We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

フローリストの厄介な純愛~ニオイスミレとローズマリー~【特別版】

通常価格:
700pt/770円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.3) 投稿数3件
フローリストの厄介な純愛~ニオイスミレとローズマリー~【特別版】(1巻配信中)

作品内容

本気で限界が近いな

鎌倉で人気のフラワーショップ兼カフェ「Cherish Garden」の店長・奏真は超天然の無自覚美人。彼に恋するマネージャーの蓮見をハラハラさせっぱなしだけれど…?

Cafe Cherish(カフェ チェリッシュ)は鎌倉に店舗を構えるハーブティ専門のカフェ。フラワーショップを併設し、地元の人々の心と舌を満たす人気スポットの店長は「緑の手」の持ち主の奏真。彼が触れた植物はたちまち元気になるというが、奏真の特質はその天然ぶり。マネージャーを務める蓮見は長らく奏真に想いを寄せているものの、いくつになっても無垢な彼は気づく気配もなく忍耐ばかりが試される日々なのだ。そんな蓮見にとどめを刺すような出来事が起こり…!?

紙書籍発売時、フェア用に書き下ろされたSSを収録した特別版!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • フローリストの厄介な純愛~ニオイスミレとローズマリー~【特別版】
    登録して購入
    通常価格:
    700pt/770円(税込)
    本気で限界が近いな

    鎌倉で人気のフラワーショップ兼カフェ「Cherish Garden」の店長・奏真は超天然の無自覚美人。彼に恋するマネージャーの蓮見をハラハラさせっぱなしだけれど…?

    Cafe Cherish(カフェ チェリッシュ)は鎌倉に店舗を構えるハーブティ専門のカフェ。フラワーショップを併設し、地元の人々の心と舌を満たす人気スポットの店長は「緑の手」の持ち主の奏真。彼が触れた植物はたちまち元気になるというが、奏真の特質はその天然ぶり。マネージャーを務める蓮見は長らく奏真に想いを寄せているものの、いくつになっても無垢な彼は気づく気配もなく忍耐ばかりが試される日々なのだ。そんな蓮見にとどめを刺すような出来事が起こり…!?

    紙書籍発売時、フェア用に書き下ろされたSSを収録した特別版!

レビュー

フローリストの厄介な純愛~ニオイスミレとローズマリー~【特別版】のレビュー

平均評価:3.3 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (1.0) 好みが分かれるところ
    佃煮さん 投稿日:2021/2/7
    受が天然とか鈍感というより、深くものを考えずに思い込みで何事も明後日の方向に解釈するので、何ひとつまともに理解しておらず話も延々と進みません。私はこういうタイプのキャラには可愛げを見いだせないので、ただイライラするだけでした。 また個人的 に丁寧な情景描写がされている作品が好きなのですが、この話はカフェに来店したマダムたちが何を注文したとか、誰かが何らかの感想を抱くでもないキャラの服装とか、情景描写とは程遠く、誰かの心情を投影しているでもない「だから何?」としか言いようのない文章と、誰が発言者なのかまるでわからない延々鉤括弧が続く会話文の多さに、1/4ぐらいで飽きてしまいました。 読み手を選ぶ作品だと思います。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 可愛すぎる・・・
    ましろさん 投稿日:2020/10/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 フラワーショップ&カフェのオーナーの奏真さんが超天然人間なんですが、それが嫌な感じじゃなく凄く可愛い。男の不思議ちゃんですが美人さんのせいかすんなり受け止められました。攻めの蓮見君やブラコン実弦君も個性的です楽しい。おっとり奏真さん、優しい蓮見君、賑やかな実弦君と3人の会話がテンポよくとても面白いです。あの二人といると奏真さんの可愛さがより一層際立ちますね。超天然系蠱惑系天使。うん、そりゃみんな落とされますね(笑) 続きを読む▼
  • (4.0) 粘り勝ち
    武闘家さん 投稿日:2020/10/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 受けが鈍感すぎる。天然もここまで来ると罪ですね。穂住さんお気の毒に…でもしっかりとした合意のない行為は犯罪では?と思ったので、あんな事があったあとも素晴らしい人だとか言って友人関係を続けようとする受けの神経をちょっと疑いました。蓮見くんは紳士かと思ってましたが、かなり野獣で素敵した。そりゃ10年片思いしてそれが実って野獣になってって積極的に誘われたら理性吹き飛びますよね。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ