電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

手中に落としていいですか 第13話

200pt/220円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

有馬に襲われた巳鹿島の元に駆けつけた新田。「…好きじゃないなら、消えてよ」悲痛な叫びを浴びせられ、遂に二人が対峙する――。初めて味わう焦りと絶望感、この感情の名前は…。AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第13話。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  19巻まで配信中!

  • 手中に落としていいですか 第8話 後編

    100pt/110円(税込)

    有馬(ありま)の口から巳鹿島(みかじま)の名前が出てきたことに動揺する新田(にった)。
    ゲイビ男優をしている有馬は最近仕事で“ある悩み”を抱えているという。
    そこで「魔性のスカウトマン」として有名な巳鹿島に相談ができるよう取り持って欲しいと頼んできたのだった。
    力になってあげたいはずなのに、何か胸に引っかかるものがある新田。
    そこへ不意に現れたのは――…
    AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第8話後編。

    ※著者名が「又秋めい」から「くれの又秋」へ変更になりました。
  • 手中に落としていいですか 第9話 前編

    100pt/110円(税込)

    「俺のこと、抱いてくれませんか」
    恵(めぐみ)の計らいで、AV男優でEDに悩む有馬(ありま)を巳鹿島(みかじま)に会わせることになった新田(にった)。
    二人の会話を別室で盗み聞きするハメになるが、有馬の相談は予想外のものだった――!
    思いもよらない展開に衝撃を受けるが、新田の心配をよそに巳鹿島は有馬の要求をすげなく断る。
    ところがホッ…と安堵したのも束の間、有馬は矢継ぎ早に巳鹿島がスカウトマンとして復帰する話を聞いたと言い始め――…
    祝連載再開! AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第9話前編。

    ※著者名が「又秋めい」から「くれの又秋」へ変更になりました。
  • 手中に落としていいですか 第9話 後編

    100pt/110円(税込)

    巳鹿島(みかじま)に抱いてもらえないとわかった有馬(ありま)は、新田(にった)にED治療の協力を求める。
    治療の拠り所になってほしいと懇願されるが、その本当の目的は――?
    「巳鹿島さんのこと何とも思ってないんだったら、俺に協力してくれません?」
    抱かれることを諦めていないという有馬の提案に、悶々とした気持ちを抱きはじめる新田だが…。芽生えはじめたこの気持ちの正体は?
    二人の関係についに変化が訪れる!?
    AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第9話後編。

    ※著者名が「又秋めい」から「くれの又秋」へ変更になりました。
  • 手中に落としていいですか 第10話 前編

    100pt/110円(税込)

    有馬(ありま)が巳鹿島(みかじま)に急接近したことで、思いがけずひどく子ども染みた感情を抱いたことに戸惑う新田(にった)。
    しかも巳鹿島に「新田さんの中の僕ってどんなですか?」と問われ、改めて自身の感情に疑問を持ち始めてしまう。
    そんな中、敬愛する小説家・御子柴(みこしば)の初サイン会が開催されるという情報が舞い込んできて…!
    一方新田に質問の答えを聞きそびれた巳鹿島は、世話係として働く御子柴の自宅で手料理を振舞っていた。
    そこには何故か、従兄の恵(めぐみ)の姿もあり――…
    AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第10話前編。

    ※著者名が「又秋めい」から「くれの又秋」へ変更になりました。
  • 手中に落としていいですか 第10話 後編

    100pt/110円(税込)

    「新田(にった)さんにとって僕はどんな人なんですか?」
    偶然仕事帰りに巳鹿島(みかじま)と遭遇した新田は、再びその答えを求めらる。
    煮え切らない態度を指摘され、思わず全速力で逃げ去るが、雨のなかずぶ濡れになりながら考えるのは、巳鹿島のことばかり。
    『何で俺はあの人にあんな感情がよぎったのか』
    そこへ傘をもった巳鹿島が追いかけてきて…
    見て見ぬふりをしてきた感情が、遂に動き出す――?
    AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第10話後編。

    ※著者名が「又秋めい」から「くれの又秋」へ変更になりました。
  • 手中に落としていいですか 第11話 前編

    200pt/220円(税込)

    雨の中巳鹿島(みかじま)にキスをされ、メールを送ると約束された新田(にった)。
    今更唇に残る感触を思い出して悶々としてしまうなんて――。
    この関係は、本当に自分が「嫌い」と告げるまで続くのか…
    メールが届くの待っているのは、読書仲間としてなのか…
    「終わり」にしたらどうなるのか……?
    気づけば勤務中も、携帯を気にしている自分に自己嫌悪するが、そんな中またもや有馬(ありま)と巳鹿島が交番で鉢合わせて!?
    AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第11話前編。
  • 手中に落としていいですか 第11話 後編

    100pt/110円(税込)

    警察官になってから、交際も恋愛感情もご無沙汰だった新田(にった)。巳鹿島(みかじま)とプライベートで本の感想を送りあうことになり、慣れないやり取りに戸惑いながらも、ほんの少しその人となりに興味を持ち始めるようになっていた。
    そんな中、有馬(ありま)が借りていた本を返しにやってくる。
    どこか吹っ切れたように、もう大丈夫だという姿に妙な胸騒ぎを覚えるが――。
    AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第11話後編。
  • 手中に落としていいですか 第12話

    200pt/220円(税込)

    5年前、高校生だった有馬(ありま)は、離れ離れになる親友に告白をした。
    だけどその想いが受け入れられることはなく…自暴自棄になっていたところ、手を差し伸べてくれたのが巳鹿島(みかじま)だった。
    自分に触れた手の感触を何度も思い浮かべて、彼に暴かれることを望んでいた。
    明かされる16歳の有馬と巳鹿島の過去。そして有馬に襲われた巳鹿島は――。
    AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第12話。
  • 手中に落としていいですか 第13話

    200pt/220円(税込)

    有馬に襲われた巳鹿島の元に駆けつけた新田。「…好きじゃないなら、消えてよ」悲痛な叫びを浴びせられ、遂に二人が対峙する――。初めて味わう焦りと絶望感、この感情の名前は…。AVスカウトマン×エロさを秘めた純朴青年が繰り広げるドキドキのアダルトラブ第13話。

レビュー

手中に落としていいですかのレビュー

平均評価:4.7 289件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 大好きです!
    maaさん 投稿日:2023/1/20
    ハマりましたー!セールとかオフクーポンとか気にせず一気買いしちゃいました!続きが読みたい!ドラマを見ているようでめちゃくちゃ面白い!

高評価レビュー

  • (5.0) ドエロい作品かと思いきやそれだけじゃない
    むすびさん 投稿日:2021/4/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 1話〜5話まで巳鹿島さん(糸目攻め)のイケイケオセオセエロエロ回で、このまま続くのかと思いきや、そうじゃない。簡単にいかない。 新田さん(眼鏡純朴警察受け)がなかなかの意地っ張りでほだされないww なかなか落ちない屈強な精神力wなのに快楽には脆弱ww なんだこのちぐはぐ感ww 6話〜8話まで今度はエロの引き算して間合いを詰めてくる巳鹿島さん。頭いいし狡猾だし、引き出し多いな〜。尊敬する。 新田さんへの巳鹿島さんの口説き方はストレートだし。さっさと新田さん落ちちまえよ!って思うんだけど、なかなか落ちないんですよね〜。糸目のせいで腹黒そうに思われてるのかな〜ww もともと新田さんはノーマル(ノンケ)だから、固定概念をぶち破るのは難しいか。。。 職業警察官だもんね。葛藤しまくってください。新田さん。 そういうキャラ設定がリアルに近いよな〜って感じるので感情移入しやすいです。 ま、新田さんが巳鹿島さんの手中に落ちちゃったら物語終っちゃうんで読者としては嫌なんですけど。 6話から当て馬・かませ犬的な有馬くんというキャラも出てくるんですけど、これからどうなるのかな。有馬くん効果で新田さんの中に芽生えた巳鹿島さんをかわいい・・・川?と思う気持ちを昇華して好きになってほしいです。 10話後半では、雨の中で巳鹿島さんが転んだのは演技かな〜素かな〜とか考えてしまったけど、ほんと巳鹿島さんかわいいです。 傘に隠れてのキスも最高によかったです。 新田さん陥落寸前のような気がするんですけど、、、くれの先生、まだですかね〜ww 次回はどうなるんだろう。 2人とも雨の中びしょ濡れでお別れしたから、どっちかが風邪ひいて熱出してとかの看病シチュエーションとかあるのかな〜と勝手に想像して楽しんでいます。 読んでいると巳鹿島さんの糸目が開眼するたびに気持ち持っていかれます。 本当にここぞっていうときにしか開眼しないんで。 おススメは巳鹿島さんの○ーター口に含んでのFとクッキングシーンと新田さんの魅力をいいながらキスしまくるシーンと暗闇の駐車場の隅で巳鹿島さんが新田さんに抱き付くシーンと傘持ちながらすっころんで新田さんにハンカチで顔拭いてもらうシーンですかね。 巳鹿島さんもすごいけど、そのキャラを作り上げたくれの又秋先生がすごすぎると思います。 これからもこの作者様追いかけていこうと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) ああぁぁぁぁぁぁぁ!!良すぎてやばい。。
    興奮して膝ぶつけたさん 投稿日:2022/8/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 単行本待ちきれず購入してしまいました。 結論から言います。とてもいい。良すぎる。 期待を裏切らない面白さです。 こんな安くで読んでいいのかなと思いました。 ここからネタバレありの私の感想となります (個人的な感想なので違うと思ったらすぐ無視してください!) 私が買った巻は単行本2巻からの続きですのでそこの感想だけ書きます! 新キャラの有馬陽一くんは好きじゃないけど嫌いになれない人でした。 なぜか、私は新田さんが恋のABCをするのを期待していた派だからです。 なので、少し有馬くんが巳鹿島さんにキスした時は少しモヤモヤしちゃいました。 けど、高校生の時の初々しさや、純粋さ、身体だけでいいと思っていたのに心も欲しくなってしまった有馬くん。。。 手だけ○○だけで分かると巳鹿島さんに言った時はすげーなとシンプルに思いました。 そこまで初めて会った時、触られ、魅了されたのかと。ときめいた時の表情、感情の書き方全て良かった。(絶対たくさん好きな人います!) 巳鹿島さんはほんと綺麗だとおもいました。 舞台裏では無いですが、新田さんとビジホに行った帰りの表情、あの時何を考えているのか言葉のないシーン見ていてとても気持ちが揺れました。 そして巳鹿島さんの新田さんへの気持ちが凄く書かれててとても良かった。 新田さんへの気持ちが凄く真っ直ぐ書かれててとても好きなんだなと感じることが出来、とても満足です。巳鹿島さんの嫉妬しまくり新田さんを盗られたくないという場面がとても良かった。 新田さんは今回で気持ちが揺れ、巳鹿島さんのことをどう思っているのか考えているシーンがあり、やっとかと思いました! 少し感情があらわになってきて、巳鹿島さんへの対応の変化や、気持ちの変化が現れてきたのが今回だと思います! 何より嫉妬が素晴らしかった!嫉妬!! 有馬くんへの嫉妬が可愛らしかった。 笑顔も可愛い!雨の時巳鹿島さんの顔を拭いてる時の表情が良かった!その時の巳鹿島さんの表情も! 何回も読み直してしまいました! 2人の絡みがどんどん甘々になっていてとても良かった! もしかしたら有馬くんと巳鹿島さんが恋のABCやったらどうしようと思ってたけど、そういうシーンがなくて良かったです。あったら多分少し悲しくなってた。 ほんとに素晴らしい作品なのでみんなに読んで欲しいです! ドラマCDの方も! では! 続きを読む▼
  • (5.0) 待ちに待った最新巻!
    Kuuさん 投稿日:2022/12/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 配信される0時になっても、読むのが惜しくて暫く逡巡してしまいました。 どんなにこの日を待ったことか…嬉しすぎます…泣 くれの先生は、いつもため息が出るくらい美しいコマ割りをされて、毎回「質のいい映画を観ているみたいだなあ〜」と感心させられます。 今号はその鮮やかさが際立つシーンが多かった気がします。 一番大好きな、何度も見返してしまうくらい心奪われたシーンはやっぱり、有馬君から暴行を受けそうになる新田さんを、身を挺してかばう巳鹿島さんの場面です。 直前まで、新田さんの呼びかけにも小さく頷くことしかできなかった巳鹿島さんだったのに、大切に想う新田さんの窮地を察したからとはいえ、こんな鮮やかに新田さんを抱え込んで我が身で庇えますっ? 「こんなに巳鹿島さんに愛されてるのに〜っ!新田さん〜」って、泣いちゃいました。 この行動以外に、巳鹿島さんに動きも台詞も無いせいか、より一層巳鹿島さんの強い想いがひしひしと伝わってきました。 読み返す度に、新田さんに対する巳鹿島さんの、溢れんばかりの熱くて強い想いがこれでもかと伝わって、こちらの方が胸が苦しくなりました。 巳鹿島さんには、早く新田さんと幸せになって欲しいです。 新田さんもステキでした。 有馬君の巳鹿島さんへの暴行を、携帯から聞き取れた僅かな音から現場を予測して駆け付けられるなんて、あのとても冷静ではいられない状況を考えたら、新田さん有能すぎ! 新田さんの「この人が好きなのは、俺だから」の台詞にカッとして掴みかかった有馬君の手首を、「俺も怒ってるんだ」と掴んだ新田さんの左手の甲に浮き出た血管、グッときました。かっこよかった! 有馬君、もちろん暴力はダメ。だけどなぜか憎めない。 「好きじゃないなら、頂戴よ!」が、焦がれて焦がれて、それでも手に入らない大好きな物を欲しがっている、まるで子供のようだなと。 そういえば、これまで、新田さんも巳鹿島さんもお互いに対して、子供のような独占欲を意識したり、嫌いにならないでと懇願したりしていましたね。 人を好きになるって事は、理性を持った大人ですらも、子供のように欲望を剥き出しにさせてしまうものなんですね。 「手中…」本当に読み応えがあって、ずっと大切にしたい作品です。次巻も今から待ち遠しくて仕方がありません。 できれば次巻では、新田さんと巳鹿島さんの想いが通じ合っているところが観たいです! 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

立場逆転BL
編集:クリアブラック (シーモアスタッフ)
AVスカウトマンの巳鹿島がノンケ警察官・新田をエッチを攻めて完落ちするところがスタート地点…腹黒でつかみどころのない巳鹿島が新田を手籠めにしていたはずが、関係を続けるうちに執着していく。その様子にカタルシス爆発なくれの又秋先生お得意の立場逆転BLです。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ