We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

底辺領主の勘違い英雄譚 1 ~平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件~

通常価格:
630pt/693円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

底辺領主の勘違い英雄譚(3巻配信中)

作品内容

犯罪者や異教徒が跋扈する荒廃した最悪の土地・ベイバロン領。若くして家督を継いで領主となったリゼは、凶悪な領民に殺されないため、一つの決断を下す。それは――領民に媚びへつらうこと! “王族や貴族にのみ与えられた神の力”とされる魔法を領民のために使いまくれば、幸せな暮らしを手に入れられる!
……はずが、いつの間にか領民に「国家への反逆者」だと祭り上げられ――!?
「「「さぁリゼ様、邪悪なる国王を討ち取りましょう!」」」
「(どうしてこうなった!?)」
浅慮さで右に出るものはいない、考えなし領主による最悪の領地運営譚、開幕!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 底辺領主の勘違い英雄譚 1 ~平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件~
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    犯罪者や異教徒が跋扈する荒廃した最悪の土地・ベイバロン領。若くして家督を継いで領主となったリゼは、凶悪な領民に殺されないため、一つの決断を下す。それは――領民に媚びへつらうこと! “王族や貴族にのみ与えられた神の力”とされる魔法を領民のために使いまくれば、幸せな暮らしを手に入れられる!
    ……はずが、いつの間にか領民に「国家への反逆者」だと祭り上げられ――!?
    「「「さぁリゼ様、邪悪なる国王を討ち取りましょう!」」」
    「(どうしてこうなった!?)」
    浅慮さで右に出るものはいない、考えなし領主による最悪の領地運営譚、開幕!
  • 底辺領主の勘違い英雄譚 2 ~平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件~
    登録して購入
    通常価格:
    590pt/649円(税込)
    最悪の土地・ベイバロン領は、領主・リゼの回復魔法によって、異常なほどの発展を遂げていた。リゼは功績を褒めてもらおうと、あろうことか国王・ヤルダバートを領地に呼びつける――! 一方、“反逆者”の出現を待ち望んでいたヤルダバートは、リゼの行為を“宣戦布告”と解釈し、狂喜していた。嬉々として戦支度を進めながら、殺し合いの瞬間を夢想する――!
    かくして、盛大な勘違いにより、決戦の幕が上がる――数多の罪なき民衆を巻き込みながら!
    浅慮さで右に出るものはいない、考えなし領主による最悪の英雄譚、第2幕!
  • 底辺領主の勘違い英雄譚 3 ~平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件~
    登録して購入
    通常価格:
    590pt/649円(税込)
    魔王アンゴルモアによって、世界は一新された。そこは、旧世界が崩壊する原因となったリゼ・ベイバロンが存在しない世界――のはずだった。
    タイムパラドックスによって存在の証明が成され、リゼは消滅を免れていた。彼は、魔物が蔓延る世界で決意を固める。魔王アンゴルモアを殺し、囚われの(半ボケ爆乳)女神を救って(あの最悪の)旧世界を取り戻そうと!
    リゼは目的のため、(懲りずに、媚びたり洗脳したりしながら)旧世界で仲間だった者たちを再び招集し、牛肉を手に新世界の支配者である魔王に挑む――!
    浅慮さで右に出るものはいない、考えなし領主による最悪の英雄譚、堂々完結!

レビュー

底辺領主の勘違い英雄譚のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ