We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。

通常価格:
1,200pt/1,320円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.7) 投稿数12件
異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。(6巻配信中)

作品内容

花火の場所取りをしている最中、突然、神による勇者召喚に巻き込まれ異世界に転移してしまった主人公の迅。
巻き込まれた代償として、神から複数のチートスキルと家などのアイテムをもらう。
目指すは、一緒に召喚された姉(勇者)とかかわることなく、安全で快適な生活を送ること。
果たして迅は、精霊や魔物が跋扈する異世界で快適な生活を満喫できるのか――。
「カクヨム」年間ランキング1位獲得の人気作がついに書籍化!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

  • 異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    花火の場所取りをしている最中、突然、神による勇者召喚に巻き込まれ異世界に転移してしまった主人公の迅。
    巻き込まれた代償として、神から複数のチートスキルと家などのアイテムをもらう。
    目指すは、一緒に召喚された姉(勇者)とかかわることなく、安全で快適な生活を送ること。
    果たして迅は、精霊や魔物が跋扈する異世界で快適な生活を満喫できるのか――。
    「カクヨム」年間ランキング1位獲得の人気作がついに書籍化!
  • 異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。2
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    調査隊から戻ったジーンは、日課となっている森の探索に精を出す。
    すると目の前に突然、真っ白な毛並みに黒いヒョウ柄の聖獣であるユキヒョウに遭遇。
    ユキヒョウは、ジーンに対して深刻な悩みを相談するが――。

    精霊たちとまったり生活を満喫する異世界ファンタジー、第二弾!
  • 異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。3
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    エンの能力を狙った組織によって自宅を捨てることになったディノッソ一家は、住み慣れた家を出て、カヌムを目指すことにするとジーンに告げる。ささやかな料理で新たな旅立ちを励ますジーン。
    それから1カ月後。ディノッソ一家がカヌムに到着すると、なぜか別れの挨拶をしたジーンが待っていた。久しぶりの再会を祝うジーンとディノッソ一家だったが……。

    精霊たちとまったり生活を満喫する異世界ファンタジー、第三弾!
    ※電子版には「転移しなくても山の中、香るポストカード」は付属しません。
  • 異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。4
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    アウロとキールに任せていた島の家の建設も順調に進み始めた頃、ジーンたちは人里離れた森に行き、常識外れの精霊剣の試し切りを実施。
    ディノッソが刀身から炎がこぼれる剣、シヴァが氷の刃が出る氷属性の剣と、各人が特徴的な剣を試した後、大トリにはジーンのコンコン棒EXが登場。
    王の枝に固まる面々だった――。

    精霊たちとまったり生活を満喫する異世界ファンタジー、第四弾!
  • 異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。5
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    リリスとの緊張感ある会食後、北の地に向かうジーン。
    木材の調達を行うために湖に入ると、そこで不思議な照れ屋の土偶と遭遇する。
    土偶の許しを得て無事に木材を調達したジーンは、湖畔で豪華な食事をとることに。
    すると、そこへドワーフ三人衆が現れる。
    ドワーフ三人衆から土偶の正体を聞いたジーンは――

    精霊たちとまったり生活を満喫する異世界ファンタジー、第五弾!
  • 異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。6
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    迷宮探索を行うため、城塞都市に到着したジーンたち一行。
    迷宮に入るための届け出を出したところ、ギルドから見届け人がつくことになった。
    レッツェたちの同行者として目立たないようについていくジーンだが、迷宮内ではとんでもないことが起こり――

    精霊たちとまったり生活を満喫する異世界ファンタジー、第六弾!

レビュー

異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。のレビュー

平均評価:4.7 12件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) とにかく楽しい〜(*≧∇≦)♪
    ももうささん 投稿日:2021/12/30
    今6巻まで。巻が進むにつれて読んでて楽しくて楽しくて、6巻まで一気に読んじゃいました。料理場面も多くて、めっちゃ美味しそう。ジーンの突き抜けたおとぼけ具合も周りのキャラたちとのやり取りも面白いです!読み終わるのがホントに残念で、もう早く続き が読みたくてたまりません!(笑) 次はどんな彼らを見れるかなー(’-’*)♪ もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 異世界ほのぼの日常系(チート有)
    きたさん 投稿日:2021/5/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 同作者様の他小説『新しいゲーム』を読んでおり、そちらが停滞してしまい(いまは復活気味?2021/5/16現在)何か他に同作者様の作品で読めるものはないか漁った所、此方をカクヨムで見つけて読み、見事にハマりました。 読み初めは登場人物いきなり多いなwとか、ちょっとよくわからないなぁとか、どういう事だろうと考えながら読んでいましたが、文章が読みやすくするすると入ってきてあーこれはこういう事かーと後から理解が追いついてくる感じでスーッとする何かが来ますw ミステリー小説のトリックがわかった感じに似てますw それにハマったら沼に沈んでました… web版と書籍版で言い回しが全く違います。一番顕著なのが冒頭部分です。web版ではいきなり異世界に転移して矢継ぎ早に話が進む印象を受けますが、書籍版では主人公のその時の感情やどう言った行動をしたか描写してあり、入りやすかったです。 上記は試し読みで読み比べができると思います。web版を読んでいる方は更に楽しめる内容になっているのではないでしょうか 異世界ほのぼの日常系で恋愛要素が薄くてチートありな物語が好きな方は是非ご一読いただきたいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 異世界を楽しんでいる日常が、楽しい!
    AAさん 投稿日:2021/3/27
    設定が細かく作り込まれていて、この作者さんの持ち味が存分に引き出されています。 作家個性があって、なかなかに良いです。 私は「新しいゲーム〜」よりこちらが好きです。 もうね、まわりのおっさん達のキャラクターが良くて、それだけで大満足。 ディノッソ最高ですてね。みんな個性的なのに、ある意味自然体なのがまた、良いです。 編集者不在の誤字脱字用法間違いの日本語や、台詞だけで話を進めたり、描写足りなさすぎたり、ムダに意味なく無闇矢鱈に他の人目線が挿入されたり、…そんなラノベが少なからずある中、久しぶりに「ああ、面白いなあ」とゆっくり読めるラノベに出会えました。 しっかり完結するところまで読みたい物語です。 もっとみる▼
  • (5.0) 声出して笑った
    あこにゃんこさん 投稿日:2021/11/30
    面白いです1巻読み終えた時は面白いというよりも、さほど無い戦闘シーンも淡々としてえげつなさが全くなく、人間模様もあまり重要視されていない内容で、どちらかと言うと美味しい食材や料理・生活環境の激変・家の間取りや生活様式・自然環境の様子等、想 像力をフルに活用しても追いつかない内容で、そんなことが結構好きなのでハマりました。もうこれは続きが読みたいって割引対象の3巻までゲットしてイッキに読み漁りました(笑)そして3巻が開き直った主人公と周りの人達とのボケとツッコミ会話がテンポよく、もう声出して笑ってしまいましたよ(笑)真夜中なのに続きが読みたいので割引&還元&クーポン下さい(笑) もっとみる▼
  • (5.0) 読んでて楽しくなる物語
    Meさん 投稿日:2021/8/8
    テンプレ移転で始まる生産系、でもテンポ良い展開と世界観、所々に笑いもあって読み応え充分。誤植やハーレム臭がないのが個人的にはすごく嬉しい。(物語最初だけ一部文章と順応能力の高さが多少気になるが、すぐに文も内容もスムーズでかなり面白くなるので 星5つ) →移転直後と元の世界での苦労から自由と快適さを求める主人公。色々やらかす彼に翻弄される仲間達のツッコミが絶妙。主要キャラにブレがないのも良い。 もっとみる▼
  • (5.0) ちょっと変わった異世界もの
    あっきさん 投稿日:2021/6/3
    普通に想像する異世界ものとは、ひと味もふた味も違います。ヒーロー、そんなにマイペースでいいのか何故、斜め上に進んで行くんだトドメは夜中に読むとお腹が空いて、次の日のメニューが決まります

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ