マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPライトノベルライトノベルKADOKAWAMF文庫J死亡遊戯で飯を食う。死亡遊戯で飯を食う。【電子特典付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ライトノベル
死亡遊戯で飯を食う。【電子特典付き】
5巻配信中

死亡遊戯で飯を食う。【電子特典付き】

620pt/682円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

目を覚ますと、私は見知らぬ洋館にいた。
メイド服を着せられて、豪華なベッドに寝かされていた。

寝室を出て、廊下を歩いた。
食堂の扉を開けると、そこには五人の人間がいた。
みな一様に、私と同じくメイド服を着せられていて、少女だった。

〈ゲーム〉の始まりだった。
吹き矢、丸鋸、密室に手錠、そして凶器の数々。人間をあの世にいざなうもので満ち満ちている、そこは〈ゴーストハウス〉。
館に仕掛けられたトラップのすべてをくぐり抜けて脱出するしか、私たちの生き残る道はなかった。絶望的な現実に、少女たちは顔色を悪くする――

――ただ一人、私だけを除いて。

なぜかって? そりゃあ――私はこれが初めてじゃないから。

プレイヤーネーム、幽鬼【ユウキ】。十七歳。
自分で言うのもなんだけど、殺人ゲームのプロフェッショナル。メイド服を着て死の館から脱出を図ったり、バニーガール姿でほかのプレイヤーと殺し合ったり、そんなことをして得た賞金で生活している人間。

どうかしてるとお思いですか?
私もそう思います。
だけど、そういう人間がこの世にはいるんですよ。
おととい励まし合った仲間が、今日は敵になる。
油断すれば後ろから刺され、万全を尽くしたとしても命を落とすことがある――
そんな、死亡遊戯で飯を食う、少女が。【電子限定!書き下ろし特典つき】

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

  • 死亡遊戯で飯を食う。【電子特典付き】

    620pt/682円(税込)

    目を覚ますと、私は見知らぬ洋館にいた。
    メイド服を着せられて、豪華なベッドに寝かされていた。

    寝室を出て、廊下を歩いた。
    食堂の扉を開けると、そこには五人の人間がいた。
    みな一様に、私と同じくメイド服を着せられていて、少女だった。

    〈ゲーム〉の始まりだった。
    吹き矢、丸鋸、密室に手錠、そして凶器の数々。人間をあの世にいざなうもので満ち満ちている、そこは〈ゴーストハウス〉。
    館に仕掛けられたトラップのすべてをくぐり抜けて脱出するしか、私たちの生き残る道はなかった。絶望的な現実に、少女たちは顔色を悪くする――

    ――ただ一人、私だけを除いて。

    なぜかって? そりゃあ――私はこれが初めてじゃないから。

    プレイヤーネーム、幽鬼【ユウキ】。十七歳。
    自分で言うのもなんだけど、殺人ゲームのプロフェッショナル。メイド服を着て死の館から脱出を図ったり、バニーガール姿でほかのプレイヤーと殺し合ったり、そんなことをして得た賞金で生活している人間。

    どうかしてるとお思いですか?
    私もそう思います。
    だけど、そういう人間がこの世にはいるんですよ。
    おととい励まし合った仲間が、今日は敵になる。
    油断すれば後ろから刺され、万全を尽くしたとしても命を落とすことがある――
    そんな、死亡遊戯で飯を食う、少女が。【電子限定!書き下ろし特典つき】
  • 死亡遊戯で飯を食う。2【電子特典付き】

    640pt/704円(税込)

    〈キャンドルウッズ〉から三ヶ月。私・幽鬼はプレイヤーに復帰した。
    足元の不安な廃ビルから脱出するゲーム〈スクラップビル〉。
    高飛車なお嬢様のプレイヤー、御城に困らされながらも、私はゲームをこなす。
    ――それから時は過ぎ、私は三十回目にさしかかる。
    〈三十の壁〉。
    三十回辺りのゲームで、プレイヤーに不幸がたたみかけるという業界の〈呪い〉。
    その影響か、あるいはそれを気にするせいか、私は調子を落としていた。
    そんな私に、さらに近づく影がひとつ――
    「このゲームを潰す、お手伝いをしてほしいのです」
    あるときは廃ビルを探索し、またあるときは風呂場で札の争奪戦。
    そうして今日も私は――死亡遊戯で飯を食う。【電子限定!書き下ろし特典つき】
  • 死亡遊戯で飯を食う。3【電子特典付き】

    660pt/726円(税込)

    〈三十の壁〉を私・幽鬼は乗り越えた。
    失った手指も取り戻し、完全復帰。
    続く目標としていた四十回目も乗り越え、順風満帆のプレイヤー生活を送っていた。
    しかし――そこに暗雲が立ち込める。
    クリア回数三十超えの強豪が集う四十四回目のゲーム〈クラウディビーチ〉。
    そこで見たものは、あの忌まわしき殺人鬼を彷彿とさせるばらばらに刻まれた遺体だった。
    犯人を探すべく、絶海の孤島を駆け回るプレイヤーたち。
    それを嘲笑うかのように増えていく犠牲者。
    そして私が最後に対面したのは〈キャンドルウッズ〉にいた彼女の後継者だった。
    ある時は制服の遊園地で。
    またある時は水着のビーチで。
    私たちは今日も――死亡遊戯で飯を食う。【電子限定!書き下ろし特典つき】
  • 死亡遊戯で飯を食う。4【電子特典付き】

    660pt/726円(税込)

    〈クラウディビーチ〉を乗り越えた私・幽鬼に、同時期に行われたゲームで参加者の大半が殺害される惨事が発生したとの報が舞い込む。
    かつて出会ったプレイヤー・毛糸とともに調査へ繰り出し、『殺人鬼』の再来を私は知る。
    いずれ訪れる邂逅を覚悟していると、さらなる凶報が訪れる。
    それは〈キャンドルウッズ〉で消えない傷を刻まれた右目の動向を伝えるもので……?
    おまけに近頃は夜間学校のクラスメイトからも監視されていて心配事は山積み。
    そんな中で私が挑むは、生者と死者の行き交う夜〈ハロウィンナイト〉。
    ある時は学校帰りに。
    ある時はカボチャ畑で。
    我らその身が朽ちるまで、死亡遊戯で飯を食う。【電子限定!書き下ろし特典つき】
  • 死亡遊戯で飯を食う。5【電子特典付き】

    660pt/726円(税込)

    〈ハロウィンナイト〉を生き延びた私・幽鬼の前に現れた美少女。その正体はあの丸っこい娘さん・玉藻だった。
    様変わりした彼女を(泣く泣く)弟子にした私は、盲目のプレイヤー・鈴々を訪ねる。
    視力に頼らずゲームを生き抜いてきた彼女に、その技術を教えてもらおうと思ったのだが――この人、かなり物騒な思想の持ち主で……。
    修行を終えてしばらくが経ち、新たに挑むは剣士の決闘をテーマに据えたゲーム〈ロワイヤルパレス〉。
    立体感と遠近感に欠けた視界で、この戦いを生き残れるのか?
    あるときは離島で、またあるときは王宮で。
    今日も私は――死亡遊戯で飯を食う。
    ……たとえこの身が裂かれようとも。【電子限定!書き下ろし特典つき】

レビュー

死亡遊戯で飯を食う。のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ