マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ女性マンガぶんか社ストーリーな女たち声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 25
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 25

700pt/770円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。
チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、大地主・若水公三郎を旦那につけることで二番手娼妓に出世する。
ところがある日、過去の想い人である寿子にそっくりな早みどりに出会い、夢中になった公三郎は、身請けのため水面下で暗躍。
しかし、早みどりは身請けを拒否し足抜けする。
そんな中、早みどりの元夫・利市が公三郎を刺そうとしたのを目撃したチヌは公三郎をかばって重傷をおってしまう。
若様の借家で療養した後、見世へ戻ろうとしたチヌだが、若様から結婚の申し出を受け――?
※この作品は『ストーリーな女たち』Vol.95~98に収録されています。重複購入にご注意ください。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  25巻まで配信中!

  • 声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 21

    600pt/660円(税込)

    明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。
    チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、大地主・若水公三郎を旦那につけることで二番手娼妓に出世する。
    ところがある日、公三郎は「西海楼」の女郎・早みどりに出会う。
    過去の想い人である寿子にそっくりな早みどりに夢中になった公三郎は、身請けのため水面下で暗躍。
    公三郎を失ったチヌは苦しみつつ、栄太から好意を示され持ち直す。
    そんな中、早みどりが身請けを拒否し足抜けする。
    早みどりの元夫・利市が公三郎を刺そうとしたのを目撃したチヌは公三郎をかばって重傷をおい、入院してしまう。
  • 声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 22

    600pt/660円(税込)

    明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。
    チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、大地主・若水公三郎を旦那につけることで二番手娼妓に出世する。
    ところがある日、過去の想い人である寿子にそっくりな早みどりに出会い、夢中になった公三郎は、身請けのため水面下で暗躍。
    しかし、早みどりは身請けを拒否し足抜けする。
    そんな中、早みどりの元夫・利市が公三郎を刺そうとしたのを目撃したチヌは公三郎をかばって重傷をおってしまう。
    療養のため、公三郎の借家に滞在することになったチヌだが、そこへ公三郎の婚約者・たまきも乗り込んできて――!?
  • 声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 23

    600pt/660円(税込)

    明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。
    チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、大地主・若水公三郎を旦那につけることで二番手娼妓に出世する。
    ところがある日、過去の想い人である寿子にそっくりな早みどりに出会い、夢中になった公三郎は、身請けのため水面下で暗躍。
    しかし、早みどりは身請けを拒否し足抜けする。
    そんな中、早みどりの元夫・利市が公三郎を刺そうとしたのを目撃したチヌは公三郎をかばって重傷をおってしまう。
    若様の借家で療養した後、見世へ戻ろうとしたチヌだが、若様から結婚の申し出を受け――?
  • 声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 24

    700pt/770円(税込)

    明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。
    チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、大地主・若水公三郎を旦那につけることで二番手娼妓に出世する。
    ところがある日、過去の想い人である寿子にそっくりな早みどりに出会い、夢中になった公三郎は、身請けのため水面下で暗躍。
    しかし、早みどりは身請けを拒否し足抜けする。
    そんな中、早みどりの元夫・利市が公三郎を刺そうとしたのを目撃したチヌは公三郎をかばって重傷をおってしまう。
    若様の借家で療養した後、見世へ戻ろうとしたチヌだが、若様から結婚の申し出を受け――?
    ※この作品は『ストーリーな女たち』Vol.91~94に収録されています。重複購入にご注意ください。
  • 声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 25

    700pt/770円(税込)

    明治後期、人身売買の競りにかけられた少女チヌと姉のサヨリ。
    チヌは矢津遊郭の「東陽楼」の娼妓となり、大地主・若水公三郎を旦那につけることで二番手娼妓に出世する。
    ところがある日、過去の想い人である寿子にそっくりな早みどりに出会い、夢中になった公三郎は、身請けのため水面下で暗躍。
    しかし、早みどりは身請けを拒否し足抜けする。
    そんな中、早みどりの元夫・利市が公三郎を刺そうとしたのを目撃したチヌは公三郎をかばって重傷をおってしまう。
    若様の借家で療養した後、見世へ戻ろうとしたチヌだが、若様から結婚の申し出を受け――?
    ※この作品は『ストーリーな女たち』Vol.95~98に収録されています。重複購入にご注意ください。

レビュー

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~のレビュー

平均評価:4.5 142件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) チヌさん、凡庸なんですが
    ★+★+★さん 投稿日:2023/11/30
    どこに魅力を感じればよいのかよくわかりませんでした。あれですかね?「おもしれ〜女w」のスタイルですかね。上り詰めたとて、お職になれるとも思えず中の上あたりで終わってもおかしくない気がします。不治の性病になってもおかしくないエピソードさえある のになぁ、ご都合良すぎて不思議。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 姉に会わせてあげて
    あおいさん 投稿日:2023/1/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 この作品は遊女の話。貧しい漁村で 生まれ育った2人の姉妹が、父親の 死によって(母親は既に他界)借金の 為に遊女になる所から始まります。 姉は違う女衒?に買われていき、 主人公である妹もまた違う場所で 遊女となります。主人公は美人の 姉と違い外見はブサイクです。が、 性格はとても優しいのでした。 しかし、遊女になる事に耐えられず 海に身を投げて逃げようとします。 そこで、遊廓界隈の権力者である 彼と知り合うのでした。それから、 彼のお陰も有り遊女としての立場が 強いモノとなるのですが、彼には 駆け落ちの過去があり相手の女性は 亡くなっていたのでした。その女性 に似た遊女を彼は身請けして、 主人公と離れる事となりますが…… その間に姉は快楽を求める女になり 下がってしまい(正しくは女衒の男を 愛してしまう。ある種の洗脳的な?) 妹の事など忘れているかの様でした。 まだこの先も色々と起こるのですが、 読んでみて欲しい。実際に昔、遊廓 というモノは存在したし、知らない 自分には興味深かった。この作品が 遊廓において全てでは無いとは思う けど、事実も含まれてると思うから。 続きを読む▼
  • (5.0) グイグイと引き込まれて読んでしまいます
    ゆるりさん 投稿日:2022/6/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 毎日無料がキッカケで読み始めました。両親を失い、借金の形に女郎屋に身売りされる、チヌ(14歳)と姉のサヨリ(17歳)。故郷の島を出る時、『ふたりで帰ってきて、両親の墓を建てよう』と誓った2人でしたが、別々に買われて生き別れになってしまいます。お話は、チヌを主人公に進行します。優しくて、純真で、芯が通っていて、土壇場での度胸があって、頑張り屋なチヌだけれど、騙されたり、失敗したり、嫉妬したり、不安になったりもして、人間味溢れていて魅力的です。又、禿の美緒やお職の巴も好きです。姉のサヨリの動向は暫く伺えませんが、途中で出てきた感じだと、変わっちゃったのかなぁと寂しい気がします。2人が再会しても、心がすれ違うのではないかと、今から気を揉んでいます。そして、まだそこまで読めていませんが、粗筋を読むと、旦那としてお世話をしてくれていた若様とは離れる事になる様子。チヌの行く末はどうなるのかと先が気になります。色々な人間ドラマや当時の社会も描いてくれるこのお話を追いかけながら、チヌの人生を辿っていきたいと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 面白くてずっと読んでますが・・・
    はるかさん 投稿日:2022/5/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 いい加減若様の優柔不断っぷりに腹が立ってきました。早みどりが勝ち逃げして、チヌが若様の命を助けて、ようやくこれで王道の若様エンドかと思ったら、また強力なライバルが現れたり、東陽楼の続き部屋も美緒ちゃんも染花に取られてと、もうチヌが不憫でたまりません。若様の「悟り」は何だったの? これなら男気もお金も実行力もある後藤田さんや、出自の同じ栄太の方がチヌを幸せにしてくれるんじゃないかと思います。でも後藤田さんは他に正妻を娶るだろうし、栄太と一緒になってもチヌは若様のことを忘れられないだろうし、他にもストーカー岸とか巴姐さんと久米親分とかいろんなエピソードが盛り込まれ過ぎで話が散漫になっています。人気作なのでなかなか完結できないのはわかりますが、昔の一話完結型の方が面白かった。力のある作者さんなので落としどころはきちんと考えてくれていると思いますが、健気なチヌにはとにかく幸せになってほしいし、姉やんが亡くなる前に一目会わせてあげてほしい。バッドエンドだけは勘弁してください。作者さん、頼んます。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

小さな救いを
分析:まゆびー(シーモアスタッフ)
安武わたる先生の本作。姉のサヨリをずっと思いながら苦悩するチヌ。苦しい逆境の中であっても一つでも希望の光が見える場所があれば救われるところはあるのですが、だからこそ唯一優しいと感じていた人に裏切られた気持ちになるのは何よりも辛いですよね。今後の展開で少しでも不幸が減りますように。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ