マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPライトノベルライトノベルアルファポリスレジーナブックス私が死んで満足ですか? 疎まれた令嬢の死と、残された人々の破滅について私が死んで満足ですか? 疎まれた令嬢の死と、残された人々の破滅について
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ライトノベル
私が死んで満足ですか? 疎まれた令嬢の死と、残された人々の破滅について
1巻配信中

私が死んで満足ですか? 疎まれた令嬢の死と、残された人々の破滅について

1,150pt/1,265円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

伯爵令嬢ロロナ・リュースが事故死した。その知らせが舞い込んだのは、彼女が婚約者である王太子に婚約破棄を告げられた翌日のことだった。妹を虐げたなどといわれなき罪で糾弾されながら、その咎めをあっさり受け入れたロロナ。彼女は郊外の街道で横転した馬車の中、痛ましくも顔の潰れた遺体となって発見されたという。その死を知ったロロナの妹は喜んだ。「これで王太子は自分のもの」と。王太子は笑った。「もっと早く死んでくれればよかったのに」と。しかし、彼らは知らなかった。ロロナの死がもたらすものは、幸運だけではないということを……。Web 連載の本編に加え、「彼ら」のその後を描く書き下ろし番外編収録! ※電子版は単行本をもとに編集しています。

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 私が死んで満足ですか? 疎まれた令嬢の死と、残された人々の破滅について

    1,150pt/1,265円(税込)

    伯爵令嬢ロロナ・リュースが事故死した。その知らせが舞い込んだのは、彼女が婚約者である王太子に婚約破棄を告げられた翌日のことだった。妹を虐げたなどといわれなき罪で糾弾されながら、その咎めをあっさり受け入れたロロナ。彼女は郊外の街道で横転した馬車の中、痛ましくも顔の潰れた遺体となって発見されたという。その死を知ったロロナの妹は喜んだ。「これで王太子は自分のもの」と。王太子は笑った。「もっと早く死んでくれればよかったのに」と。しかし、彼らは知らなかった。ロロナの死がもたらすものは、幸運だけではないということを……。Web 連載の本編に加え、「彼ら」のその後を描く書き下ろし番外編収録! ※電子版は単行本をもとに編集しています。

レビュー

私が死んで満足ですか? 疎まれた令嬢の死と、残された人々の破滅についてのレビュー

平均評価:4.4 80件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) なかなかない
    セシリアさん 投稿日:2024/5/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 なかなかない展開ながら、ある程度予想できるのですが、メイドがなぜロロナのドレスを着て銀髪だったかが鍵ですね。とても面白かったです。ただ欲を言うとだらだら続く後日談的なものは避けて「私が死んで満足ですか?」という問いかけのところで終わった方が作品としてよりクールなように思いました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 作者様買い派の一派です
    ぶーにゃんさん 投稿日:2023/10/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 先に作者様の他作品ー追放された〜を読んで、徘徊していたところ、やだ!似た話ある!と思って試し読みしたらテイストが違って面白かったので、迷いなくポチり。夢中で読ませて頂きました。 追放された〜の方の時にも思ったのですが、作者様は登場人物多いほど書くの上手くね?ということ。この作品も登場人物の視点がコロコロ変わりますが、読みにくい、情景が思い浮かばないということが一切なく。ノンストレスで読み進められました。 尚且つ先が気になって仕方ないちょっとした伏線がちょいちょい有り、それを最後まで読むと綺麗に回収出来ること。作者様、頭の中の整理整頓得意なんだろうな‥素敵です。長く説明文になりそうな所の言葉のチョイスもスッキリしているので、独特な言い回しを好まない方も読み易いのではないかな?と個人的には思います。お値段とボリュームも個人的には。 個人的にもっと5日間の話の後の主要人物のその後が欲しかったかなぁ‥特にクソバ‥の悲惨な様子まで見たかった気もします(笑)ええ、私Sなんで(笑) 作者様、またこのタイプのお話お待ちしております! 続きを読む▼
  • (5.0) ざまあのピタゴラスイッチ
    スー族さん 投稿日:2022/12/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロイン本人は自分のせいでも無いのに背負わされた 責任という名の厄介ごとを精一杯対応していただけなのに… 不憫でたまりませんでした。 そのため、ヒロインは復讐なんて考えていないのに、連鎖的に報復を受ける愚か者たちの姿が爽快でした。 「一人の愚か者は10人の悪党より多くの人を不幸にする」 という海外の諺があるけど、ヒロインの両親(母は義理)はまさにそれ。この二人は報いを受けても自分の罪にきっと気がつかないままでしょう。 一方自分の悪意を自覚していた妹と自分の妬み劣等感を悪意に変換していた王子は、その悪意に向かい合うことができたから最後に救いの道が開けたのでしょう。 (私としては王子も十分救われてると思います) 後 商人ですが彼が改心して莫大な損害を出しても責任を取ることを選んだことをヒロインに知ってほしかった。 最後に本文内のイラストが話の内容に合っていないと感じました。全体的にロリッぽいというかお話の設定年齢に合っていない幼い感じというか… 内容の重さを考えるともう少し劇画っぽい絵柄の方が合うようにおもいます 続きを読む▼
  • (5.0) 波瀾万丈な話
    ウサハナさん 投稿日:2022/10/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 タイトルに惹かれ読みほとんど、ヒロインはあまり出てこなくて本当は亡くなっているのか、不明でしたが、有る孤児院で高熱を、出した為寝込んでいた僅か5日間の間に事態が変わり本人はさぞかしビックリしたでしょう。 ヒロインを蔑ろにしていた人達は天罰が下りまぁヒーローが裏で動いていたが、ヒロインの為一矢報いヒーローの長年の想いが実りヒロインも幸せになれて良かった。 美人で頭脳明晰どんな人にも優しく聡明で、いつも一生懸命なヒロインを蔑ろにした身内や元婚約者はざぁまぁ見てスッキリしました。 ちゃんとヒロインの事を見てくれていたヒーロー初め管財人の人や孤児院の人達子供達や教会の人達は居てくれていたから救われたヒロインで、唯一異母妹だけ心入れ替えてシスターになり良かったと思います。 一番酷かったのは、実父でしたね。 本当に自分の事しか考えないグズ過ぎ過去は英雄だったにしても、バカすぎです。 ヒーローと幸せになりある意味お互いに初恋同士で、一生仲良し夫婦で良かった。 少し子供達が生まれてのも読みたかった。 続きを読む▼
  • (5.0) ちょっと変わったざまぁ
    あさごはんさん 投稿日:2024/5/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 面白かったです。きっと死んではいないのだろうと、そこは最初から想像出来るのですが、本人が手を下さずに勝手に周りが派手に自滅していくのは珍しい展開のような気がします。 周りはみんな立派なクズばかりですが、特に継母と父親はなかなかの気持ち悪さ。ロロナにとっても妹にとっても最悪な親。 姉の婚約者を奪うお話は他にもよくありますが、ルミナはその手の頭のおかしい妹とは少し違う気がするので、この親でなければロロナとの関係はもう少しマシだったでしょう。ラストの二人の関係は少し可哀想な気もしました。 王太子もお子様だっただけかも知れないけれど代償が大きい。この二人は人生を挽回するのは厳しそうな気がするから、ざまぁを通り越して頑張ってという気分になりました。 全体を通して、お話の展開が早いし、伏線の回収も面白いなと思いましたが、幼い頃のエピソードの印象が強くて恋愛要素は若干弱いのかなという気も。でも、ざまぁの要素は分かりやすく、読了感も良いと思いました。 続きを読む▼
  • (5.0) ザマァ度は作者さんにしては低いが良作!
    parariraraさん 投稿日:2024/4/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 作者さん買い。 先に「追放令嬢からの手紙」を読んでいた為、こちらもタイトルからしてあの作品のようなえっぐいザマァが展開されるのかと思いきや… うん…思ってたよかザマァ軽いな? 軽いっちゅーか、前述の追放令嬢〜と比べるとやや温いなってだけで充分えぐいし、各自しでかした分だけの報いは受けてるけども。相応の罪を犯していながら作中で死んだり廃人と化す奴がいない(侍女が例外的に死んだけど、彼女は逆に罪に対しての罰が重過ぎる)。そうなるだろうなって匂わせ程度で終わってますね。 あと意外と己の行いを反省する奴も多い(2.5人)。 それ自体はむしろ良く出来てて、商人のザリオが一時良からぬ方向に走るもちゃんと反省して持ち直す様は読んでて感じ入る物がありました。 そんなわけで過激なザマァを期待して読むと少々肩透かしを食らうけども、散りばめられた伏線は面白く読み応えのある良作でした。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ