マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP雑誌・写真集雑誌神戸クルーザーMOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 324
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 324 NEW

891pt/980円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。




目次1
目次2
【特集】小澤征爾の輝き その音楽
私が聴いた小澤征爾
唯一無二の小澤マーラー
小澤とベルリオーズ
レアな大作への挑戦
武満徹との共同作業
チャイコフスキーへの本質的共感
協奏曲の共演者たち
評伝 「世界のオザワ」への道
齋藤秀雄から会得した指揮の運動テクニック
N響事件とは何だったのか
師の教え守った大いなる「空洞」
米国の小澤征爾
ベルリン・フィルの小澤征爾
小澤征爾とウィーン
新日本フィル創設
桐朋や世界の仲間と日本で躍動
再掲・小澤征爾 2011年インタビュー
井上道義が語る小澤
小菅優が語る小澤
会田莉凡が語る小澤
アルゲリッチが追悼
バックステージの小澤征爾
戦後日本 雄飛の象徴
特別記事 新国立劇場来季オペラ
特別記事 東京・春《アイーダ》でムーティと共演するシーリ
特別記事 第24回別府アルゲリッチ音楽祭
特別記事 第29回宮崎国際音楽祭
特別記事 新日本フィル音楽監督、佐渡裕が墨田区アウトリーチ
特別記事 名古屋フィル、川瀬賢太郎音楽監督と東京公演
特別記事 務川慧悟の連続演奏会
特別記事 伊藤恵がベートーヴェンの後期ソナタリサイタル
特別記事 楽聖の《ミサ・ソレムニス》矢崎彦太郎指揮で山梨初演
特別記事 6月の調布国際音楽祭/5月のラ・フォル・ジュルネ
特別記事 山田和樹、モンテカルロ・フィルと来日公演/千葉市民会館が開館50周年
連載 小山実稚恵のピアノと私
連載 行きたい街角、聴きたい音楽
【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
企画読み物 龍角散・藤井隆太社長 音楽への愛を語る
【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
【連載】コンサートマスター名鑑
【連載】20世紀音楽クロニクル
MOSTLY DISC JOURNAL 今月の一押し
新譜を聴く
先取りレビュー
今月のコレクターズアイテム
レーベル探訪
【連載】音盤時空往来
公演 Reviews
【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
【連載】傑作の履歴書
【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
【連載】知れば知るほどオペラの世界
Book/飯守泰次郎さんを語る会
【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
私のお薦めコンサート
【連載】許光俊の「名曲のツボ」
【連載】音以上 音楽未満
【連載】音は語る
Art/Movie
Theater/Ballet
News at random
Concert Selection
海外公演ここが聴きどころ
FM&TV INFORMATION
Back Number
読者の声
読者プレゼント
読者アンケート
次号予告
裏表紙

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ 

  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 324

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。




    目次1
    目次2
    【特集】小澤征爾の輝き その音楽
    私が聴いた小澤征爾
    唯一無二の小澤マーラー
    小澤とベルリオーズ
    レアな大作への挑戦
    武満徹との共同作業
    チャイコフスキーへの本質的共感
    協奏曲の共演者たち
    評伝 「世界のオザワ」への道
    齋藤秀雄から会得した指揮の運動テクニック
    N響事件とは何だったのか
    師の教え守った大いなる「空洞」
    米国の小澤征爾
    ベルリン・フィルの小澤征爾
    小澤征爾とウィーン
    新日本フィル創設
    桐朋や世界の仲間と日本で躍動
    再掲・小澤征爾 2011年インタビュー
    井上道義が語る小澤
    小菅優が語る小澤
    会田莉凡が語る小澤
    アルゲリッチが追悼
    バックステージの小澤征爾
    戦後日本 雄飛の象徴
    特別記事 新国立劇場来季オペラ
    特別記事 東京・春《アイーダ》でムーティと共演するシーリ
    特別記事 第24回別府アルゲリッチ音楽祭
    特別記事 第29回宮崎国際音楽祭
    特別記事 新日本フィル音楽監督、佐渡裕が墨田区アウトリーチ
    特別記事 名古屋フィル、川瀬賢太郎音楽監督と東京公演
    特別記事 務川慧悟の連続演奏会
    特別記事 伊藤恵がベートーヴェンの後期ソナタリサイタル
    特別記事 楽聖の《ミサ・ソレムニス》矢崎彦太郎指揮で山梨初演
    特別記事 6月の調布国際音楽祭/5月のラ・フォル・ジュルネ
    特別記事 山田和樹、モンテカルロ・フィルと来日公演/千葉市民会館が開館50周年
    連載 小山実稚恵のピアノと私
    連載 行きたい街角、聴きたい音楽
    【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
    企画読み物 龍角散・藤井隆太社長 音楽への愛を語る
    【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】20世紀音楽クロニクル
    MOSTLY DISC JOURNAL 今月の一押し
    新譜を聴く
    先取りレビュー
    今月のコレクターズアイテム
    レーベル探訪
    【連載】音盤時空往来
    公演 Reviews
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    Book/飯守泰次郎さんを語る会
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    私のお薦めコンサート
    【連載】許光俊の「名曲のツボ」
    【連載】音以上 音楽未満
    【連載】音は語る
    Art/Movie
    Theater/Ballet
    News at random
    Concert Selection
    海外公演ここが聴きどころ
    FM&TV INFORMATION
    Back Number
    読者の声
    読者プレゼント
    読者アンケート
    次号予告
    裏表紙
  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 323

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。





    目次1
    目次2
    【特集】受難曲を聴く
    鈴木優人が語る《マタイ受難曲》の重層的世界
    《マタイ受難曲》 変化に富んだ大規模作品
    聖トーマス教会少年合唱団カントル ライツェに聞く
    バッハ時代のルター派礼拝
    三つの層から成る《マタイ受難曲》
    濱田芳通《マタイ受難曲》を語る
    ハイルマンが語る エヴァンゲリストの尽きせぬ魅力
    BCJコンサートマスター若松夏美の語る《マタイ受難曲》
    尾﨑温子が語る オーボエ属の魅力
    《マタイ受難曲》演奏の変遷と名盤
    《ヨハネ受難曲》が伝える福音の核心
    《ヨハネ受難曲》第2稿 鈴木雅明指揮BCJが演奏
    《ヨハネ受難曲》の名盤たち
    バッハが用いた二つのイエス物語
    受難曲の語り部 エヴァンゲリスト
    イエスの生涯をたどる教会暦
    13世紀から続く受難曲の歴史
    メンデルスゾーンが《マタイ受難曲》蘇演
    20世紀の受難曲
    小澤征爾さん死去
    世界がオザワ追悼
    小澤征爾 珠玉の言葉
    矢部達哉の語る「小澤征爾」
    「輝く日本」の象徴
    注目オペラ 東京・春・音楽祭が4作品
    東京二期会が《タンホイザー》
    藤村実穂子《トリスタンとイゾルデ》を語る
    びわ湖ホールが《ばらの騎士》
    《椿姫》完璧なオペラ実感
    兵庫芸文オペラ 今年は《蝶々夫人》
    ミラノ・スカラ座の《ドン・カルロ》
    特別インタビュー 藤田真央
    ブッフビンダー 東京・春でベートーヴェンのソナタ全曲演奏
    下野=広響/小泉=九響
    名古屋フィルが東京公演/小山実稚恵 北の星座音楽祭3月出演
    OEKが定期再開 能登半島地震の被災者も来場
    【連載】小山実稚恵のピアノと私
    ミューザ川崎、友好音楽祭、難民を助ける会が支援演奏会
    反田恭平企画/大井浩明リサイタル
    仙台国際音楽コンクール
    【連載】行きたい街角、聴きたい音楽
    【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
    【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】20世紀音楽クロニクル
    MOSTLY DISC JOURNAL 今月の一押し
    新譜を聴く
    先取りレビュー
    今月のコレクターズアイテム
    レーベル探訪
    【連載】音盤時空往来
    公演 Reviews
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    Book/文京シビックホール
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    私のお薦めコンサート
    【連載】許光俊の「名曲のツボ」
    【連載】音以上 音楽未満
    【連載】音は語る
    Art/Movie
    Theater/Ballet
    News at random
    Concert Selection
    海外公演ここが聴きどころ
    FM&TV INFORMATION
    Back Number
    読者の声
    読者プレゼント
    読者アンケート
    次号予告
  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 322

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。



    目次1
    目次2
    特別インタビュー 藤田真央
    【特集】豊穣のピアノ世界
    横山幸雄 ショパンを語る
    小管優「トヨタ・マスター」とベートーヴェン
    上原彩子が語るベートーヴェンのソナタ
    アファナシエフ《ハンマークラヴィーア》を語る
    ベートーヴェンのソナタ
    《ワルトシュタイン》《ハンマークラヴィーア》 中期から後期へ
    後期ソナタ 人間ドラマを超えた宇宙的世界
    マズルカ、ポロネーズ ショパンの愛した2つのジャンル
    ノクターン、即興曲、幻想曲
    エチュード 学習作品超え、音楽史上のバイブルに
    サロンから生まれたショパンのワルツ
    画家が描いたサロンのショパン
    ショパンのバラードとスケルツォ
    ショパンの3つのソナタ
    ベートーヴェンのピアノ協奏曲
    ショパンの2つのピアノ協奏曲
    ハプスブルク帝国域内で多様な文化伝播
    新型ピアノが続々誕生 18~19世紀末
    ベートーヴェンを深く学んだショパン
    バッハに学んだベートーヴェン、ショパン
    曲の認知度左右する愛称
    作品を捧げるそれぞれの理由
    ピリオド楽器 フォルテピアノ演奏の世界
    川口成彦がショパン全曲演奏会始動
    現代の名手7人
    過去のピアニストによる名演
    注目コンサート
    特別記事 N響が2000回定期で《一千人の交響曲》
    特別記事 ブルックナー・イヤー 大阪フィルと札響
    特別記事 群響来季ラインナップ
    特別記事 沼尻=神奈川フィル/樫本大進
    特別記事 Be Phil ジャパン ペトレンコと共演
    特別記事 MUZAジルベスターコンサート
    特別記事 名作オペラ生んだ文学 シェイクスピアとゲーテ
    連載 行きたい街角、聴きたい音楽
    STAGE 外村理紗
    連載 小山実稚恵のピアノと私
    【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
    【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】20世紀音楽クロニクル
    MOSTLY DISC JOURNAL 今月の一押し
    新譜を聴く
    先取りレビュー
    新譜インタビュー
    レーベル探訪
    【連載】音盤時空往来
    公演 Reviews
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    Book/いずみシンフォニエッタ大阪
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    私のお薦めコンサート
    【連載】許光俊の「名曲のツボ」
    【連載】音以上 音楽未満
    【連載】音は語る
    Art/Movie
    Theater/Ballet
    News at random
    Concert Selection
    海外公演ここが聴きどころ
    FM&TV INFORMATION
    Back Number
    読者の声
    読者プレゼント
    読者アンケート
    次号予告
    裏表紙
  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 321

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。




    目次1
    目次2
    【特集】世界の響きと指揮者たち
    世界の名門 それぞれの今
    私の聴いたベルリン・フィル
    私の聴いたウィーン・フィル
    私の聴いたゲヴァントハウス管
    私の聴いたコンセルトヘボウ菅
    ペトレンコ オンライン会見
    樫本大進やドールの語るペトレンコ
    伝説的指揮者の系譜
    小川響子 名古屋フィルコンサートマスターに
    楽曲の深部抉り出す ペトレンコ
    ウィーン・フィル 大作曲家との結びつき
    インタビュー  ダニエル・フロシャウアー
    ウィーン国立歌劇場管コンマス ヤメン・サーディ
    ニューイヤーコンサート《美しく青きドナウ》初演奏から150年
    ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管 札幌Kitaraのネルソンス指揮ブルックナー9番
    ゲヴァントハウス管 現代の演奏会の生みの親
    ライプツィヒの街や歴史とともに
    ロイヤル・コンセルトヘボウ 名演の歴史
    マケラの歩みとこれから
    特別記事 新国立劇場《シモン・ボッカネグラ》
    特別記事 ボローニャ歌劇場
    特別記事 内田光子 with MCO
    特別記事 ギルバート指揮エルプフィル
    特別記事 プラハ交響楽団
    特別記事 牛田智大 インタビュー
    特別記事 読売日本交響楽団 来季
    特別記事 大阪4オケが共同会見で来季プロ発表
    特別記事 京響来季ラインナップ、他
    Artist 井上道義
    特別記事 井上道義=読響
    特別記事 東京フィル 渋谷の午後のコンサート
    特別企画 2023年回顧
    【連載】行きたい街角、聴きたい音楽
    特別記事 日越祝祭管 東大寺・大仏殿で《運命》
    連載 小山実稚恵のピアノと私
    【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
    【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】20世紀音楽クロニクル
    MOSTLY DISC JOURNAL 今月の一押し
    新譜を聴く
    先取りレビュー
    新譜インタビュー
    レーベル探訪
    【連載】音盤時空往来
    公演 Reviews
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    Book/カシオ電子ピアノ
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    私のお薦めコンサート
    【連載】許光俊の「名曲のツボ」
    【連載】音以上 音楽未満
    【連載】音は語る
    Art/Movie
    Theater/Ballet
    News at random
    Concert Selection
    海外公演ここが聴きどころ
    FM&TV INFORMATION
    Back Number
    読者の声
    読者プレゼント
    読者アンケート
    次号予告
    裏表紙
  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 320

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。


    目次1
    目次2
    海外オーケストラ 扉
    マケラ指揮オスロ・フィル
    ヤルヴィ指揮 チューリッヒ・トーンハレ管
    ビシュコフ指揮チェコ・フィル
    【特集】歓喜の歌と名曲の数々 小澤、カラヤンの合唱付き管弦楽曲の名演
    インタビュー 下野竜也が語る第九
    冨平恭平が語る合唱指揮者の役割
    第九の合唱 大解剖
    「合唱バラード」としての第九
    《ミサ・ソレムニス》平和を希求 楽聖の魂の叫び
    《フィデリオ》と第九
    ベートーヴェン《オリーヴ山上のキリスト》
    合唱の役割変えたフランス革命
    ウィーン・フィル、ベルリン・フィルによる第九名盤
    今年の第九 注目公演が続々
    フルシャ指揮ベルリン・フィルの《スターバト・マーテル》
    ハイルマン合唱団&オーケストラの《メサイア》
    モーツァルト《アヴェ・ヴェルム・コルプス》の円熟
    メンデルスゾーン《聖パウロ》《賛歌》
    リスト《キリスト》《グランのミサ》
    ブラームス《ドイツ・レクイエム》の高みへ
    《ドイツ交響曲》ヴァイグレ=読響が日本初演
    マーラーの声楽付き管弦楽作品
    20世紀における合唱作品
    「花」から咲いた日本の合唱120年
    世界で輝く合唱団
    少年合唱団 バッハやモーツァルトと一体の伝統
    特別記事 カーチュン・ウォン 渾身のマーラー3番
    特別記事 カーチュン・ウォン マーラーやロシアものアピール度抜群
    Artist 井上道義
    特別記事 BCJのヘンデル《ジュリオ・チェーザレ》
    特別記事 鈴木優人が関西フィル首席客演就任披露
    来季ラインナップ 都響
    来季ラインナップ 東京フィル/東京交響楽団
    来季ラインナップ 神奈川フィル
    来季ラインナップ 仙台フィル
    来季ラインナップ 札響
    Stage シェク・カネー=メイソン
    コンセルトヘボウ「マーラー・フェス」他
    特別記事 20周年の「東京・春・音楽祭」
    特別記事 来季の東京二期会
    特別記事 国際音楽祭NIPPON2024
    特別記事 ウクライナ国立バレエ冬公演
    特別記事 テミルカーノフ死去
    【連載】小山実稚恵のピアノと私
    【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
    【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】行きたい街角、聴きたい音楽
    MOSTLY DISC JOURNAL 今月の一押し
    新譜を聴く
    先取りレビュー
    今月のコレクターズアイテム
    レーベル探訪
    【連載】音盤時空往来
    公演 Reviews
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    外山雄三お別れ会/Book
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    私のお薦めコンサート
    【連載】許光俊の「名曲のツボ」
    【連載】音以上 音楽未満
    【連載】音は語る
    Art/Movie
    Theater/Ballet
    News at random
    Concert Selection
    海外公演ここが聴きどころ
    FM&TV INFORMATION
    Back Number
    読者の声
    読者プレゼント
    読者アンケート
    次号予告
    裏表紙

  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 319

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。




    目次1
    目次2
    【連載】音楽に寄せて
    【特集】ラフマニノフ 阪田知樹 全協奏曲公演レポート
    インタビュー 阪田知樹 全曲演奏を語る
    インタビュー 小山実稚恵 ラフマニノフの演奏分析
    44歳までロシアで過ごす
    移住者ラフマニノフ
    米国時代の珠玉の発言集
    米国に渡ったラフマニノフ
    作品解説 ピアノ協奏曲第1番
    作品解説 ピアノ協奏曲第2番
    作品解説 ピアノ協奏曲第3番
    ピアノ協奏曲史の中のラフマニノフ
    作品解説 ピアノ協奏曲第4番
    プレトニョフ全協奏曲と《パガニーニ…》を二夜で
    作品解説 《パガニーニの主題による狂詩曲》
    特別寄稿 アレクサンドラ・ドヴガン聖地ルツェルン訪問記
    作品解説 色とりどりのピアノ独奏曲
    作品解説 3つの変奏曲
    作品解説 2曲の《悲しみの三重奏曲》
    作品解説 2つのピアノ・ソナタ
    録音が伝える ピアニスト・ラフマニノフの魅力
    ロシア・ピアニズムの中のラフマニノフ
    恵まれた身体とピアノの発達
    故郷喪失の心映し、創作に波
    ラフマニノフを得意にするピアニストたち
    特別記事 ペトレンコ 来日前にオンライン会見
    特別記事 ローマ歌劇場が《椿姫》《トスカ》
    特別記事 新国立劇場《シモン・ボッカネグラ》 大野和士とフロンターリが語る
    特別記事 新日本フィル 来季ラインナップ
    特別記事 名古屋フィル 子ども名曲コンサート
    マルチに活動する指揮者たち vol.3
    特別記事 名古屋フィル 来季ラインナップ
    Artist 田中彩子
    Artist 佐藤ひでこ
    特別企画 パシフィックフィルハーモニア東京
    特別記事 ベトナムとの共同制作オペラ《アニオー姫
    【連載】小山実稚恵のピアノと私
    特別記事 高関健指揮シティ・フィルがブルックナー9番
    特別記事 西村朗さんを偲ぶ
    【連載】行きたい街角、聴きたい音楽
    【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    新譜を聴く
    【連載】音盤時空往来
    公演 Reviews
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    WMS ベルリン
    WMS ロンドン
    WMS パリ
    WMS パルマ
    WMS ニューヨーク
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    【連載】音以上 音楽未満
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    【連載】音は語る
    私のお薦めコンサート
    【連載】許光俊の「名曲のツボ」
    Art
    Movie
    Theater
    Ballet
    BOOK
    News at random
    Concert Selection
    海外公演ここが聴きどころ
    FM&TV INFORMATION
    バックナンバー
    読者の声
    読者プレゼント
    読者アンケート
    次号予告
    裏表紙
  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 318

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。



    目次1
    目次2
    【連載】音楽に寄せて
    【特集1】インタビュー 鈴木優人 平均律を語る
    完全ガイド《平均律クラヴィーア曲集》第1巻
    24の前奏曲とフーガという構造
    自筆譜に渦巻模様 「平均律」の謎解く鍵
    短調作品の情感と宗教性
    1722年のバッハ
    グノーの《アヴェ・マリア》誕生の軌跡
    《平均律》第1巻の名盤10人の演奏に迫る
    ランドフスカの録音
    インタビュー 菊池洋子が語るゴルトベルク
    大解剖《ゴルトベルク変奏曲》
    《ゴルトベルク》をめぐる二都物語
    グールドと《ゴルトベルク変奏曲》
    名演奏家 それぞれの《ゴルトベルク》
    インタビュー 小山実稚恵が語る平均律、シャコンヌ
    平均律を愛奏し、研究したショパンの《24の前奏曲》
    さまざまな《24の前奏曲》
    ショスタコーヴィチの《24の前奏曲とフーガ》
    【特集2】 魅惑のオペラ ローマ歌劇場来日公演を指揮マリオッティに聞く
    ロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル
    野村萬斎演出で《こうもり》指揮は阪哲朗
    びわ湖の《ばらの騎士》3月に
    ヴェルディ 歴史オペラの世界
    特別記事 今井信子 傘寿記念演奏会
    特別記事 セイジ・オザワ松本フェスティバル
    特別記事 東京ジュニアオーケストラソサエティ
    特別記事 歌って聴いて踊る「サラダ音楽祭」
    マルチに活動する指揮者たち vol.2 飯森範親
    特別インタビュー 欧州で活躍の阿部加奈子
    特別記事 Hakuju Hall開館20周年
    特別記事 京都で「プーランクの横顔」公演
    特別記事 日越祝祭管弦楽団が10月に全国ツアー
    追悼 飯守泰次郎
    【連載】小山実稚恵のピアノと私
    【連載】行きたい街角、聴きたい音楽
    【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
    【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    新譜インタビュー
    新譜を聴く
    【連載】音盤時空往来
    特別記事 バンコクから子どもの楽団、オーストラリアからはACOが来日
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    公演 Reviews
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    WMS ベルリン
    WMS ロンドン
    WMS パリ
    WMS ヴェローナ
    WMS ニューヨーク
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    【連載】音以上 音楽未満
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    【連載】音は語る
    私のお薦めコンサート
    【連載】許光俊の「名曲のツボ」
    Art
    Movie
    Theater
    Ballet
    BOOK
    News at random
    Concert Selection
    海外公演ここが聴きどころ
    FM&TV INFORMATION
    バックナンバー
    読者の声
    読者プレゼント
    読者アンケート
    次号予告
    裏表紙
  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 317

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。




    目次1
    目次2
    【連載】音楽に寄せて
    【特集1】 欧州からの風 オクサーナ・リーニフ特別インタビュー
    ネルソンス=ベルリン・フィルのヴァルトビューネ
    樫本大進が語るブラームス、ペトレンコ
    名門・個性派 来日オーケストラ 競演の秋
    アラン・ギルバートが都響と共演
    ゲルシュタインの語るラフマニノフ、藤田真央
    75周年のエクサン・プロヴァンス
    コンセルトヘボウ管第1ヴァイオリン岩田恵子
    名古屋クラシックフェスティバル
    ボローニャ歌劇場11月に来日《トスカ》《ノルマ》
    【特集2】 納涼 異界と魔物の音楽
    魔物や魔女、精霊が乱舞
    地獄の旋律「ディエス・イレ」
    地獄への誘惑《ドン・ジョヴァンニ》
    ゲーテの「ファウスト」
    森─魔女や魔物のすむ所
    ワーグナー作品における「異界」
    「怪談」「雨月物語」映画音楽の怪異の表現
    音楽に見る日本の「異界」
    特別記事 兵庫芸文 佐渡裕指揮の《ドン・ジョヴァンニ》
    特別記事 チョン・ミョンフン指揮東フィル ヴェルディ《オテロ》
    特別記事 沼尻竜典指揮神奈川フィル R.シュトラウス《サロメ》
    特別記事 広上淳一指揮日本フィル レオンカヴァッロ《道化師》
    特別記事 フェスタサマーミューザKAWASAKI
    特別記事 PMFコロナ禍から復活
    特別記事 細川俊夫が語る《祈る人》
    特別記事 現地リポート・霧島音楽祭
    特別記事 岡山芸術創造劇場が9月オープン
    マルチに活動する指揮者たち vol.1 広上淳一
    追悼 外山雄三
    東西南北
    【連載】小山実稚恵のピアノと私
    【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
    【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    【連載】行きたい街角、聴きたい音楽
    新譜を聴く
    【連載】音盤時空往来
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    公演 Reviews
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    WMS バイロイト
    WMS ロンドン
    WMS パリ
    WMS ミラノ
    WMS ボストン
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    【連載】音以上 音楽未満
    【連載】許光俊の「名曲のツボ」
    【連載】音は語る
    私のお薦めコンサート
    BOOK
    Art
    Movie
    Theater
    Ballet
    海外公演ここが聴きどころ
    News at random
    FM&TV INFORMATION
    Concert Selection
    読者の声
    バックナンバー
    読者プレゼント
    読者アンケート
    次号予告
    裏表紙
  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 316

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。 




    目次1
    目次2
    【連載】音楽に寄せて
    【特集】 ドイツの名テノール、ハイルマン 宗教音楽の素晴らしさ伝えたい
    ハイルマンが語る音楽や巨匠たち
    宗教音楽の歴史
    ライプツィッヒ・バッハ音楽祭2023
    鈴木雅明が語るミサ曲ロ短調
    バッハの《マタイ受難曲》《ヨハネ受難曲》
    バッハの教会カンタータ
    ヘンデル《メサイア》
    ハイドンのミサ曲、オラトリオ《天地創造》
    「ミサ曲」の歩み
    モーツァルト《アヴェ・ヴェルム・コルプス》《レクイエム》
    ベートーヴェン《ミサ・ソレムニス》
    鈴木秀美が語るベートーヴェン《ミサ・ソレムニス》
    メンデルスゾーンのロマン派風宗教曲
    ブラームス《ドイツ・レクイエム》
    札響が「弱音のパレット」駆使《ドイツ・レクイエム》
    リストが目指した「芸術による救済」
    「聖母マリア」という主題 
    ブルックナーの《アヴェ・マリア》
    大野和士が語るドヴォルザーク《スターバト・マーテル》
    ヴェルディ、フォーレの《レクイエム》
    チャイコフスキーとラフマニノフ正教会聖歌を改革
    ヤナーチェク《グラゴル・ミサ》
    ドゥネーヴが語るプーランクの《スターバト・マーテル》
    聖性とオペラ
    宗教音楽のキーワード集
    【特別記事】パレルモ・マッシモ劇場の日本公演
    【来日公演レポート1】シャニ指揮ロッテルダム・フィル
    【来日公演レポート2】山田和樹指揮バーミンガム市響
    【来日公演レポート3】エッシェンバッハ指揮ベルリン・コンツェルトハウス管
    【来日公演レポート4】オノフリ指揮ハイドン・フィル
    【特別記事】インタビュー ブルース・リウ
    【特別記事】サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン
    【特別記事】井上道義が語る日比谷公会堂再開への期待
    【特別記事】世界のプリマ 林康子が語る イタリア、《蝶々夫人》
    【特別記事】スティーヴン・ハフ ヤマハNew CFXを弾く
    【特別記事】近藤譲 コンポージアム2023
    【特別記事】湯浅譲二《哀歌》《オーケストラの軌跡》 8月25日に演奏会
    【特別記事】佐藤しのぶ「永遠のディーバ展」
    【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
    【連載】行きたい街角、聴きたい音楽
    【連載】小山実稚恵のピアノと私
    【特別記事】聖霊降臨祭音楽祭 バルトリが《オルフェオ》題名役
    【特別記事】チャイコフスキー・コンクール様変わり
    【特別記事】鈴木優人プロデュース《ジュリオ・チェーザレ》10月上演
    東西南北
    【連載】 小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    新譜を聴く
    公演 Reviews
    WMS ベルリン
    WMS ロンドン
    WMS パリ
    WMS ローマ&トリノ
    WMS ロサンゼルス
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    【連載】音盤時空往来
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】許光俊の「名曲のツボ」
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】音以上 音楽未満
    Art
    Movie
    Theater
    Ballet
    【連載】音は語る
    私のお薦めコンサート
    News at random
    Book
    海外公演ここが聴きどころ
    FM&TV INFORMATION
    Concert Selection
    読者プレゼント
    読者の声
    読者アンケート
    バックナンバー
    次号予告
    裏表紙
  • MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 315

    891pt/980円(税込)

    「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。 




    目次1
    目次2
    【連載】音楽に寄せて
    【特集】 インタビュー 下野竜也
    井上道義指揮名古屋フィル クセナキス《ノモス・ガンマ》
    現代音楽を聴くとは、20世紀を聴くこと
    ノット指揮東響 R.シュトラウス歌劇《エレクトラ》
    19世紀からの架け橋となった作曲家
    沖澤のどか指揮読響のワーグナー、R.シュトラウス
    無調への試み ワーグナーからシェーンベルクまで
    戦争と帝国の崩壊がもたらしたもの
    インキネン指揮日本フィル シベリウス《クレルヴォ交響曲》
    インタビュー パーヴォ・ヤルヴィ
    バレエ・リュスという交差点
    ジャズに染まるクラシック
    ショスタコーヴィチ 音楽に秘めたメッセージ
    ペトレンコ指揮ロイヤル・フィル ショスタコーヴィチ交響曲第8番
    呼ばれた作曲家、プロコフィエフ
    上岡敏之指揮読響 ニールセン交響曲第5番
    自由の大爆発─戦後の現代音楽
    高関健指揮群馬 メシアン《トゥーランガリラ交響曲》
    山田和樹指揮都響 三善晃「反戦三部作」
    「左手作品」
    生誕100年リゲティの誕生日を祝って
    20世紀のオペラ
    インタビュー 沼尻竜典
    トッパンホール、西巻正史氏の語る企画の秘訣
    いずみシンフォニエッタ大阪 第50回記念定期
    特別記事 別府アルゲリッチ音楽祭
    特別記事 エール弦楽四重奏団 アルゲリッチ、マイスキーと共演
    特別記事 マイスキーが語るアルゲリッチと音楽人生
    特別記事 宮崎国際音楽祭レポート
    特別記事 いしかわ・金沢 楽都音楽祭レポート
    特別記事 新国立劇場2023/24ラインナップ
    特別記事 ケルビーニの歌劇《メデア》日本初演
    特別企画 パシフィックフィルハーモニア東京
    特別記事 ハイドン・フィルが6~7月来日
    【連載】小山実稚恵のピアノと私
    【連載】行きたい街角、聴きたい音楽
    特別記事 バボラークが山響「ミュージック・パートナー」に
    【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
    【連載】音以上 音楽未満
    【連載】コンサートマスター名鑑
    【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
    WMS ベルリン
    WMS ロンドン
    WMS パリ
    WMS フィレンツェ
    WMS ニューヨーク
    【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
    【連載】音盤時空往来
    【連載】傑作の履歴書
    【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
    【連載】知れば知るほどオペラの世界
    【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
    【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
    Book
    Art
    Movie
    Theater
    Ballet
    CD&DVD ジャンル別に新譜をCheck!
    連載】許光俊の「名曲のツボ」
    【連載】音は語る
    私のお薦めコンサート
    公演 Reviews
    海外公演ここが聴きどころ
    News at random
    FM&TV INFORMATION
    Concert Selection
    読者の声
    バックナンバー
    読者プレゼント
    読者アンケート
    次号予告
    裏表紙

レビュー

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ