもりで裏切られましたが(笑)、違う方向にちゃんと面白かった。この作者様、しっかり作り込んだお話を書かれるので、このお話でこのタイトル?と感じる作品結構あります(良い意味で)。個人的には、なんだか違うものを読みたい人向けのタイトルのようで勿体ないと感じてしまいますが、、そうでもないのでしょうか…? 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ